世界一周!で漏らしてみるでタグ「アレッポ」が付けられているもの

172日目
宿泊地 :バールベック / レバノン

移動 : アレッポ → ホムス(2h) → バールベック(2.5h)
【10:00~12:00(バス),12:30~15:00(セルビス)】

 

 

 アレッポからホムスへ移動し、そこからセルビスでレバノンのバールベックへと向かった。

 

世界一周レバノン旅行1

【バールベック ヒズボラのポスターや看板がいたるところに貼られている】


国境では出入国審査に多少時間をとられたものの、運よく1ヶ月の観光ビザも取得でき、夕方前にはバールベックへ辿り着くことができた。
当初予定していなかったバールベックの見学だったが、ここを外さなくてよかった・・と、喜びよりも安堵に近いものを感じながら遺跡内を見てまわる。そう思わされるほど美しく壮大な遺跡だ。

もっと時間をかけて見てみたかったな。


そう感じるのと同時に、午前中の時間の使い方が悔やまれた。
無駄があった・・。



私は好んで無駄という言葉を使う。それは人生に無駄がないなどということは絶対にないのだから、限られた時間をできる限り有効に使わなければいけないと自らに言い聞かせるためでもある。


人生に無駄がないという言葉はどうも好きになれない。
何かの制限がある以上は、無駄は存在するはずである。
経済的な制限、物理的な制限、能力的な制限など世の中には多くの制限があり、人はそれをかいくぐりながら目標を目指さなくてはならない。


例を挙げてみる。

人:プロサッカー選手
目標:日本代表
制限:能力、時間

この場合、彼は限られた選手生命の中で代表レベルの能力と現在の能力との差を埋めなければならない。時間が許す限り、トレーニングを積むことが必要になるはずである。
ここでもし彼が練習時間のうち半分を卓球の練習に充てたとする。無駄のように感じないだろうか。ましてやピアノの練習を始めたとしよう。完全に無駄だろう。


人:漏れそうな人
目標:トイレ
制限:筋力、時間

トイレに走る以外の行為は全て無駄だろう。


失敗とも言えないほど的外れな行動だとしても、その経験が何かの役に立つ可能性があるために、結果論としてはたしかに無駄はないと言える。しかし、人生という大枠で見た場合には、寿命という制限が誰のものにも確実に存在する。その中でこうした無駄ではない無駄をどれだけ許容できるだろうか。


無駄にはならない無駄にはならないと、そう念じて頭を切り替え、前に足を進めることは大切である。
しかし、その言葉を本質的な意味で用いたり、または無駄を失敗とを混同したりと、自他に無反省を促すような使い方には注意しなければならないように思う。

世界一周レバノン旅行2

【バールベック1】


世界一周レバノン旅行3

【バールベック2 ジュピター神殿】


世界一周レバノン旅行4

【バールベック3 ジュピター神殿内】

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(レバノン編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! アクセスが増えてきたので世界一周へ変更!
私の強みは、一日一回のクリックできることです!と、就活で言えるようになろう!

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

171日目
宿泊地 :アレッポ / シリア

移動 : なし

 

アレッポ城の堀のまわりを散歩していると、すれ違うシリア人が次々と話しかけてきてくれる。近くに学校もあるようで、子供たちも多い。
中には話をしようとお茶にさそってくれる人までいる。普段の海外旅行では声をかけられても簡単にはついていかないし、人からもらったものも気軽に口にすることはない。しかし、シリアではそうした警戒心や猜疑心も、ただ自分の心の貧しさを自分自身につきつけるだけで終わることになる。

人情味があり、とても友好的でとても温かい心を持った人たちである。


こうした人間的な優しさに触れるたびに思い出すことがある。


ヨーロッパのバルカン半島をオーストラリア人のリーさんと旅しているとき、彼がこんなことを言っていた。

「貧しい国ほど人が優しいものだね。」

そのときはそれほど共感できなかったので、そうとも言えないんじゃないかなと答えたのだが、それを聞いた彼はなおも力強くこう言った。

「いや、それは絶対なんだ。」


言葉自体にはそれほど強い印象を持ち得なかったが、頑なに主張するリーさんが珍しかったために妙に心に残っていた。
しかし今はその言葉自体を思い出す。



優しさや温かさといったものは、文明や経済によって洗練された人間が持ち得るなんてものでなく、先天的に人間が持っている単純なもののように思う。
そうであるのならば、日本やその他の先進国でももっとこうした人情が見られてもいいように思うが実際はそうではない。


時間的、精神的余裕のなさ、ぱっと思いつく理由はこうした不足しているもの。
誰にもキャパシティーがあるのだから、忙しい社会で生きる人がそのほかに意識を傾注してしまうのは仕方がない。


しかし、こうして何かの結果として存在する要因よりも、その以前の意識にある価値観、そこにより大きな問題があるように思えてならない。
ここで思い出すのがリーさんの言葉で、私はそれを理解した。


「貧しい国の人ほど優しい。しかし、人に優しくしたいという感情は本来誰もが持っているものである。となると、変わっているのは裕福な国の人ということになる。人の言動はその人の価値観から発せられる。もし経済が人の言動に影響を与えている考えるのならば、それは価値観に影響を与えている考えていい。価値観とはその言葉通り物事の価値を測るものさしのようなものだが、この場合、人が持つ多くのものさしの中に新たに経済という名のものさしが置かれたと考えてみる。要なそのものさしが大きすぎることが原因なのだと思う。ものさしの大きさは生活(ひいて見れば人生)へのインパクトの大きさで決められることが多いと思うが、先進国の人々ははその大きな影響力を実感しているため、相対的に他の価値観の存在が小さくなってしまっているだろう。そうなると当然、言動も変わってくる。よってこの場合には、先進国の人々の優しさを生む価値観、またはそれが働くための用地が小さくなっていることが原因となり、貧しい国の人の優しさを強く感じることになるのだろうと思う。」


