世界一周!で漏らしてみるでタグ「ブダペスト」が付けられているもの

ブダペスト 1 / Budapest 1

ブダペスト 2 / Budapest 2

 

 

No.1

世界一周・ハンガリー旅行_1.jpg
■ゲッレールトの丘から 小高い丘にはどうしても登りたくなってしまうんだよなぁ。ちなみにこの丘はなかなかハードです。

 

No.2

世界一周・ハンガリー旅行_2.jpg
■えいやー

 

No.3

世界一周・ハンガリー旅行_3.jpg
■おしりの割れ目にガムをつけると願いが叶うとかそういうのがあるんですかね。かわいそうに。

 

No.4

世界一周・ハンガリー旅行_4.jpg
■おおっ、良い感じになってきたよ!

 

No.5

世界一周・ハンガリー旅行_5.jpg
■ブダペストには信号が少なく皆とばしているけど、横断歩道をわたろうとするとほとんどの人がピタッと止まってくれます。

 

No.6

世界一周・ハンガリー旅行_6.jpg
■夜の国立オペラ劇場

 

No.7

世界一周・ハンガリー旅行_7.jpg
■昼と夜の間のこの時間帯の色がきれいだよね。

 

No.8

世界一周・ハンガリー旅行_8.jpg
■夜景を楽しみながらいざキラーイ温泉へ!

 

No.9

世界一周・ハンガリー旅行_9.jpg
■うほっ

 

No.10

世界一周・ハンガリー旅行_10.jpg
■温泉に阿部高和さんみたいな人がいたらどうしよう。

 

No.11

世界一周・ハンガリー旅行_11.jpg
のんけでも構わずに喰われちゃったらどうしよう。

 

No.12

世界一周・ハンガリー旅行_12.jpg
■宿で出会ったOさんと若干ビクビクしながら温泉に向かいました。

 

No.13

世界一周・ハンガリー旅行_13.jpg
■ブダペストの夜景は素晴らしい!!

 

No.14

世界一周・ハンガリー旅行_14.jpg

■キラーイ温泉は最もゲイの多い温泉としても知られています。

 

No.15

世界一周・ハンガリー旅行_15.jpg
■入り口はちょっとわかりづらいです。それにしても数世紀前の温泉が今も使えるってすごいよね。中世の気分を味わうことができます。

 

No.16

世界一周・ハンガリー旅行_16.jpg
■事前に仕入れた情報によると、男性の日は芸の社交場としての一面もあるそうで、その男性の日は女性の人半々だったのですが・・・増えてる。需要が大きかったのでしょうかね・・。

 

No.17

世界一周・ハンガリー旅行_17.jpg
■今日も大人気で満員だったようで、入場まで15分ほど待たされました。ちなみに受付も清掃のスタッフも、みなさんそっち系の方でした。この着替えのロッカーで、衣服を脱ぎ「ふんどし」をはきます。

 

No.18

世界一周・ハンガリー旅行_18.jpg
■温泉でさっぱり。夜景を見ながら帰ります。カップルになった人たちには最高のデートコースだね。

 

No.19

世界一周・ハンガリー旅行_19.jpg
■それにしてもこのくさり橋はきれいですよね。

 

No.20

世界一周・ハンガリー旅行_20.jpg
■彼岸にあるホテルがお化け屋敷のようです。

 

No.21

世界一周・ハンガリー旅行_21.jpg
■24時間頑張っちゃいますか?お客さん来ますかね??

 

No.22

世界一周・ハンガリー旅行_22
■風呂上りにはビールがおいしい!!でも左端のビールは最悪でした。

 

No.23

世界一周・ハンガリー旅行_23.jpg
■2Lボトルビアー。Oさんと一緒にひたすら飲む!翌朝は少し頭痛が・・。

 

No.24

世界一周・ハンガリー旅行_24.jpg
■恐怖の館 ドイツと旧ソが収容所としてつかっていた施設を改築してつくった博物館です。

 

No.25

世界一周・ハンガリー旅行_25.jpg
■建物の外壁にはここで亡くなった方たちの肖像が並んでいます。

 

No.26

世界一周・ハンガリー旅行_26.jpg
■左がナチ、右が旧ソのマーク 中ではこのマークをあしらったお土産が売られています。これにはビックリ。

 

