世界一周!で漏らしてみるでタグ「ソフィア」が付けられているもの

ソフィア / Sofia

リラ / Rila

 

 

No.1

世界一周・ブルガリア旅行_1.JPG
■ソフィアに到着!駅前のモニュメント

 

No.2

世界一周・ブルガリア旅行_2.JPG
■駅前のバスターミナルに併設されているトラフィック・マーケット。バス会社のオフィスが盛りだくさん。

 

No.3

世界一周・ブルガリア旅行_3.JPG
■地図まであります。面倒だからもう少し数を減らしてほしいんだけど・・。

 

No.4

世界一周・ブルガリア旅行_4.JPG
■ソフィアで泊まっていたユースホステル ネットで予約したら€7でした。
  ここでリーさん、ヨナスという二人のナイスガイと出会いました。

 

No.5

世界一周・ブルガリア旅行_5.JPG
■ローシーズンにも関わらず満室でした。

 

No.6

世界一周・ブルガリア旅行_6.JPG
■国会議事堂

 

No.7

世界一周・ブルガリア旅行_7.JPG
■アレクサンダル・ネフスキー寺院 遠くからでもこんなに大きく見えます。

 

No.8

世界一周・ブルガリア旅行_8.JPG
■どーん

 

No.9

世界一周・ブルガリア旅行_9.JPG
■東方正教系の教会は個性のあるきれいなものが多いですね。

 

No.10

世界一周・ブルガリア旅行_10.JPG
■正面から。裏から見るのと全然印象が違いますね。ロボットっぽいや。

 

No.11

世界一周・ブルガリア旅行_11.JPG
■サヴァ教会が最大って言うけど、これも同じくらい大きいような気がします。

 

No.12

世界一周・ブルガリア旅行_12.JPG
■よくわからなかったけど、これが聖ソフィア教会かな?

 

No.13

世界一周・ブルガリア旅行_13.JPG
■この教会沿いの通りにはおみやげ物屋が並んでいます。

 

No.14

世界一周・ブルガリア旅行_14.JPG

■マトリョーシカ 東欧はどこでも売ってますね。

 

No.15

世界一周・ブルガリア旅行_15.JPG
■ちっ、熱すぎて付き合ってらんねえぜ!でも、そういうの嫌いじゃないぜ。 って感じのおじさんと銅像。

 

No.16

世界一周・ブルガリア旅行_16.JPG
■ガラクタっぽいけどちょっと気になる。

 

No.17

世界一周・ブルガリア旅行_17.JPG
■街の中心部へ

 

No.18

世界一周・ブルガリア旅行_18.JPG
■ヨーロッパの建物はどこのも似たり寄ったりだね。

 

No.19

世界一周・ブルガリア旅行_19.JPG
■聖ペトカ地下教会 半分地下に埋まっています。これがあるのは大通りの交差点。

 

No.20

世界一周・ブルガリア旅行_20.JPG
■ソフィアは一日かけて歩くのにちょうどいいくらいの大きさ

 

No.21

世界一周・ブルガリア旅行_21.JPG
■バーニャ・バシ・ジャーミヤ やっぱりあったイスラムのモスク。バルカン半島からこのあたりまではオスマンに支配されていた歴史があるので、今でも街中にモスクが見られるところが多いです。

 

No.22

世界一周・ブルガリア旅行_22
■東欧の他国に比べると、トルコ系の住民がとても多かったな。

 

No.23

世界一周・ブルガリア旅行_23.JPG
■マックのポスターもトルコ系

 

No.24

世界一周・ブルガリア旅行_24.JPG
■ピザはブルガリアの伝統的な料理らしいです。こんなピザを売っているお店がいっぱいあります。一切れ100円くらい。けっこう大きいです。

 

No.25

世界一周・ブルガリア旅行_25.JPG
■このライオンかっこよかった!

 

No.26

世界一周・ブルガリア旅行_26.JPG
■国立文化宮殿 この付近は公園のような広場になっています。

 

No.27

世界一周・ブルガリア旅行_27.JPG
■見つけたぞ!!コンディションも良いね!

