世界一周!で漏らしてみるでタグ「アンマン」が付けられているもの

176日目
宿泊地 :アンマン / ヨルダン

移動 : なし

 

この時期に中東を旅して出会う日本人は少ないけれど、その少ない旅行者のうち半数以上が世界一周旅行者だったのには驚いた。
日本で世界一周というとかなりレアな存在だと思うのに、少しマイナーな国に行くともうマジョリティ。いま世界一周している人は多いみたい。


アンマンでも世界一周している日本人に出会ったが、彼のインパクトはすごかった!!
良い刺激をもらえた気がする。

発想の出発点はおそらく違うのだけど、思考の行き着く先が似ていたから、話がおもしろいったらありゃしない。考え方や用いる表現が似ているから話の締めでだいたい言葉がかぶるんだけど、それもまたおもしろかった。

「人生一度きり、だったらやってやらないと!」「日本人は思っているほど縛られてはいない。もっと自由になれる!」

行動を起こす一歩手前のこうした考えが、自分とこれほどまで似ている人に会ったのはこの旅が始まって以来初めてだと思う。



彼、リョウ君はかなりポジティブで、世の中に多くの希望や夢を見出せる稀有なタイプの人間なんじゃないかと思う。それだけでなく、それを行動につなげるまで高められる論理をもっているのが彼の魅力。このような人と話しているときの爽快感といったらない。人から影響を受けるだけでなく、人に影響を与えることのできる人間ってのはほんの一握りしか存在しないように思うけれど、彼は間違いなく後者に入る人間だと思う。

不思議なことに、こういう人ほど人からの影響も受容できるだけの感度と柔軟さを兼ね備えているような気がする。要は見えてる世界が広いんだろうな。そしてそこにある多くの材料を用いて、その中に自分の世界をつくることができているんだと思う。


■リョウ君の世界一周ブログ■Free Style World■


世界一周ヨルダン旅行10

【表現力のある人が羨ましいな】


ちなみに私自身は、人生に対してかなりネガティブな考えを持っている種の人間だと思う。

「どうせ大した意味なんかないし、いけるとこまでいっちゃっていいんじゃないの? 保守的になるのに必要な守るものの価値さえまだ認めていないし。」

こんな具合だから、行き着く先が行動になる。
物理的なものを保守する人間は縮こまるが、信念を保守する人間は行動的にならざるを得ない。


そんな気がするけどどうかな。
視点を置く場所がかわるだけって話かな。

世界一周ヨルダン旅行11

【毎週金曜日に開かれるアンマンの古着市 リーバイスの501やパタゴニアやコロンビア(寒い地域へ移動するバックパッカーには嬉しい!)のフリースが100円ちょっとで買えちゃった。けどちょっと買いすぎた気がする・・。】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ヨルダン編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! アクセスが増えてきたので世界一周へ変更!
ページを開いたらお片づけ(クリック)もしっかりね!

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

175日目
宿泊地 :アンマン / ヨルダン

移動 : なし

 

あと二日で中東を離れます。



次の行き先はエジプト。
隣の国ではあるけれど、ここはフライトを使って移動します。



使うのはネットで見つけたドイツの会社から買った、

チュニス発 カイロ経由 アンマン行き(ストップオーバーなし)

の往復チケット。これでカイロまで行き、残りのカイロ・チュニス間のチケットを破棄します。



日本でもそうですが、格安航空券では片道よりも往復のほうが安いことがままあります。片道しか必要でない場合でも、それなら往復だけ使って片道分捨ててしまえばいいしそっちを買いたいと思うところですが、旅行代理店にその可否を尋ねると大抵、「それは不可」「極力それは避けてもらわなければなりません。」といったようなネガティブな返事が返ってきます。

航空会社と代理店の間にどのような取引があるのかは不明ですが、実際こういった格安航空券の不必要区間を破棄することは問題ないと言われています(購入時に特別な契約にサインしていない限り)。乗り遅れてしまうこともあるわけですしね。