No.27

世界一周・ハンガリー旅行_27.jpg
■ヴァザレリ美術館 今はもう人気がないようで、写真撮影もOKでした。

 

No.28

世界一周・ハンガリー旅行_28.jpg
■80年代にブレークした芸術家だそうです。日本でも展覧会があったんですね。まだ生まれてないや。

 

No.29

世界一周・ハンガリー旅行_29.jpg
■クレーの抽象画が好きなのでそういうのを期待していたのだけど、あまり好きになれませんでした。

 

No.30

世界一周・ハンガリー旅行_30.jpg
■幾何学模様のような絵が多いのですが、今ではコンピューターグラフィックでこういったもの目にする機会が多いので新鮮味に欠けます。

 

No.31

世界一周・ハンガリー旅行_31.jpg
■これはLENARD ANNAという方の作品 個人的に写真(カメラ)の芸術性を認めることができていないのですが、こうした撮り手の作為が入ったものにはそれを感じます。

 

No.32

世界一周・ハンガリー旅行_32.jpg
■検札が頻繁に行われているブダペストの地下鉄

 

No.33

世界一周・ハンガリー旅行_33.jpg
■自分で印字しないといけません。新しい切符持っていても印字されていなければ問答無用でアウトです。

 

No.34

世界一周・ハンガリー旅行_34.jpg

■地下鉄のエスカレーター ここではスリがおおいらしいです。混んでる時に盗って進んでいるのとは逆側に逃げるとか。

 

No.35

世界一周・ハンガリー旅行_35.jpg
■Orange Waysのバスはつかえます。webで予約したりバスターミナルでなくこんな風な普通の道路から発車したりとちょっと変わっていますが、安いうえにサービスも充実しています。若い会社のようですが頑張ってもらいたいですね。

 

ブダペスト 1 / Budapest 1

ブダペスト 2 / Budapest 2

 

 

No.1

世界一周・ブダペスト旅行_1.jpg
■スロバキアからハンガリーへ。 これはブダペストの西駅。

 

No.2

世界一周・ブダペスト旅行_2.jpg
■夜遅くについたのでウウウ半を食べずにそのまま寝ようかと思っていると、宿(アンダンテ)のスタッフさんがおにぎりを作って持ってきてくれました。余ったご飯でつくったものだからサービスですって。なんて優しいんだろう。本当においしかった。

 

No.3

世界一周・ブダペスト旅行_3.jpg
■国立オペラ劇場 予定が合わずにオペラ鑑賞は断念しました。またどこかでチャンスあるよね、きっと。

 

No.4

世界一周・ブダペスト旅行_4.jpg
■ブダペストの街は落書きを抜きにしたらめちゃくちゃきれいです。

 

No.5

世界一周・ブダペスト旅行_5.jpg
■公園 おおっ、クライミングできちゃうね!

 

No.6

世界一周・ブダペスト旅行_6.jpg
■川沿いを走るトラム

 

No.7

世界一周・ブダペスト旅行_7.jpg
■昔は川をはさんでブダ川とペスト側に分かれていてそうです。ブダペストという名前はそれを合わせたものなんですね。

 

No.8

世界一周・ブダペスト旅行_8.jpg
■くさり橋 ちなみにこの川もドナウ川です。

 

No.9

世界一周・ブダペスト旅行_9.jpg
■このライオンがいいんだわ。

 

No.10

世界一周・ブダペスト旅行_10.jpg
■見て、このいかつい顔。たまらないね!

 

No.11

世界一周・ブダペスト旅行_11.jpg
■中央の門についている装飾のライオン。これはやりすぎじゃないかね?目がおかしなほう向いちゃってるよ?

 

No.12

世界一周・ブダペスト旅行_12.jpg
■国会議事堂 ブダペストで一番気に入った建物です。とんがりが良いんだよね。

 

No.13

世界一周・ブダペスト旅行_13.jpg
■何かしらきれいなんだよね、建物が。

 

No.14

世界一周・ブダペスト旅行_14.jpg

■歩きつかれたのでお菓子と水を購入。ポテトチップスはパプリカ味。パプリカは辛いものとそうでないものがあるそうです。

 

No.15

世界一周・ブダペスト旅行_15.jpg
■パプリカはハンガリー料理に欠かせないものだそうです。これは辛そう。

 

No.16

世界一周・ブダペスト旅行_16.jpg
■漁夫の砦を目指し坂を上ります。ケーブルカーなんて使わないよ!

