世界一周!で漏らしてみるでタグ「ハマ」が付けられているもの

170日目
宿泊地 :アレッポ / シリア

移動 : ハマ → アレッポ(1.5h)
【13:00~14:30(バス)】

 

宿の設備もよく、バスターミナルへのアクセスも良かったことから、シリア中部の観光の拠点にしていたハマ。5日間滞在したこの街をはなれ、北部のアレッポへ移動。



ハマを出たのが遅い時刻だったため、アレッポに到着したのはもう外が暗くなり始めている頃だった。ここ数日、ひたすらと日帰りで観光を続けていたためか、体よりも頭の中が消化しきれずにいる情報で重くなっているように感じる。
今日は荷物を置いて寝れる場所を見つけられたらそれで終わりでいいやな。そう考えながら安宿の集まる区画へと向かう途中、広場で妙なテントを見つけた。

世界一周シリア旅行36

【何かの政治組織が催しているイベントのよう】


貼られたポスター等から、どうやらガザ空爆を非難する趣旨のものらしいということがわかった。イスラエルを訪問後、高まっていたイスラム系の政治組織への関心がここでま刺激され、疲れから思考を拒否していた頭も急に冴えてきた。

時間も時間だったため閉められてしまってはかなわない。宿は最初に見つけた安宿に決め、そこに荷物を置きすぐにまた広場へと戻る。



イスラム政党とパレスチナ、この2つの言葉が同時に現われると、われわれ日本人は反射的に何かきな臭いものを感じてしまう。テントの前まできたものの、異教徒でありアメリカ寄りとされる日本人である自分を省みて中に入るのに少し躊躇していた。

しかし、見ていると仕事帰りの会社員や通りすがりの子供たちまでもが気軽に出入りしているのがわかる。
日本ではテロ組織といったイメージが強いハマスやヒズボラなどのイスラム教政治組織だが、教育や医療、福祉に関する活動にも熱心で、地元では特に低所得層を中心に強い支持を集めているとの話も聞く。地元に根ざし、そして外に向かって自分たちの権利を力強く主張してくれるこれら政治組織の存在は、中東においては違和感なく国や町に同化しているようにも見える。

なんのことはない、これも日常よく目にする種のイベントなのかもしれない。とりあえず入るだけなら何かを咎められることもないだろう、そう思い直し、何かをしきりに訴えかけるアラビア語の野太い声のアナウンスが流れる中へと足を踏み入れてみた。

世界一周シリア旅行37

【テントの中】

世界一周シリア旅行38

【ガザの空爆被害を伝える写真 1】

世界一周シリア旅行39

【ガザの空爆被害を伝える写真 2】

世界一周シリア旅行40

【アラブ系の国では、ニュースや新聞でもこうした映像を目にする】

世界一周シリア旅行41

【ポスター 街中にも貼られている】



テントは入口から出口まで10mもない小さなもので、その壁にはガザ空爆により死傷したパレスチナ人の写真や、イスラム教の政治組織のポスターなどが展示されていた。
中のデスクに座っていた青年が友好的だったので少し話をしてみた。

彼らはパレスチナからきたパレスチナ人で、週に何度かこうした展示場を出しているらしい。英語があまり通じなかったためあまり情報を引き出すことができなかったのだが、ジハード団(エジプトの組織と同一のものかは不明)などと関連を持ったパレスチナの政治組織で、パレスチナ解放への協力を訴えているとのこと。
彼らの掲げるるパレスチナ解放というのは、自治区からのイスラエル撤退でなく、パレスチナ(現在のイスラエルおよびパレスチナ自治区)全土をアラブの手に戻すことを意味する。


イスラエルで分離壁を見たとき、イスラエルの推し進める強硬な政策に嫌なものを感じたが、ここでも似たような感覚を覚えた。現状を踏まえた場合、それを最終目標でなく士気を高めるためのわかりやすいスローガンというレベルまで落として解釈しても、こうした全土の奪還を目指す活動にもやはり賛同しかねる。


引けばそこに付け込まれ押し込まれる、そうした緊張した対立関係が見えるとともに、その彼らの声の出所が決して表面的なものでなく、実に深いところにもありそうだということも感じられた。

こうした政党が国内でどのように存在しているかもう少しでも見てみたい。少し迷っていたが、レバノンにも行くことを決めた。


世界一周シリア旅行42

【売られていたキーホルダー イスラエル全土がパレスチナの国旗になっている】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