世界一周ヨルダン旅行9

【エジプトエアの機内案内 ああ、たしかにこういうエジプト人多いね。】


------------------------------以下、移動後に記述-------------------------------------

今回使うチケットは購入時にストップオーバーをつけることができなかったので、チェックイン時に、

・荷物をカイロまでにしてもらうこと
・搭乗券はカイロ行きのみ発行してもらうこと

この2点を確認しました。


カイロではもちろんトランジットでなそのまま出口へ移動。
大丈夫でした!
 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ヨルダン編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! アクセスが増えてきたので世界一周へ変更!
ページを開いたらお片づけ(クリック)もしっかりね!

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

174日目
宿泊地 :アンマン / ヨルダン

移動 : ベイルート → ダマスカス(2.5h) → アンマン(4.7)
【8:00~10:30(バス),11:10~16:00(乗り合いタクシー)】

 

移動で一日終わり。


レバノンとヨルダンは国境を接していないため、いったんシリアに入る必要がある。ヨルダンから入ったときに取得した観光ビザの期限内だからそれでいけるのかな、と淡い期待を抱いていたものの、マルチでなくシングル扱いのようで、再度ビザをとることになった。今度のはトランジットビザ。数時間の滞在であるものの、出国時にはしっかりと出国税もとられてしまう。痛い。


レバノンのベイルートからシリアのダマスカスへ移動したあとは、乗り合いタクシーでヨルダンのアンマンへと向かった。
そのタクシーではヨルダン人のアリさんと出会ったのだけれど、とても親切で気さくな方で、おかげで移動も入国審査の長い待ち時間も短く感じた。


ヨルダンでヨルダン人(人種的な意)というと当たり前のように聞こえるけれど、実は構成の3割ほどを占めるに過ぎない少数派になる。7割と大多数を占めるのはパレスチナ人。

外部の人間からするとその違いも分からない2つの民族だが、これが結構複雑な問題になっているそう。ヨルダンの宿でパレスチナ人(人種的な意)から聞いた話によると、ヨルダンではヨルダン人が圧倒的な権力を握っているとのこと。パレスチナ人は権利も制限されていて給与も低いとか。何か事件が起きたとき、明らかにヨルダン人に非がある場合でもパレスチナ人に責任を押し付けられるなんてことも日常茶飯事なのだそう。現地の人からすると、顔つきと名前でどちらの人種か見分けるのは容易らしく、パレスチナ人は彼らに近づくのを恐れるため二つの人種の間には見えない壁があるらしい。


アリさんは初めて接したヨルダン人と判明しているヨルダン人だったが、私ら旅行者からはパレスチナ人との違いはほとんどわからない。
現地の事情に触れるあるいはてそうした意識を持ってながめてみたいと考えていはいるものの、実際はなかなか難しい。いつか新たな情報と知識を得たときに、その景色から何かを取り出すことができるよう、とりあえず今は目にしている光景をしっかりと焼付けておきたい。

世界一周ヨルダン旅行8

【ベイルート発 ダマスカス行きバス 車内にはヒズボラのポスターも】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ヨルダン編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! アクセスが増えてきたので世界一周へ変更!
ページを開いたらお片づけ(クリック)もしっかりね!

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

163日目
宿泊地 :ダマスカス / シリア

移動 : アンマン → ラムサ(1.2h) → ダラー(1.2h) → ダマスカス(1.5h)
【14:30~15:40,15:40~16:50,17:15~18:45】

 

今日でまたFUTOME氏とお別れ。彼はエジプトに、私はシリア・レバノンに向かいます。
またアフリカで会いましょう!