 

No.17

世界一周・ブダペスト旅行_17.jpg
■白いとんがり帽子がかわいいのよね。

 

No.18

世界一周・ブダペスト旅行_18.jpg
■ここからの眺めもまたなかなか良いのです。

 

No.19

世界一周・ブダペスト旅行_19.jpg
■むっとした装飾のライオン。カエルみたいだよ、君。

 

No.20

世界一周・ブダペスト旅行_20.jpg
■鬼?日本っぽいんだけど。

 

No.21

世界一周・ブダペスト旅行_21.jpg
■王宮 遠くから見たほうがきれいだね。中には博物館もあります。

 

No.22

世界一周・ブダペスト旅行_22
■建物が密集しているなぁ。人口密度高いのかな?

 

No.23

世界一周・ブダペスト旅行_23.jpg
■王宮の近く 発掘中でしょうか。

 

No.24

世界一周・ブダペスト旅行_24.jpg
■ブダペストでは一日4時間くらい歩きました。飽きないんですよね。長居してしまいたくなる街です。

 

No.25

世界一周・ブダペスト旅行_25.jpg
■ルダシュ温泉 ブダペストではこの看板にあるような歴史ある温泉に入ることができます。

 

No.26

世界一周・ブダペスト旅行_26.jpg
■この日は天気が良く街がよりきれいに見えました。この時期はなかなか晴れないんですよね。

 

No.27

世界一周・ブダペスト旅行_27.jpg
■これって本当に使うのかな。

 

No.28

世界一周・ブダペスト旅行_28.jpg
■いやー、空の青と芝の緑がきれいだね。

 

No.29

世界一周・ブダペスト旅行_29.jpg
■信号灯もどっしりしていてかっこいい!

 

No.30

世界一周・ブダペスト旅行_30.jpg
■おじいちゃん、そんな挑発しちゃだめだって!

 

No.31

世界一周・ブダペスト旅行_31.jpg
■人形劇場 観てみようかと思ったのですが、子供たちばかりなのでやめました。プラハで観ておけばよかったかな。

 

No.32

世界一周・ブダペスト旅行_32.jpg
■ポスト

 

No.33

世界一周・ブダペスト旅行_33.jpg
■中欧・東欧のポストはいたずらされているものが多いです。きれいなもののほうが圧倒的に少ないです。

 

No.34

世界一周・ブダペスト旅行_34.jpg

■日が沈んできたので夜景を見るべくまた川へ向かわねば!

 

No.35

世界一周・ブダペスト旅行_35.jpg
■国会議事堂 この建物本当に大好き。ネオ・ゴシック様式だそうです。

 

No.36

世界一周・ブダペスト旅行_36.jpg
■ブダペストはきれい。歩いていて楽しかった街ベスト3に入ります。あとはヘルシンキとプラハ。

 

No.37

世界一周・ブダペスト旅行_37.jpg
■おっちゃん疲れちゃったよ・・。

 

No.38

世界一周・ブダペスト旅行_38.jpg
■列車に乗ってヴァザレリ美術館へ

 

No.39

世界一周・ブダペスト旅行_39.jpg
■ここのカラスかっこよくない?

 

102日目
宿泊地 :バイア・マーレ / ルーマニア
移動 :ブダペスト → クルージ・ナポカ(8h) → バイア・マーレ(3h)
【前日23:15~8:30※時差1h,9:30~12:30】

 

東欧1ヵ国目、ルーマニアへ入国!
バスはOrange Waysという去年できたばかりのハンガリーのバス会社のものを利用。料金はチェコのStudent Agency並に安いです。サービスも映画、ドリンクなど、充実しています。おもしろいのは予約のシステムと発着場所。予約は全てオンラインのクレジット払い。発着所も主要なバスターミナルからは外れたところか、そこに近い道路になっているようです。少し分かりづらい場所にあったりしますが、最寄の駅構内には案内のシールが貼りまくってあったりするので、迷うことは少ないかと思います。利用料を払わなくてすむんですかね。チケットをターミナルで売る必要もないし、とても効率的なやり方だと思います。サービスも良いし、文句なしです。航空だけでなく、バスでもこういった会社が増えているんですね。


