世界一周!で漏らしてみるでタグ「ダマスカス」が付けられているもの

174日目
宿泊地 :アンマン / ヨルダン

移動 : ベイルート → ダマスカス(2.5h) → アンマン(4.7)
【8:00~10:30(バス),11:10~16:00(乗り合いタクシー)】

 

移動で一日終わり。


レバノンとヨルダンは国境を接していないため、いったんシリアに入る必要がある。ヨルダンから入ったときに取得した観光ビザの期限内だからそれでいけるのかな、と淡い期待を抱いていたものの、マルチでなくシングル扱いのようで、再度ビザをとることになった。今度のはトランジットビザ。数時間の滞在であるものの、出国時にはしっかりと出国税もとられてしまう。痛い。


レバノンのベイルートからシリアのダマスカスへ移動したあとは、乗り合いタクシーでヨルダンのアンマンへと向かった。
そのタクシーではヨルダン人のアリさんと出会ったのだけれど、とても親切で気さくな方で、おかげで移動も入国審査の長い待ち時間も短く感じた。


ヨルダンでヨルダン人(人種的な意)というと当たり前のように聞こえるけれど、実は構成の3割ほどを占めるに過ぎない少数派になる。7割と大多数を占めるのはパレスチナ人。

外部の人間からするとその違いも分からない2つの民族だが、これが結構複雑な問題になっているそう。ヨルダンの宿でパレスチナ人(人種的な意)から聞いた話によると、ヨルダンではヨルダン人が圧倒的な権力を握っているとのこと。パレスチナ人は権利も制限されていて給与も低いとか。何か事件が起きたとき、明らかにヨルダン人に非がある場合でもパレスチナ人に責任を押し付けられるなんてことも日常茶飯事なのだそう。現地の人からすると、顔つきと名前でどちらの人種か見分けるのは容易らしく、パレスチナ人は彼らに近づくのを恐れるため二つの人種の間には見えない壁があるらしい。


アリさんは初めて接したヨルダン人と判明しているヨルダン人だったが、私ら旅行者からはパレスチナ人との違いはほとんどわからない。
現地の事情に触れるあるいはてそうした意識を持ってながめてみたいと考えていはいるものの、実際はなかなか難しい。いつか新たな情報と知識を得たときに、その景色から何かを取り出すことができるよう、とりあえず今は目にしている光景をしっかりと焼付けておきたい。

世界一周ヨルダン旅行8

【ベイルート発 ダマスカス行きバス 車内にはヒズボラのポスターも】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ヨルダン編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! アクセスが増えてきたので世界一周へ変更!
ページを開いたらお片づけ(クリック)もしっかりね!

  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ   banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

165日目
宿泊地 :ハマ / シリア

移動 : ダマスカス → ハマ(2.5h)
【12:00~14:30(バス)】

 

ホスピタリティー(おもてなし)界においては、「アラブを制するものは世界を制する」と言っても過言でないほどアラブ人はどこでも皆押しなべて親切なのですが、ここシリアはまた格別です。


とにかく人が親切です。
地図を見てうろうろしていれば誰か必ずと言っていいほど声をかけてきてくれるし、道を聞いたらセルビスをひろって乗せてくれ、勝手に切符代まで払ってくれちゃうなんてこともありました(ドライバーにお金を払おうとしたらもうもらったからいいと言われ、そこでもう降りてしまったおじさんが払ってくれたことに気付きました)。
また、中東は値段交渉がタフなことでも有名ですが、シリアではぼられることがほとんどありません。物価の安い国でここまで現地の人と同じ価格で買い物ができるのは初めてのような気がするなぁ。

マイ世界一周ランキングでは、フレンドリーさではチュニジアに軍配があがるものの、親切さではシリアがダントツでナンバーワンです。


それは日本人はアジア人だけでなく、ヨーロッパからの旅行者に対しても同じのようです。


「お茶飲んできなよ!」
と誘ってくれたお土産物屋のおじさんやお兄さんらとコーヒーを飲みながら一時間ほど話をしていたのですが、そのときにこのことについても聞いてみました。
なぜそんなに旅行者に親切なのかと。

すると、

「遠くからわざわざきてくれるなんて嬉しいじゃないの。それは当たり前のことだよ。」
「シリアでは小さな頃からお客さんをしっかりもてなすように教えらるんだよ。」


なんて答えが返ってきました。ははあ、見習いたいものです。


ところでビジネス界では日本のおもてなしの心は素晴らしいなんてことがよく言われていますが、ビジネス抜きにしたらどうでしょうか。
現代の日本人が、外部の人をもてなすことをそんなに得意としているイメージはないのですけどどうですかね。と言うよりも、その余裕がないように感じるのかな。

多くのものを失いすぎないうちに、もう少し個々の人生を大切にするという考えを社会が持ってくれるようになるといいのになぁ。
そのあたり日本はとても遅れているように感じてならないです。

 

世界一周シリア旅行10

【ハマの水車 大きいものは直径が20mもあります】

 

世界一周シリア旅行11

【夜はライトアップ!】



水車は一年中まわっていると聞いていたのですが、言ってみると水車はどれも止まっており、それどころか水の行き止まった川は悪臭を放っていました。ガッカリ。
 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

164日目
宿泊地 :ダマスカス / シリア

移動 : なし

 

ここダマスカスは世界最古の都市の一つといわれています。
今日はダマスカスの旧市街を散歩!!