 

No.28

世界一周・ブルガリア旅行_28.JPG
■ゴミ箱がきれい けど大きくてちょっとジャマ。

 

No.29

世界一周・ブルガリア旅行_29.JPG
■なぜかこういうお店多かったです。

 

No.30

世界一周・ブルガリア旅行_30.JPG
■あとこういうお店も。

 

No.31

世界一周・ブルガリア旅行_31.JPG
■きったね スプレーでの落書きはもっと厳しく罰してほしいなぁ。ヨーロッパを見て、日本の通りってきれいだなって思うようになりました。

 

No.32

世界一周・ブルガリア旅行_32.JPG
■夕暮れ時のアレクサンダル・ネフスキー寺院

 

No.33

世界一周・ブルガリア旅行_33.JPG
■バルカンでもっとも美しい教会と言われているらしいですよ!

 

No.34

世界一周・ブルガリア旅行_34.JPG

■夜は光ります。

 

No.35

世界一周・ブルガリア旅行_35.JPG
■美しい! 満足して帰ろうとしたものの、この後道に迷い無駄に1時間ほど散歩するはめに。何度も来ている場所だったのにおかしいな・・。

 

No.36

世界一周・ブルガリア旅行_36.JPG
■宿で意気投合したリーさんとマケドニアへ向かうことに。

 

No.37

世界一周・ブルガリア旅行_37.JPG
■ちょっと天気悪そうで心配でしたが、昼からは晴れて素晴らしい景色を堪能できました。

 

115日目
宿泊地 :
ソフィア / ブルガリア
移動 : なし

 

ソフィアといえば、と問うと多くの旅人がこう答えます。「ストリップショー」。

現地の文化を文字通り肌で感じるために!と御託を並べて覗いてこようかとも思ったのですが、なんだか気分も乗らずに断念。なので情報ナシです。ごめんなさい。

代わりに今日は海外アート国立ギャラリーに行ってみました。宿のドミトリーで同室だったデンマーク人ヨナスの情報によると、この美術館は月曜日には無料になるとのこと。ちょうど今日は月曜日じゃないですか、ということで散歩がてらぶらぶら行ってまいりました。


館内にはインドで出土したヒンドゥー教の神々の彫像、日本の浮世絵、現代ヨーロッパアートなど海外の美術品が三階建ての建物いっぱいに展示されています。その中でもっとも目を引いたのはアフリカコーナーの彫像や仮面の数々。斬新なんですよ。人や動物をモチーフにしたものが多いのですが、どでも形が独特で見入ってしまいます。アジアやヨーロッパの美術品は見慣れているので途中から飽きてしまいましたが、アフリカのものを実に新鮮で来月からのアフリカ周遊が楽しみになりました。こういうのを家の父親へのお土産にしたいね。


ところでストリップなどの風俗産業ですが、同性でこういった業界で働いている人には少し疑問を抱いてしまいますが、異性であるとあまり気になりません。よくないことなのかもしれませんが、私は同性を見る場合、自分にあてるのと同じものさしでついつい人を測ってしまうので、厳しく評価してしまうことが少なくありません。異性に対してはそういった基準を持ち合わせていないためにかなり寛容になれるのですが。

もしこの原因を先のように自分を測るために持っているものさしにあると仮定すると、異性に厳しく同性に寛容である人は、自分に甘い人が多いのではないかとふと思いました。あくまで私の経験則ですが、そういうタイプの人が多かった気がするんですよね。うーん、どうでしょう。



さて、明日にはソフィアを発ち、リーさんともにマケドニアに向かうことになりました。マケドニアに関してはガイドブック以上の情報を持ち合わせていませんが、それだけに楽しみに感じます。

世界一周ブルガリア旅行

【劇場のポスター】

世界一周ブルガリア旅行

【夜のアレクサンドル・ネフスキー寺院】

 

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ブルガリア編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
おかげさまで「海外一人旅」では最近1位か2位をキープ! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

114日目
宿泊地 :
ソフィア / ブルガリア
移動 : ソフィア ⇔ リラ
【10:20~13:00,15:00~18:00】

 

今日は昨夜宿で出会ったオーストラリア在住のベトナム人リーさんとリラの僧院へ。リラの僧院は東方正教会系の僧院で世界遺産にも登録されています。ソフィアからは片道約3時間と少々離れたところにありますが、ソフィアとは全く違うブルガリアの田舎の風景も見ることができるので、移動も含めて楽しめます。

 

世界一周ブルガリア旅行

【リラの僧院 カラフルできれい】

 

世界一周ブルガリア旅行

【おお、この話知っているよ!天井に書かれた絵】



昨夜はキッチンでリーさんと出会い、話が合ったのでそのまま一緒に夕飯を食べながら話し込んでいたのですが、この人頭がきれて本当におもしろいです。年は私よりも12歳上なのですが、子供がいないということもあってか気持ちが若く、同年代の友達のように接することができます。オーストラリアの学校で教師をしているらしいのですが、今回は2ヶ月ほど休みをとり北欧と東欧を中心にヨーロッパを旅しているそう。月単位で休み取れるっていいよなぁ。