世界一周シリア旅行1

【ストーブで暖をとるFUTOME氏 またアフリカあたりで会いましょう!】


さてそのシリアなのですが、入国にはビザが必要です。空港やシリア国境では原則としてビザの発給は行っておらず、現在はアンマンやカイロの大使館でも取得することができなくなっているそうです。困った・・・という状況に陥りそうなところですが、実はビザがなくともヨルダンからシリアへ入ることは簡単だといわれています。

既述のように国境では【原則的には】ビザ発給しないものの、【一般的には】国境で希望者にはビザを発給してくれるようです。
ただしこの場合、国境で時間をとられることが多いようで、その間に乗っていたバスやセルビスに置いて行かれてしまうことがままあるそうです。それはよろしくない。


なので、アンマン発ダマスカス(シリアの首都)行きの直行便を使わず、ヨルダン側(ラムサ)とシリア側国境(ダラー)でそれぞれバス・セルビスを乗り換える作戦をとることにしました。これなら万が一おいていかれても交通費をあまり無駄にせずにすむしね。ちなみにこれ、サーメルのアドバイスです。ありがとう!


混んでいるという話も聞いていたのですがこの日は人もまばらで、ビザもスムーズ(たぶん20分くらい)に取得することができました。2週間滞在可能のツーリストビザで、料金は$20でした。聞いていたよりも安かった。

世界一周シリア旅行2

【ダラーのバスターミナルにあったいかしたオブジェ(大理石でつくった車)。 とんでもないセンスを感じるぜ!これを見てシリアの旅が楽しみになりました!】

世界一周シリア旅行3

【ダマスカスまでセルビスで移動】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー

-----------------------------------------------------------------------------------

162日目
宿泊地 :アンマン / ヨルダン

移動 : なし

 

日本で最も有名なヨルダン人との呼び声も高い、伝説のホテル従業員サーメルに会うことができました!


これまではクリフホテルで長らく働いていたサーメルですが、ここ数ヶ月で何度か移動し、現在はアバッシ・パレス・ホテルという一つ星(って言ってた)ホテルにいます。

ペトラ、死海と並び、ヨルダンの三大見所とも言えるほど有名な彼の情報は、インターネット上や各地の安宿の情報ノートでかなりの数を目にしていたのでなんとか会ってみたいなと思っていたわけです。mixiのコミュニティ(【サーメルの宿】だっけな?)の情報がなかったら辿り着けませんでした。情報提供者さんに感謝!


サーメルは噂どおりのホスピタリティー溢れる心優しきナイスガイでした。
レセプション近くのソファーに座っていると必ずと言っていいほどやってきて、

「ネスカフェどう?」(本当は英語です。)

と声をかけてきてくれます。朝も頂いてしまっていたし、「ノーサンキュー」と伝えるのですが、小さな声で勝手に、

「イエス・・・」


と言ってもってきれくれちゃいます。ネットや情報ノートの書き込みによるとこのサービスは全て彼の自腹で行っているそうです。このネスカフェ以外にも、旅の交通情報や宿での親切で親身な対応、また時間のあるときは話し相手にもなってくれるなど、そのサービス以上に旅で疲れた心に温かくかけがえのない思いを抱かせてくれる癒し系の青年なのです。

彼の人気はとりわけ日本人の間ですさまじく、彼の動いた先のホテルがすぐに日本人宿のようになってしまうほど(動いていたのはこの1年間だけのようですが)。



またサーメルはお礼を断固として受け取らないことでも知られています。なのでネスカフェのお礼を考える前に、まずはこれ以上サーメルからお茶をごちそうにならないようにしようと、自分で買ったスティックのネスカフェ(インスタントコーヒー)をポケットにしのばせ、レセプション近くの椅子に座り情報ノートに目を通していました。


数分後・・・。
やってきました!サーメルがやってきました!!

私の前にやってきて、
「ネスカフェどう??」
尋ねてきたので、ここだ!と思いマイネスカフェを取り出しました。

「持っているからいらないよ。笑」

してやったりと思いサーメルを見上げたのですが、なんだ、サーメルの様子がおかしい!