まあ人間そんな単純なものではないけど、こんな風に考えてみた。
逆にそれを利用し、意識的にそこを無視することで発想の幅をひろげることもできるような気もする。

 

世界一周シリア旅行43

【アレッポ城1 堀の周り】

 

 

世界一周シリア旅行44

【アレッポ城2】

 

世界一周シリア旅行45

 【アレッポ城3】

 

世界一周シリア旅行46

【アレッポのスーク】

 

世界一周シリア旅行47

【アレッポでよく売られている杏仁豆腐 飲めるのもある。甘くておいしい!】

 

世界一周シリア旅行48

【アレッポ土産の定番 オリーブ石鹸】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! アクセスが増えてきたので世界一周へ変更!
私の強みは、一日一回のクリックできることです!と、就活で言えるようになろう!

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

170日目
宿泊地 :アレッポ / シリア

移動 : ハマ → アレッポ(1.5h)
【13:00~14:30(バス)】

 

宿の設備もよく、バスターミナルへのアクセスも良かったことから、シリア中部の観光の拠点にしていたハマ。5日間滞在したこの街をはなれ、北部のアレッポへ移動。



ハマを出たのが遅い時刻だったため、アレッポに到着したのはもう外が暗くなり始めている頃だった。ここ数日、ひたすらと日帰りで観光を続けていたためか、体よりも頭の中が消化しきれずにいる情報で重くなっているように感じる。
今日は荷物を置いて寝れる場所を見つけられたらそれで終わりでいいやな。そう考えながら安宿の集まる区画へと向かう途中、広場で妙なテントを見つけた。

世界一周シリア旅行36

【何かの政治組織が催しているイベントのよう】


貼られたポスター等から、どうやらガザ空爆を非難する趣旨のものらしいということがわかった。イスラエルを訪問後、高まっていたイスラム系の政治組織への関心がここでま刺激され、疲れから思考を拒否していた頭も急に冴えてきた。

時間も時間だったため閉められてしまってはかなわない。宿は最初に見つけた安宿に決め、そこに荷物を置きすぐにまた広場へと戻る。



イスラム政党とパレスチナ、この2つの言葉が同時に現われると、われわれ日本人は反射的に何かきな臭いものを感じてしまう。テントの前まできたものの、異教徒でありアメリカ寄りとされる日本人である自分を省みて中に入るのに少し躊躇していた。

しかし、見ていると仕事帰りの会社員や通りすがりの子供たちまでもが気軽に出入りしているのがわかる。
日本ではテロ組織といったイメージが強いハマスやヒズボラなどのイスラム教政治組織だが、教育や医療、福祉に関する活動にも熱心で、地元では特に低所得層を中心に強い支持を集めているとの話も聞く。地元に根ざし、そして外に向かって自分たちの権利を力強く主張してくれるこれら政治組織の存在は、中東においては違和感なく国や町に同化しているようにも見える。

なんのことはない、これも日常よく目にする種のイベントなのかもしれない。とりあえず入るだけなら何かを咎められることもないだろう、そう思い直し、何かをしきりに訴えかけるアラビア語の野太い声のアナウンスが流れる中へと足を踏み入れてみた。

世界一周シリア旅行37

【テントの中】

世界一周シリア旅行38

【ガザの空爆被害を伝える写真 1】

世界一周シリア旅行39

【ガザの空爆被害を伝える写真 2】

世界一周シリア旅行40

【アラブ系の国では、ニュースや新聞でもこうした映像を目にする】

世界一周シリア旅行41

【ポスター 街中にも貼られている】



テントは入口から出口まで10mもない小さなもので、その壁にはガザ空爆により死傷したパレスチナ人の写真や、イスラム教の政治組織のポスターなどが展示されていた。
中のデスクに座っていた青年が友好的だったので少し話をしてみた。

彼らはパレスチナからきたパレスチナ人で、週に何度かこうした展示場を出しているらしい。英語があまり通じなかったためあまり情報を引き出すことができなかったのだが、ジハード団(エジプトの組織と同一のものかは不明)などと関連を持ったパレスチナの政治組織で、パレスチナ解放への協力を訴えているとのこと。
彼らの掲げるるパレスチナ解放というのは、自治区からのイスラエル撤退でなく、パレスチナ(現在のイスラエルおよびパレスチナ自治区)全土をアラブの手に戻すことを意味する。


イスラエルで分離壁を見たとき、イスラエルの推し進める強硬な政策に嫌なものを感じたが、ここでも似たような感覚を覚えた。現状を踏まえた場合、それを最終目標でなく士気を高めるためのわかりやすいスローガンというレベルまで落として解釈しても、こうした全土の奪還を目指す活動にもやはり賛同しかねる。


引けばそこに付け込まれ押し込まれる、そうした緊張した対立関係が見えるとともに、その彼らの声の出所が決して表面的なものでなく、実に深いところにもありそうだということも感じられた。

こうした政党が国内でどのように存在しているかもう少しでも見てみたい。少し迷っていたが、レバノンにも行くことを決めた。


世界一周シリア旅行42

【売られていたキーホルダー イスラエル全土がパレスチナの国旗になっている】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析