169日目
宿泊地 :ハマ / シリア

移動 : ハマ → パルミラ(3h) → ホムス(2.5h) → ハマ(0.5h)
【6:45~9:45(バス),17:00~18:30(セルビス),19:00~19:30(バス)】

 

ハマからパルミラへ、片道約3時間。


全く知らない他人が運転するバスに乗っているものの、目的地は決まっているため安心感はある。
しかしこれがもし行き先のわからないものであるならば、周りにいくら多くの乗客がいようと、すぐにバスを降りていることと思う。
現在地を知りたい、そして行き先を自分で決めて進んで行きたい、これは当たり前のことではないだろうか。
いや、そうした欲求よりもまず先におそわれる恐怖感からそうするはずである。自分の知らぬ間に知らぬ場所へと連れて行かれる恐怖は耐え難く、それから逃れるためにバスを降りるはずだ。


信号もない砂漠のような景色をながめながらそんなことを考えていると、日本でよく言われる「人生のレールに乗ってしまう安心感」といったものが理解できなくなってくる。


日本の社会が用意する列車は非常に混みあっている。速度も速い。車窓から景色を楽しむ間さえ与えてくれないようにも思う。
乗るときはいいだろう、おそらく現在地を把握しているはずだ。しかしいったん乗ってしまえば走り出した超特急から降りることは実に難しいこととなる。どこにいるかわからなくなる上に、車内に詰め込まれた人間はみな一様に似た思想を持ち、似た理想を追うようになる。金銭と地位以外の車内サービスがないこの列車は、そうなることを強いているようにさえ感じる。


現在地がわからない、進んでいる方向ももはや自分で決めたものではなくなっている気がする。
いったいその列車の行き先はどこなのだろうか。


私にはその列車が「後悔行き」であるように思えてならない。



列車に乗ったのは、いつだったのだろう。まだ幼いときだっただろうか、大学入学時だろうか、社会人になったときだろうか。いずれにしても、まだ若かったことは間違いないはずだ。
そのときから価値観は変わっていないのか?そんなはずはないだろう。

そんなものは容易に変わっていくし、根幹は変えずに発展させたとしても、進む方向が180°変わってしまってもおかしくないものだ。
だったらそのときに乗換えが必要ではないか。
列車がないなら他の乗り物でもいい。それもなければ歩いたっていい。
頭と体に負担はかかるだろう。しかし、地面を感じながら自分で定めた方角へ進んでいるときには、これが人生の醍醐味かと思うほどの充実感を得られるはずである。


日本では列車を降りるのは難しい。
けれど、飛び降りたところには必ずと言っていいほどセーフティーネットが張られている。


早ければ早いほうがいいと思う。
不満や不安を感じるのであれば、まずは外を見てみてほしい。
もしそこから別方向に光が見えるのであれば、すぐにでも飛び降りるべきだと思う。
もしそこから何も見えなければ、ひとまず降りて考えてみてはどうだろうか。
仮に何も見つからなくとも、すぐ横には降りた列車が走り続けているのだから、戻るのは簡単ではないか。


人生にたしかな意義などなく、たいした意味もないかもしれない。しかし曖昧な分だけ、多くの可能性が溢れているようにも思う。

世界一周シリア旅行32

【パルミラ 1】

世界一周シリア旅行33

【パルミラ 2】

世界一周シリア旅行34

【パルミラ 3】

世界一周シリア旅行35

【パルミラで出会った子供たち シリアでは小さな子が働いている姿をよく目にする。】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

168日目
宿泊地 :ハマ / シリア

移動 : なし

 

早起きしてパルミラへ!!

の予定だったのですが、体が重い。5時半に鳴った目覚ましを止め、また布団へ逆戻り。
タイトな旅程組んでせかせか移動していたからか、ちょいと疲れてしまったようです。なので今日は1日だけつくっておいた予備日を使い、一日中ゆっくりすることに。


高校を卒業したあたりから顕著になってきたのですが、私は自分の時間を異様なほど大切にしてしまいます。
以前読んだ夏目漱石の「道草」の中にそうした人物が登場し、その特徴が「守銭奴のそれのよう・・」という表現で描写されていたのですが、まさにそんな感じです。たいていいつも、時間時間!と何か焦ったような意識が頭のどこかにあります。
時間に追われているわけではないのですが、とりあえず使うあてがなくとも、それを囲っておかないと落ち着かないんですよね。確保したらそこにいろいろ詰め込んじゃうから、結局は忙しくなっちゃうのだけど。