サーメルは、

「オーマイゴット・・・」

とつぶやき呆然としているではありませんか!!
言葉をつながねばと思い、

「だからお湯だけもらいたいんだけどキッチン使っていいかな?」

と聞いてみたのですが、サーメルは

「ノー。」

と小さな声でつぶやき去っていってしまいました。
ごめんよ、サーメル。もう感謝しきれないくらい感謝しているから、これ以上お世話になってしまうわけにはいかないと思ったのだよ。
予想を超える反応に反省しかけていたそのとき、またサーメルが現われました。
しかも笑顔だ。機嫌を直してくれたのかな、よかったよかったと思いよくよく見ていると・・・・・・、持っていたよ!!!

サーメル、またネスカフェ持ってきちゃった!!!

なんて頑ななのよ。でもありがとう。


満面の笑みのサーメルから温かなネスカフェ入りのカップを受け取り、若干申し訳なさを感じつつもまた幸せな気持ちになりました。


なんとか滞在中にお礼を返さねば。

世界一周ヨルダン旅行5

【散歩中に見つけた少年。おしりの出具合が絶妙!】

世界一周ヨルダン旅行6

【アバッシ・パレス・ホテルは洗濯機の使用もOK!屋上で干しました。黒い服ばっかだ・・。】

世界一周ヨルダン旅行7

【屋上から】



タイトルにいれながら忘れてた。
そんなサーメルですが、予定では今年中に日本人女性と結婚することになったそうです。嬉しそうに話してくれました。おめでとう!!!
 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ヨルダン編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
ああああ、クリックしたくて頭がおかしくなりそうだ!!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

161日目
宿泊地 : アンマン / ヨルダン

移動 : エリコ → 国境(1h) → アンマン(1.3h)
【9:30~10:30(タクシー&バス),11:15~12:30(バス)】

 

朝にエリコの宿を出て、国境に辿り着くまでにタクシーの運ちゃんとの間でちょっとゴタゴタはあったものの、無事にヨルダンに戻ってくることができました。
たった4日間だったけど、異様に濃い時間を過ごしたためかグッタリと疲れ果てました。


いろいろ考えさせられたと言うとなんだかまるで何も考えていないように聞こえますが、ここでは本当に多くのことを感じさせられ、そして考えさせられました。昨年末に急きょ旅程を変更しやってきた中東ですが、宗教、民族紛争、政治、歴史など、もっと幅広い知識と深みのある見解をもって臨むことができたら、より充実した滞在になっただろうなと少々もったいなく感じました。


世界一周中を通して感じることはとても多いのですが、移動も多くまたその先で次々と新たなものが入ってきてしまうので、それを深める時間がなかなかとれません。
日本に帰ってからゆっくり・・というのはおそらく無理ですし、極力、旅の最中に調べ物はしなければと考えています。刺激を受けた直後の敏感になった感性と高まった好奇心を無駄にするのは惜しいです。第一、時間をおいたらそうしたものが次々に入ってくる情報の下敷きになってしまって、結局何も残らないなんてことにもなりかねません。それが恐ろしくもったいないです。


なので、ラップトップ(ノートPC)をつなぐことのできるネットカフェを見つけたら、お金と時間がかかるけど結構入っちゃってます。
そこでページを開きまくって保存し、後でそれに目を通すようにしているのですが、これが本の代わりになるのでとても助かっています(それでも全然追いついていないのですが・・。)。本当に便利な時代になったものですよね。
PCは重くて厄介な荷物だけど、持ってきて本当によかったです。

世界一周に持ってきて良かった物のナンバー1はダントツでラップトップです。



下の写真は、昨日の分までに入りきらなかったエルサレム旧市街のものです。

 
 

世界一周イスラエル旅行16
【ダマスカス門】


 

世界一周イスラエル旅行17
【マリア教会】


 

世界一周イスラエル旅行18
【オリーブ山から見たエルサレム旧市街】



 

世界一周イスラエル旅行19
【旧市街内の風景 1】



 

世界一周イスラエル旅行20
【旧市街内の風景 2】



 