さて移動後ですが、クルージ・ナポカのバスターミナルに無事到着したのはいいのだけど・・、めちゃくちゃ寒い!こりゃたまらんと思い、防寒用のナイロンパンツを重ね履き。寒さに加えてもう一つ驚いたのが野良犬。ルーマニアには野良犬が多いという話には聞いていたのですが、実際に目の当たりにすると狂犬病の予防接種を打っていないため結構びびります。だってでかいんだもんね、こいつら。大きさはハスキー犬よりちょっとだけ小さくなったくらいでしょうか。けっこう大きいです。それが何匹もバスターミナル内を徘徊しています。

世界一周ルーマニア旅行

【私を出迎えにやってきた忠実な犬たち】


クルージ・ナポカは経由だけでいいやと考えていたので、そのまますぐにバイア・マーレへ移動。到着後、野良犬におびえていたのはクルージ・ナポカと一緒でしたが、ここではまた違った驚きが一つ。駅前(バスターミナルのすぐ横)で昼間から少年たちがシンナー吸って歩き回っているではありませんか。最初は変わった子が袋に空気を吐いて遊んでいるのかと思っていたのですが、複数人が同じことをやっているからね。東欧では多いと聞いてはいましたが、ここまで堂々としているとはね。周りはもう放っておきゃいいよという心境なのでしょうか。ちょっと衝撃を受けます。


最後に追加で一つ。ルーマニア人はラテン系なのですね。知らなかったです。それゆえかどうかは知りませんが、明るくて親切な人は多いように感じます。街は暗くてボロっとしていますが・・。

世界一周ルーマニア旅行

【バイア・マーレの街角】

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ルーマニア編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
さあ、男なら(女でも)押してから考えろ!! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

101日目
宿泊地 :バス車中
移動 :ブダペスト → クルージ・ナポカ(8h)
【23:15~翌日8:30※時差1h】

 

落書きの多いブダペストですが、なんと昨日は宿にスプレーアートを本職にしている日本の方がやってきました。なんでもスプレーで絵を描くために海外をまわっているそうです。書いている最中に捕まり、留置所へ送られたこともあるとか・・。

アートというからには純粋に作品自体で勝負し、それが評価されるようなものであっても良いような気がするのですが、スプレーアートはそうではなく、街の壁や看板など、変わったところ、目立つところによく見られ、またその難易度も評価の対象になっているように思えます。それはそれらの作品から引き離すことのできない特徴なのでしょうか、それともただ場所がないだけなのでしょうか。どちらでもないのならば、それは芸術の分野に属するものではなく、愉快犯的な要素を持ついたずらに近いもののように思えてしまいます。

たしか今年に入ってからだったと思いますが、日本の列車内にスプレーでいたずら書きをした外国人の話、あれはハンガリー人だそうです。そして今は日本で拘留中の彼は、もう既にハンガリーのその業界内では神的な存在にまでなっているそうです。こういう話を聞いていると、作品なんて関係ないじゃんとしか思えなくなるのですが・・。やはり作品自体よりも、それを残す場所の難易度のほうが評価の比重が大きいような気がしてなりません。

中には「すごいなー」と足を止めて見入ってしまうような出来のものがありますが、それ以上に意味不明ななんの芸術の要素も含まないいたずら書き的なものが多く目に付きます。誰に迷惑をかけるわけではなく、もし何かあっても自己で責任を負えるものであれば問題はないのですが、壊れた景観の修復にかかる費用を考えると、どうもその範疇におさまるものではないような気がしてなりません。これまでもそう考えていたのですが、きれいなブダペストの街に溢れるこの種の芸術を目にし、こうした考えがより強くなりました。もちろん、表現の場を公共の場でなく他に求め、そこで実績を残している方もいると思うのですが、質の低いものがあまりにも多いと、スプレーアートの存在自体が軽んじられてしまうので、そういった意味でもぜひともやめて頂きたいなと思いました。

世界一周ハンガリー旅行

【スロヴァキアからハンガリーへの国際列車】

世界一周ハンガリー旅行

【中もこんなことに】

世界一周ハンガリー旅行

【街中もいたずら書きだらけ】



今夜の夜行バスでルーマニアに入ります!