と言うわけで、こうして自由で気ままな旅をしている今は時間を囲い放題なので、そこに詰めまくって逆に忙しくなってしまうというアホな事態に陥ってしまいます。

ようはただ欲張りなだけなのだけど。



最近それを反省しています。
やっぱり気持ちがせかせかしていると、感性が開かれないんですよね。もう出発してから半年ほど経ったので、慣れて刺激を感じにくくなってしまったというのも関係しているとは思うのですが、ちょっとまずいなと思っています。

淡々と作業ばかりしている気がしてしまって。


長旅している人は夜の時間を何につかっているんだろう。
聞いてみたいな。

世界一周シリア旅行30

【ハマロール もちもちしたハマの銘菓 味はまあまあ。一度食べたらもういいやってくらい】

世界一周シリア旅行31

【毎日欠かさず食べているパン 中にはくるみがどっさり、外には甘い蜂蜜がたっぷり。これで一個30円だからたまりません。シリアではくるみの実が売られているのをよく見かけます。】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

167日目
宿泊地 :ハマ / シリア

移動 : ハマ → ホムス(0.6h) → クラック・デ・シュバリエ(0.7h) → ホムス(0.7h) → ハマ(0.6h)
【10:00~10:45,11:15~12:05,14:00~14:50(ここまでは全てセルビス),15:30~16:05(バス)】

 

「クラック・デ・シュバリエはどうだった?」
「そうかい。そころでどこから来たの?韓国?」
「一人で旅行してるの?」
「結婚してるの?子供は?」
「彼女はいるの?」
「で、彼氏は?なんてね(笑) 僕は冗談が好きでね。
「語学はヨーロッパで学んだんだ。フランスの学校にいたことがあってね。」
「そこにはゲイがたくさんいたよ。僕も男が大好き。なんてね(笑)」
「で、君は男好きかい?」
「ははは、冗談さ。なんせ僕は冗談が好きでね(笑)
「バスが来るまで時間があるし、良いものを見せてあげるよ。」
「いやいや、そんなに時間はとらないからさ。ちょっと見に行くだけさ。お城の中にとってもきれいな通りがあるんだ。」
「そこは関係者しか入れない場所なんだよ。ささ、ついておいでよ。」
「大丈夫だって、すぐだから。」
「行こうよ!さあ!早く!!」
「・・・・」
「・・・・」
「そうか、気をつけて帰るんだよ。」
「なんだかすまなかったね。忘れてくれよ。どうも僕は冗談が好きでね。



と、お互いにとって冗談じゃない誘いを受けました。
なんか最近多いんだけど、ガードがあまいのかしら。

 

世界一周シリア旅行23

【クラック・デ・シュバリエ】

 

世界一周シリア旅行24
【芝もきれい】

 

世界一周シリア旅行25

【白い壁がきれい】

 

世界一周シリア旅行26

【この日は風が強烈でした!あまりに風が強く、一番奥の石までは辿り着けませんでした】

 

世界一周シリア旅行27

【中庭 ラピュタのモデルはここだ!とか言われています。】

 

世界一周シリア旅行28

【城内へ】

 

世界一周シリア旅行29

【中もきれいに残っていてビックリします。】

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

166日目
宿泊地 :ハマ / シリア

移動 : ハマ → スッケルビーア(0.7h) → アパメア → スッケルビーア → ハマ(0.7h)
【10:40~11:30(行きのセルビス),14:50~15:40(帰りのセルビス)】

 

シリアにはきれいな遺跡が多い!

今日は世界で最も美しい列柱通りを持つと言われているアパメアを見に行ってきました。ローシーズンだからか観光客は少なく、私のほかに来ていたのは足早に駆け抜けていった現地の団体1つのみ。暖かい日で外にいるだけで気持ちが良かったので、ゆっくり時間をかけ遺跡全体を見て回りました。

世界一周シリア旅行12

【スッケルビーアのバスターミナル ここからセルビスで移動】



博物館の脇で降り、そこから1~2km坂道を上ったところに遺跡があります。
シリアは子供もフレンドリー。ハローハローといろんなところから声をかけられます。

世界一周シリア旅行13

【写真撮って!と寄ってくる子供たち。 すまん、一人間に合ってなかった!】

世界一周シリア旅行14

【アパメア】

世界一周シリア旅行15

【子羊】

世界一周シリア旅行16

【捕えられた子羊】

世界一周シリア旅行17

【列柱通りは全長1850m】

世界一周シリア旅行18

【斜めに溝の入った柱はここ独特のものだそうです。】

世界一周シリア旅行19

【柱ばかりだけどけっこう楽しめます。】

世界一周シリア旅行20

【用水路】



遺跡を満喫していると、突如柱の陰から老人が現われました。

「ようこそアパメアへ!日本人かい?ちょっとこっちへおいでなさい。」


こんなところでもシリアのおもてなしパワーは発揮されるのか!とりあえず時間にも余裕があったので隣にお邪魔することに。
アラブの世界では挨拶をするときに、男性同士であっても「チュ!チュ!」と口で音をたてて頬を交互にあてるのですが、おじいさんが片方を突き出してきたので、これには応えねば失礼にあたるのでは!と思ってしまい、私も逆側の頬をそこにあてました。