世界一周イスラエル旅行14
【最後の晩餐の舞台になったと言われている部屋】


エルサレムでは他にも、ヴィア・ドロローサと呼ばれるキリストが十字架を背負いゴルゴダの丘(磔にされた場所で現在は聖墳墓教会)に向かって歩いた道や、最後の晩餐の舞台になった場所(何もない簡素な部屋でした※写真追加しました)なども見ることができました。聖書にまつわる有名な見所が溢れるすごい街です。

迷ったけど来てよかった!
 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(イスラエル編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
ああああ、クリックしたくて頭がおかしくなりそうだ!!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

158日目
宿泊地 : エルサレム / イスラエル

移動 : アンマン → 国境「キングフセインブリッジ」(1.3h) → エルサレム(0.7h)
【8:45~10:00(バス),12:20~13:00(バス)】

 

今日はヨルダンのアンマンからイスラエルのエルサレムへ移動する日。

なのですが、一つ問題が。パレスチナ問題等でイスラエルに嫌悪感を持っているアラブの国の中には、パスポートにイスラエルの入国スタンプがあるだけで入国を拒否されてしまう国があります。その中にはシリア、イエメンと、これから訪れる予定の国も含まれているため、なんとしてもノースタンプで入国しなければなりません。


イスラエル側もその事情を知っているためか、国境で入国審査を受ける際に、

「ノースタンプ プリーズ!」

と伝えると、別紙(出入国カードなどに押してくれるので用意は不要)にスタンプを押してくれます。
※何も言わなくとも別紙にスタンプを押してくれる人もいるそうですが、逆に頼んだにも関わらずずしもパスポートにペタンとやられる場合もあるので要注意!


しかししかし、いくらイスラエルの出入国スタンプがなくとも、隣国の国境の出入国スタンプがあればイスラエルに入国していると見なされ、同様に入国を拒否されてしまいます。
イスラエル側と同様に、出国(もしくは入国)する国側でもパスポートではなく別紙にスタンプをおしてもらう必要があるわけです。


ノースタンプでイスラエルに入国する一般に知られている方法を以下にまとめてみました。



イスラエル ノースタンプ入国方法



A.空路編
空港の出入国スタンプであれば、どこの国に行ったのかはわかりません。(スタンプのほとんどないパスポートだと怪しまれる可能性はありそうですが)
と言うことで手順は簡単、到着したイスラエルの空港および出国するさい利用するイスラエルの空港で、

「ノースタンプ プリーズ」

で、OKです。

 


手順
1.イスラエルの空港に到着

2.入国審査でパスポートをわたすのと同時に「ノースタンプ プリーズ!」。
どこでスタンプを押されるか分からない場合には、パスポートをわたす度にノースタンプと伝えたほうが良いです。

3.出国時の空港にて、出国審査の際、「ノースタンプ プリーズ!」。


これでOKです。
なお、入国もしくは出国の片方を陸路で行う場合には、以下の陸路編と同様の手順を踏めばOKのはずです。



B.陸路編

現在(09年1月)イスラエルとシリアの国境は開かれていないので、隣接する3カ国のうち、陸路でイスラエル出入国できるのはエジプトとヨルダンの2国からのみ。
そのうち、ノースタンプ出入国できる国境は【イスラエル・ヨルダン国境のキングフセイン橋】のみと言われています(キングフセイン橋の北方にも国境がありますが、ダメだったという話も聞かないので可否は不明です)。

おそらく空路でイスラエル入りした人は空路outする人が多と思うので、ここではヨルダン側から入国し、その後また陸路でヨルダンに戻るといったケースで手順を説明します。

ちなみにこの国境からノースタンプ入国できる理由としては、ヨルダンがイスラエルのヨルダン側西岸地区(この国境ポイントも含まれます)をイスラエルの領土として認めていないからだと言う話を聞きましたが、現在ヨルダンはイスラエルと和平を結んでいるはずなので、実際のところどういった理由なのかはよくわかりません。そこだけは譲れないとかですかね。わかんないです。興味があったらフレンドリーなヨルダン側国境のスタッフに聞いてみてください。そしておしえてください!