 

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ハンガリー編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
さあ、男なら(女でも)押してから考えろ!! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

100日目
宿泊地 :ブダペスト / ハンガリー
移動 :なし

 

ついに今日で出発後の延べ日数が100日に達しました。早いなぁ。あっという間のように感じます。

それのお祝いというわけではないのですが、今夜も宿でお酒を飲みました。もう毎晩のことなんですけどね。特に昨日まで一緒だったOさんは落ち着いた方でまた話もおもしろく、そしてビール好きときているもので一緒にいるとついつい結構な量のお酒を飲んでしまいます。昨夜はビールだけで2ℓくらい飲みました。安くておいしいものだからつい・・。ヨーロッパに入ってから何度も目にしていたのですが一人ではチャレンジできなかったアレもついに試すことができました。これです。

世界一周ハンガリー旅行

【マスター、ビールボトルで! ビールの1.5ℓボトルです。】


 

世界一周ハンガリー旅行

【男ならいけるとこまでいってやろうぜ! という心意気で。】


初めてこれを見たときは笑いました。どれだけ飲むんだと。開封後はすぐに炭酸が抜けてしまいますが、それに負けないペースで飲み続ければ全く問題ありません。軽いし安いし(これもなんと200円しません)、人と飲むときには良いですよね。このあたりはビールが水やジュースよりも安かったりするのでついついビールに手を伸ばしてしまいます。まあ食費はかなり切り詰めているからこのくらい良いでしょう!ヨーロッパにいる間は毎日飲むぞ!!



お昼に行ったヴァザレリ美術館はかなり微妙でした。幾何学模様のようなアートで有名らしく、80年代前半にブレークしたハンガリーの画家だそうですが、コンピューターグラフィックが身近なものになった今となっては、何のもの珍しさも感じなかったです。クレーが好きなので、同様に線や色彩に美しさを感じる作品を楽しめたらなと思っていたのですが、ちょっと残念な結果に終わってしまいました。美術館もガラガラで、中では写真を撮ることもできます。

 

世界一周ハンガリー旅行

【こんな絵画やオブジェが展示されています。】

 

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ハンガリー編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
さあ、男なら(女でも)押してから考えろ!! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

99日目
宿泊地 :ブダペスト / ハンガリー
移動 :なし

 

ついにやってきました。ブダペスト最大のイベントと位置づけている、キラーイ温泉での入浴です!


ここブダペストには何世紀も前から運営されている歴史ある温泉が数多くあり、毎日地元の人や観光客で賑わっているそうです。中には温泉に入りながらチェスを楽しめるところや、プール付き(これは多い)の温泉なんかもあったりします。

その中でももっとも私の興味をひいたのがキラーイ温泉!他の温泉と同様に男の日、女の日と分かれているのですが、なんと男の日の入浴客の9割がゲイと言うではありませんか。どうやらここはゲイの社交場としての顔も持っているそうです。体を触られたり誘われたりと言うトラブルもあるそうなので、宿で出会った旅好き会計士のOさんと二人で挑むことに。ほら、カップルって言えば逃げられるじゃない。冷やかしではなく社会見学の一端として行ってまいりました。


この日は土曜の夜ということもあってかなんと入場待ち。いちゃつくカップル(W男)の横で待つこと約15分、ようやく中へ入ることができました。入浴料はおよそ1,000円(2100Ft)、現地の物価を考えると決して安くないのですが、中では観光客らしき人をあまり見かけませんでした。
脱衣所へ入る前にまず薄い布のタオルと【ふんどし】をわたされます。日本のふんどしとは少し違い、前掛けだけがついていて後ろは丸出しです。Oさんは宿で借りた水着で浴場へ向かったのですが、「脱いでふんどしを穿きなさい」と戒められ二人そろってふんどし姿に。ちなみにこのふんどし、つわもの達はあえてヒラヒラを後ろに付け、前を丸出しにしています。見定めてくれということなのでしょうかね?