うむ、なんとかうまくできたぞ、と思いながら離れようとすると、その老人はまだだ!という顔をし、私に頬を出すように要求してきました。
なんて礼儀正しい人なんだ。これはこれは失礼致した。


言われるがまま頬を出すと、そこに。


「むちゅぱあぁ。ぷちょ。」

と強烈にキスをされました。しかもすごく豊潤なの。ほっぺに風が当たってがひんやりするくらい。
ちょっと気持ち悪かったんだな、これが。


同じようにするように言われたけど、

「日本ではやらないので。」

とか適当なことを言って立ち去ろうとしました。
すると老人は、最後に写真を撮ろうと言ってきたので、まあそれならと思い得意のセルフタイマーを使って撮影準備!
ぽちっとボタンを押してシャッターが切られるのをまっていると・・・


「むちょむちょめちょ!」

世界一周シリア旅行21

【マジで勘弁してください。危うく唇を奪われるところでした。】


逃げるようにしてその場から立ち去りました。あの挨拶はこれから禁止しよう・・。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

165日目
宿泊地 :ハマ / シリア

移動 : ダマスカス → ハマ(2.5h)
【12:00~14:30(バス)】

 

ホスピタリティー(おもてなし)界においては、「アラブを制するものは世界を制する」と言っても過言でないほどアラブ人はどこでも皆押しなべて親切なのですが、ここシリアはまた格別です。


とにかく人が親切です。
地図を見てうろうろしていれば誰か必ずと言っていいほど声をかけてきてくれるし、道を聞いたらセルビスをひろって乗せてくれ、勝手に切符代まで払ってくれちゃうなんてこともありました(ドライバーにお金を払おうとしたらもうもらったからいいと言われ、そこでもう降りてしまったおじさんが払ってくれたことに気付きました)。
また、中東は値段交渉がタフなことでも有名ですが、シリアではぼられることがほとんどありません。物価の安い国でここまで現地の人と同じ価格で買い物ができるのは初めてのような気がするなぁ。

マイ世界一周ランキングでは、フレンドリーさではチュニジアに軍配があがるものの、親切さではシリアがダントツでナンバーワンです。


それは日本人はアジア人だけでなく、ヨーロッパからの旅行者に対しても同じのようです。


「お茶飲んできなよ!」
と誘ってくれたお土産物屋のおじさんやお兄さんらとコーヒーを飲みながら一時間ほど話をしていたのですが、そのときにこのことについても聞いてみました。
なぜそんなに旅行者に親切なのかと。

すると、

「遠くからわざわざきてくれるなんて嬉しいじゃないの。それは当たり前のことだよ。」
「シリアでは小さな頃からお客さんをしっかりもてなすように教えらるんだよ。」


なんて答えが返ってきました。ははあ、見習いたいものです。


ところでビジネス界では日本のおもてなしの心は素晴らしいなんてことがよく言われていますが、ビジネス抜きにしたらどうでしょうか。
現代の日本人が、外部の人をもてなすことをそんなに得意としているイメージはないのですけどどうですかね。と言うよりも、その余裕がないように感じるのかな。

多くのものを失いすぎないうちに、もう少し個々の人生を大切にするという考えを社会が持ってくれるようになるといいのになぁ。
そのあたり日本はとても遅れているように感じてならないです。

 

世界一周シリア旅行10

【ハマの水車 大きいものは直径が20mもあります】

 

世界一周シリア旅行11

【夜はライトアップ!】



水車は一年中まわっていると聞いていたのですが、言ってみると水車はどれも止まっており、それどころか水の行き止まった川は悪臭を放っていました。ガッカリ。
 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(シリア編)
世界一周の写真はこちら!(中東編)

ランキングに参加中! おかげさまで1位に!
上司にもクリックさせてみようか!!

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ    banner_21.gif

一日に一回クリックしていただけると助かっちゃいます!

リンクフリーですので、ペタペタ貼り付けちゃってください!

バナー
-----------------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析