手順
1.ヨルダン側の国境ポイント、キングフセイン橋へ移動
アンマンの北バスターミナル(タバルボルだっけ?)から、朝8時にバスが出ています。料金は3JD。セルビスでは5JDほど。

2.出国税の支払い
出国審査を行う窓口の向かいに、出国税を支払う窓口があります。ここで5JDを支払い印紙を購入。

3.それとともにパスポートを審査の窓口へわたす。
本来はスタンプはここで押されます。印紙もパスポートに貼るものなので、念のためここで「ノースタンププリーズ!」を発動。
このポイントをつかって国境を越える現地の人・旅行者は多いので、おそらく何も言わなくても別紙を用意して手続きを進めてくれます。私のときはそうでした。

4.イスラエル側国境へ移動
緩衝地帯の移動は徒歩では認められていないので、出国審査をした建物の外からバスに乗りイスラエル側の国境へと移動します。数分の移動ですが、料金は3JD+荷物代1JD。荷物は小さなバックバパックでもとられました。

ここからが勝負です。

5.荷物を預ける
大きな荷物がある場合には、入口で荷物を預けます。ここでパスポートに審査の管理用かと思われるシールをペタッと貼られます。ちょっと前までこのシールはかなりはがしづらいものだったらしいですが、今はきれいにはがせます。

6.手荷物および身体チェック(X線,金属探知機)
手荷物、カメラ、ベルトなど、金属のついたものを全てをコンベアに乗せます。
※注意1 ベルトはOKだから通りなさいと言われることもありますが、念のためはずしたほうが良いです。一度でも引っかかってしまうと、後になぜひっかかったんだと厳しく詰問される可能性があります。私は2度ブザーが鳴ってしまい、そのことで強烈に詰められました。

7.空気がプシュッと出る機械を通る
意味不明だが発せられるアナウンスの声がかっこいい機械を通ります。これ自体は簡単に終わります。

8.入国審査の前に
ここまでに何か問題があったか検査官の目に留まってしまった人は、ここで止められ第一の詰問タイムを迎えることになります。
※注意2 詰問の仕方はかなり強烈です。というか失礼です。ほとんどが若い検査官ですが、みな徴兵でやってきている若者なのでしょうか。とにかく腹立たしい対応を受けますが、怒らないように注意。


問われること
・基本的な個人情報について
・イスラエルに友人はいるか(いないと答えたほうが良いようです。いると答えて入国を拒否されたと言う話も聞きました。)
・渡航の目的は
・泊まる予定の宿は(活動家が多く滞在している宿は避けたほうが良いようです。)
・なぜ身体チェックでひっかかった
・どこから来た
・どこへ行く 
・航空券を見せなさい
・武器は持っているか(必ず聞かれる質問)

などなど。
友人と一緒の場合には、二人別々の場所に連れて行かれ個別に質問を受けます。話が食い違わないように注意。


9.入国許可
ここまできたらついにあの言葉を使います。窓口でパスポートをわたし、それと同時に「ノースタンププリーズ!」です。
パキスタン、シリアなどのスタンプがあったり、イスラエルへの渡航回数が多い場合などには、ここで数時間待たされることも珍しくないようです。
問題がなくともここでも厳しく質問をされるので、スムーズに答えていかないと時間がかかってしまうこともあるようです。
私は5分くらいで抜けられました。