世界一周シリア旅行4

【大混雑のスーク・ハミディーエ なんかディズニーランドっぽくありません?】

世界一周シリア旅行5

【人形のお店】

世界一周シリア旅行6

【ウマイヤドモスク前 教会を改築してつくられたモスクで岩のドームに次ぐ第4の聖地とされているらしいです。】

世界一周シリア旅行7

【新聞 トップはやはりガザ】


お昼はドミトリーで同室だったスウェーデン人エマニュエルと、地元の人で賑わっている食堂へ。彼はベジタリアンだそうなので、彼に合わせ肉をつかっていない料理を探し、ホンモスを注文!

世界一周シリア旅行8

【右がホンモス 豆をすりつぶしレモンやスパイスを加えたもの】


このホンモスはアラブの料理。実はイスラエルのエリコ(パレスチナ自治区)でパレスチナ人の宿に泊まったときにも食べたことがあります。そのときのイメージがあったので、まさかこんなきれいな料理が出てくるとは思いいませんでした。


ちなみにこれが宿でもらったホンモス。

世界一周シリア旅行9

【かぱっとふたを開けてちょっとビックリ!】



これは昼食も夕飯もを食べられなかったということを聞いたエリコの宿の人が気を遣って出してくれたものです。お腹が空いていたので、一緒にイスラエルをまわったFUTOME氏と二人で大事に食べました。見た目はこんなでしたが、お腹は空いていたし、なによりその優しさが嬉しくてとてもおいしく感じました。パレスチナ人も他のアラブ人と同様にとても温かく優しい人たちでした。


ところでエマニュエル(まだ学生)になぜベジタリアンになったのか聞いたところ、彼はこう答えました。


「理由は二つ。まず一つ、家畜の飼育に多くの飼料が必要となるから地球のエネルギー循環の効率が悪くなる。もう一つ、動物を傷つけたくない。これらのために肉を食べないことは、僕にとってそんなにつらいことじゃないよ。」


感心するなぁ。
旅先で会うヨーロピアンは、何かしら自分なりの考えを持っている人が多いような気がするなぁ。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

163日目
宿泊地 :ダマスカス / シリア

移動 : アンマン → ラムサ(1.2h) → ダラー(1.2h) → ダマスカス(1.5h)
【14:30~15:40,15:40~16:50,17:15~18:45】

 

今日でまたFUTOME氏とお別れ。彼はエジプトに、私はシリア・レバノンに向かいます。
またアフリカで会いましょう!

世界一周シリア旅行1

【ストーブで暖をとるFUTOME氏 またアフリカあたりで会いましょう!】


さてそのシリアなのですが、入国にはビザが必要です。空港やシリア国境では原則としてビザの発給は行っておらず、現在はアンマンやカイロの大使館でも取得することができなくなっているそうです。困った・・・という状況に陥りそうなところですが、実はビザがなくともヨルダンからシリアへ入ることは簡単だといわれています。

既述のように国境では【原則的には】ビザ発給しないものの、【一般的には】国境で希望者にはビザを発給してくれるようです。
ただしこの場合、国境で時間をとられることが多いようで、その間に乗っていたバスやセルビスに置いて行かれてしまうことがままあるそうです。それはよろしくない。


なので、アンマン発ダマスカス(シリアの首都)行きの直行便を使わず、ヨルダン側(ラムサ)とシリア側国境(ダラー)でそれぞれバス・セルビスを乗り換える作戦をとることにしました。これなら万が一おいていかれても交通費をあまり無駄にせずにすむしね。ちなみにこれ、サーメルのアドバイスです。ありがとう!


混んでいるという話も聞いていたのですがこの日は人もまばらで、ビザもスムーズ(たぶん20分くらい)に取得することができました。2週間滞在可能のツーリストビザで、料金は$20でした。聞いていたよりも安かった。

世界一周シリア旅行2

【ダラーのバスターミナルにあったいかしたオブジェ(大理石でつくった車)。 とんでもないセンスを感じるぜ!これを見てシリアの旅が楽しみになりました!】

世界一周シリア旅行3

【ダマスカスまでセルビスで移動】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー

-----------------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析