まず電話ボックスほどの大きさのシャワー室へ向かうのですが、初っ端から想像を超える光景が目に飛び込んできました。シャワー室の下に見える足が向かい合って4本あるじゃないですか・・。きっと愛し合っているのでしょうね。気を取り直してしっかりとロックをしたうえでシャワーを浴び、ドーム型の浴場へ向かいました。ここが素晴らしかった!まるで本当に中世にいるかのような気分になれます。ドーム型の天井は高く、内装も重量感のある石でできており、遺跡の真ん中で温泉を楽しんでいるような気になります。いやー、よかった!お湯は若干ぬるめですが、サウナも何種類かありしっかり体を温められます。


この素晴らしい温泉ですが、当初求めていたものも十二分に目にすることができました。社交場の域を超えていますね。円状の浴槽ではカップルが並んで座り、超濃厚なキスを繰り返したり体を触りあったりともうなんでもありな状態でした。円の中心にいくことはパートナー募集中ということを意味するらしいのですが、見ていてそれも納得できました。品定めするには絶好のポジションなんですよね。座っていれば自然と目は円の中心に向かいますし。実際に中心部で声をかけられるのを待っているような人も結構います。Oさんと共に真ん中にも行ってみたのですが(あくまで温泉を堪能するため)、そのときほど周囲の目を怖く感じた瞬間はありませんでした。
サウナでも交渉成立(?)したカップルが共に出て行ったりと、至るところでコミュニケーションがとられています。これを求めていく人には絶好の場だと思います。

楽しみつつもなんだかちょっと気疲れし、2時間ほどでシャワー室へと戻ったのですが、先ほど2人が入っていたシャワーには使い終わったコンドームが・・・。片付けておくれよ。最後のシャワーだし隣に移動しシャワーを浴びサッパリ!帰りにはブダペストの夜景を楽しみ、バーでビールを飲み、ブダペストでの最高の一日が終わりました。(帰った後も飲みまくりましたが)


レズやゲイはオシャレで消費性向も高く、そこをターゲットにしたビジネスも生まれてきていますが、実際にこうやって自分の目で見てみるとそれも大いに納得できます。きれいなんですよね、本当に。ちなみに今回の温泉にはイケメンが多かったです。なので何か神聖な場所にいるかのような錯覚にさえとらわれます。マイノリティーの聖域ってのは何にしてもそういう雰囲気を持っているように思います。

世界一周ハンガリー旅行

【最後はきれいなブダペストの夜景で締めます】

 

世界一周ハンガリー旅行

【夜景のきれいさはプラハ以上だったかな】

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ハンガリー編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
さあ、男なら(女でも)押してから考えろ!! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

98日目
宿泊地 :ブダペスト / ハンガリー
移動 :なし

 

新しい街についてまずすることは、歩き回ること!

今日もブダペスト市内を歩き回ってきました。私は極度の方向音痴(コンパスは常に携帯しています)ですが、半日も歩き回るとだいたい街の概観をつかむことができるように思います。ブダペストはこれまでまわってきた他の旧都と同様に建築物が美しく、街の景観は素晴らしいのですが、小さなところに目を向けると、あら?と思ってしまうことが結構あります。

ゴミの散乱や裏路地の臭い(ごく一部だと思います)など、街路の掃除が行き届いていないというのもあるのですが、それよりも気になってしまうのが落書きの多さです。スロヴァキアでもちょっと気になったのですが、本当に目に入らないことはないんじゃないかと言うくらい、街のいたるところで目にします。公共の乗り物の中にまで及んでいますからねぇ。スプレーアートという言葉があるくらいなのでこれも文化だと言ってしまえばおしまいですが、傍目から見ると汚らしいようにしか感じないのではないかと思いました。これについては11月17日のブログでまた。

世界一周ハンガリー旅行

【くさり橋のライオン】

 

世界一周ハンガリー旅行

【国会議事堂が一番美しかった!ネオゴシック様式らしいですが、ゴシックとの違いがよくわからないです。丸い部分?】


 

世界一周ハンガリー旅行

【街には落書きが多い】



ところでブダペストでは一番安かったということもあり、これまで意識的に避けまくってきた日本人宿に泊まっています。今までの印象があまりにも悪かったために、情報収集がしやすいと分かりつつもなかなか泊まる気になれなかったのですが、ここアンダンテは良い意味でこれまでのイメージを裏切ってくれ、最高に居心地の良い時間を過ごしてしまいました。宿の人は親切で人間的な魅力もありますし、宿泊客も落ち着いていて頼んでもいないのに延々と旅自慢、貧乏自慢をする人や、退廃的な雰囲気を醸し出す沈没者もいなかったです。一緒に過ごしているのがとても楽しく、自分ももっと旅を楽しめなきゃなと、良い刺激をいっぱいもらうことができた気がします。