10.指紋・顔写真の保存
スタンプをもらった窓口のすぐ後ろにあります。


11.出口を抜ける
※注意3 ここでパスポートとスタンプを見せるように要求されるのですが、別紙にスタンプを持っている場合にはここでその紙をちぎって捨てられてしまうことが多いようです。私もやられました。
自国のスタンプを拒否した旅行者に対するちょっとしたいやがらせのようなのですが、パレスチナ自治区(ベツレヘムやエリコなど)への訪問を予定されている方は、チェックポイントでもめることになってしまう場合もあるので、スタンプのある紙はわたさずに見せるだけにするか、そのことを説明し保管しておいたほうがよいです。怪しまれるとこれまでの努力が無駄になるので、ベツレヘムにある教会を見に行きたいから、などと答えておけばよいかと思います。

12.バスに乗りエルサレムへ
国境にも両替所がありますが、市場レートよりも1割ほど悪いです。なのでこのバス代くらいはヨルダンで両替しておくと良いと思います。料金は37.5NISでした。




帰りも書こうと思いましたが、帰りはほぼノーチェックでスムーズに行くので特に問題なしです。不安であれば、パスポートチェックのたびにノースタンプと繰り返し伝えるのが良いかと思います。

出国には出国税がUS$40ほどかかりますが、そのときのレートによって料金がかわるようなので、予めその分のお金を用意していくのは難しいです。
その場で両替して足りない分をユーロや米ドルで支払うこともできますし、噂ではクレジットカードでも支払い可能だと聞くので安心です。もちろんレートは悪いと思いますが。




ノースタンプでの入国は制度としてあるものではないので、対応する人間の裁量でどうされるかはわかりません。中にはカップルで審査を受けた際、片方だけにスタンプを押されたなんて話、伝えたにも関わらずそのままパスポートにスタンプを押されてしまったなんて話も聞きます。

私が泊まった宿にもパスポートに押されてしまった旅行者がいたので、そのあたりは運かもしれません。入国前のシリアビザが貼ってあると嫌がらせで押される可能性も高まると思うので、そのあたりは注意が必要です。

それにしても腹の立つ対応だったなぁ。自分より年下と思われる腰でパンツをはいたいかにもいまどきの若者と言う検査官に、かんまり失礼な態度をとられます。どんどんこの国のイメージが悪くなってくなぁ・・。

世界一周イスラエル旅行1

【エルサレムには大型の観光バスがいっぱい】

世界一周イスラエル旅行2

【熱心なユダヤ教徒 帽子と髪(耳の横からちょろりんと出ています)が独特ね】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(イスラエル編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
クリックしたくていつも日が変わるのが待ち遠しいよ!って声が聞こえてきそうだね!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!
-----------------------------------------------------------------------------------

157日目
宿泊地 : アンマン / ヨルダン

移動 : カイロ国際空港 → クイーン・アリア国際空港(1.6h) → タブルボルバスステーション(0.8h) → アンマンダウンタウン(0.3h)
【8:00~9:35(飛行機),10:00~10:50(バス),11:00~11:15(セルビス)】

 

およそ3年ぶりにアンマンにやってきました。

前回訪れたときには1泊だけしてすぐに日本へ発ってしまったのであまり記憶に残っていなかったのですが、ダウンタウンのキングフセインモスクを見たらなんだか懐かしく感じました。前に来たときもここを歩いたなぁ。



懐かしいと言えば、ここアンマンから一緒にイスラエルへ入るために、タイで別れて以来5ヶ月ぶりにFUTOME氏と再会する約束をしていました。
果たして太めの体はどうなっているのか、予想通りヒゲの長髪になっているのか、そうした外見上の変化も楽しみだったのですが、それ以上に彼のしてきた旅の話(スタイルもルートも全然違うから新鮮なんだよね)を聞くのがとても楽しみでワクワクしながら待ち合わせ場所の「クリフホテル」へと向かいました。


宿に着くとレセプションのおじさんが、

「チュニジアから来たのかい?友達から聞いているよ。部屋はこっちだよ。」

と、すぐに案内してくれました。
これでまず1ビックリ。FUTOMEさん、英語が上達してるんじゃないですか?以前はそんなことまで伝えられなかったはずなのに!