そのリーさんと昨夜話したことの中で、とても共感でき印象に残った言葉があります。ローシーズンのこの時期に旅している人は変わった人が多く、宿での出会いがおもしろいという話をしていたのですが、私が「変わっている」という言った後にリーさんは「そして賢い」という言葉を付け加えました。これがまさにその通りなのです。特にヨーロッパに入ってからはそう思える人に多く出会えています。

もちろん全てというわけではないのですが、自分の信条と論理を持って旅をしている人が多く、例え共感することができなくとも、はあなるほどねと、その考えを理解することができます。一般的という言葉からは少々外れた行為なので、それなりの論理を積み重ねなければ行動に移せないのかもしれません。日本では長期の旅行というと何か「自分探し」的な受け取られ方をすることが少なくないように感じますが、実際にそのような実体の掴めない青い鳥のようなもの探している旅人に会うことはほとんどありません。自分なりの人生観を持ち、それに従い行動を起こし、そして経験したものを着実に積み重ねてきている人が多いのです。これらの人は世捨て人どころか、実に真剣に真面目に人生を生きているように見えます。こういった人たちとは話していて本当におもしろいです。


ブルガリアの次はマケドニアに向かうのですが、バルカン半島をまわるルートがリーさんとほとんど同じなので一緒に旅をすることになりました。私は基本的に一人旅のほうが好きなのですが、この人とは感性が近く、話をしている時間がとても楽しく有意義に感じます。ネイティブと行動していれば英語の練習にもなるしね。

うん、なんて良い出会いなんだ!

 

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ブルガリア編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
おかげさまで「海外一人旅」では最近1位か2位をキープ! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

113日目
宿泊地 :
ソフィア / ブルガリア
移動 : ベオグラード → ソフィア(9h)
【前日21:30~7:30(列車)※時差+1】

 

やられた・・・。ちゃんと切符買っていたのに・・・・。



ベオグラードからソフィアへ向かう列車は暖房がほとんど効かなかったため、寝袋をつかって寝たものの寒さは防ぎきれず寝不足気味でソフィアに到着。前日にユースホステルは予約してあったのでそこに向かおうと切符を買い、荷物を背負ったままトラムに乗りました。ソフィアに着いたのがちょうど通勤時間だったため、市内に中心を走るこのトラム内もぎゅうぎゅうに混んでいました。大きな荷物を持った私は乗るのが精一杯で改札機(手動でパンチするものが車内に数箇所備え付けられています)まで辿り着けないどころかその場から動けないくらいの混み様。こういう場合は切符をバケツリレーのようにまわしてパンチしてもらうことのできるのですが、次のバス停で人が減ってから自分でやればいいやと思っていたところ・・・、検札がきてしまいました。乗車後わずか1分程度です。

新しい切符ですがパンチしていないのでもちろんアウト。次のバス停で降ろされ、「10レヴァ(≒€5)!」と罰金を請求されました。ルールは知っていたけどあの混み様でこの短時間では無理だろう!と言ってみるものの、英語はほとんど通じず彼を怒らすだけで終わってしまったようで、「20レヴァ!」と値上げされてしまいました。大きなバッグを持っている場合は2枚の切符が必要だそうで、1枚しかもっていなかったので罰金も2倍とのこと。最初からおとなしく従っていればよかった・・。ただでさえ朝が弱く機嫌がよろしくないのに、少し不本意なかたちで罰金取られて気分は最悪。とりあえず宿についてふて寝しました。


ヨーロッパのトラムやトローリーバスでは、このように乗車後に自分で改札しなければならないものが多いです。検札も頻繁にやっていて、切符を持っていなければもちろん、持っていても改札していないと良い訳無用で罰金を請求されます。ガイドブックを持っていない国では予習できないので要注意です。ちなみにブルガリアの罰金はかなり安いほうです。

世界一周ブルガリア旅行

【ブルガリア正教のアレクサンドル・ネフスキー寺院】


 

世界一周ブルガリア旅行

【バーニャ・バシ・ジャーミヤ オスマン朝に支配されていた歴史もあり、市内にはモスク(イスラム寺院)も見られます】

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ブルガリア編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
おかげさまで「海外一人旅」では最近1位か2位をキープ! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析