成長してるんだなーと、再会の期待をさらに高めながら、ついに彼が泊まっているというドミトリールームの中へ。
・・・しかし、いない。どうやら大好きなお昼ご飯を食べに外に出てしまっているよう。
部屋の中には異常なほど膨らんだバックパックだけが置かれていました。

世界一周ヨルダン旅行1

【いらない荷物は捨ててくださいと言いたくなるほどの荷物量!これで2ビックリ。】



そして待つこと30分、帰ってきましたよ!!FUTOME氏が帰ってきましたよ!!!

世界一周ヨルダン旅行2

【見つけたぞ!!再会のポーズをとるFUTOME氏。予想を超える髪の量に3ビックリ。】



長髪は期待通りでしたが、顔と体はほっそりと引き締まっていました。いやー、久しぶりだな。元気でなにより!
彼はインド・ネパールを2ヶ月間かけて堪能していたそうです。私も学生時代にインドを旅行したことがありましたが、中身の濃さが全然違いました。彼の現地への入り込み具合や経験の多さにかなり羨ましくなりました。良い旅をしてきたようです。ネパールのトレッキングも羨ましい!

世界一周ヨルダン旅行3

【身につけたダンスで現地のヨルダン人を圧倒するFUTOME氏。旅先でサムライの名を欲しいままにするFUTOME氏に4ビックリ。】



ところで今回待ち合わせ場所になったクリフホテルですが、数年前にイラクで誘拐され殺害された香田証生さんがイラク入りする前に最後に滞在した宿として知られています。香田さんはここの宿を出てバスターミナルに向かい、そこからイラクのバグダットへと向かうバスへ乗り込んだそうです。

世界一周ヨルダン旅行4

【クリフホテルから眺めた外の風景】


事件の起きた当時わたしは学生でしたが、当時も今も香田さんの行動についてたしかに疑問に思う部分はあるものの、それを批判する気になれません。
それは同じバックパッカーだからなんてことではなく、彼の問題意識と好奇心、そして目的へ向けて走っていける行動力に共感と羨望を感じるとともに、こうした日本人に不足した資質を持つ稀有な存在を自己責任の一言で詳細を省みることなく攻め続けた報道と世論へ、反発の気持ちを抱いたからだと思います。
そもそも当時人の命がかかっているそのときに、責任の所在や行動の良し悪しの議論にあれほどまで論点を集中させたのか、倫理的な立場から見ると理解しかねます。

あの報道を思い出すと、日本人の持つ全体主義の思想の根深さよりも、新たな価値観として西側から日本へやってきた個人主義に対する憧れと現実の間にあるギャップから漏れ出している不満の大きさを感じてしまいます。

世論があのように簡単に一方向へ傾いたのは全体主義に拠る強い考え持った人が多かったというだけではなく、逆にそれに反発しつつもうまくいかない現状の中でそれを難なく打ち壊す人間を目にし嫉妬に近い感情を抱いた、そういう層の人間(特に若年層)が相当数いたのではないかと推測するのですがどうでしょうか。

そういった不満の矛先が合わさった結果、必要以上に強烈に彼と彼の周囲に向けられてしまったように思います。


それとこれも怖かった。
大々的に表明した動機さえも曖昧になったイラク戦争(そもそもこれがなければあの事件は起きなかったわけですが)を引き起こした張本人アメリカに対する批判が出てこなかったことについても、マスメディアの影響力と、情報を受動的に素直に受け取ってしまう日本人の国民性がよく表れているようで恐ろしくなりました。


人は年をとるにつれて生き生きした人を見て純粋に尊敬するのが難しくなるように思います。何か具体的なものに対するものよりも、可能性への嫉妬が最も大きく強いものであるように感じます。

この事件を思い出すたびに、行動の大切さと、不満を感じる自分と向き合うことの大切さを痛感します。
 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ヨルダン編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
クリックしたくていつも日が変わるのが待ち遠しいよ!って声を聞かせてくれ!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!
-------------------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析