ちなみにこれまでに居心地が悪く感じた日本人宿の特徴は、【主がいること(沈没者)】、【自慢大会が開催されること(もちろんバックパッカー)】、【沈没者が多いこと(朝晩逆になってひたすらマージャンとかね)】、こんなところです。言葉が理解できてしまうだけに、こういう空間にいるとなんだか疲れてしまいます。


最後にフォアグラについて。初耳だったのですが、ハンガリーはフォアグラの産地として有名らしいです。スーパーでもフォアグラの缶詰なるものが安く手に入ります。今日は宿泊客の一人が中央市場でフォアグラを買い、バターと醤油で炒めたものを皆に振舞ってくれました。これがたまらなくおいしかった!価格ですが、200~300gほどの大きさがありましたがこれで200円程度とのことです。フォアグラ食べまくりたい人はぜひブダペストへ!

 

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ハンガリー編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
さあ、男なら(女でも)押してから考えろ!! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

97日目
宿泊地 :バンスカー・シュティアヴニツァ / スロヴァキア
移動 :バンスカー・シュティアヴニツァ → ブダペスト(9h)
【12:10~12:39,15:12~16:35,16:54~18:00,19:35~20:58】
※Hronska Dubrava,Levice,Sturovo乗り換え

 

今日はバンスカー・シュティアヴニツァ(タイプするの面倒)から、次の目的地であるハンガリーのブダペストへ移動!

ちょっと不便な場所にある町なのでバスも列車も直行便がなく、今回は列車で3回乗換えをしブダペストへ向かうことに。順調にいけば約5時間後には到着する予定だったのですが、最初の乗換えで逆行きの列車に乗ってしまい、急いで飛び降り隣に停まっていたもう一方の列車に乗り込もうとしたものの、ちょうど目の前で出発してしまいました・・。東南アジアだったら飛び乗れそうですが、ここはしっかりとドアが閉まっており、ゆっくりと走り出す列車を見送る羽目になってしまいました。まあしかしどうにかなるでしょうと思い、無人で暗い駅構内の時刻表を調べてみたところ同じような方面へ進む列車があることがわかり一安心。とりあえず2時間ここで待つかと思いベンチに座ったのですが・・・・なんとも寒い。このあたりは標高も高めだしなぁ・・。

世界一周スロバキア旅行
【寒さに花もしんなり】


無になれ!無になり寒さを忘れるんだ!!と思い、じっと縮こまっていたのですが一向に寒さは和らがず。しかしここで足長おじ(い)さんが登場!荷物の大きさと髪の長さになにかひもじさを感じたのか、お昼を食べさせてやるからついてこいと言い、駅に隣接する食堂で温かいご飯をごちそうしてくれました。食べ物が温かいってなんて幸せなんだろう。何度も断ったのですが、話もしたいし気にするなと、どんどん先に行って注文をしてくれたのです。あああ、なんて優しい人なんだろう。このおじいさんはスロヴァキア国内でレストランを5件経営しているちょっとリッチな方でした。別れ際にも「これを持っていきなさい。」と、10コルナ(45円くらい)コインをわたしの手に握らせ、笑顔で去っていきました。ありがたいけれども、そんなに捨て犬的な空気を醸し出していたのかと、自分の風貌が少々心配になりました・・・・。


駅で待っていたときには、構内にたまっていたロマの方々と話をしまいた。なんともたくさんいたのでスロヴァキアはロマの人口比率が高いのかなと思い調べてみましたが、実際は3%にも満たないようでした。中部あたりに多く住んでいるのでしょうか。ちなみにアウシュビッツではユダヤ人だけでなく多くの民族が犠牲になりましたが、その中にはロマも含まれています。マイノリティーなのでなかなか問題が目に触れることがありませんが、スロヴァキアのこのあたりでは今も厳しい生活を送っている方が多いようです。工事現場や街角のホームレスには多くのロマの姿が見られました。

駅で仲良くなったおっさんはとても陽気で、俺はイタリアのローマ出身だぜ!と言って一人で爆笑していましたが・・。会った人はみなフレンドリーでした。


とりあえず無事に19カ国目ハンガリーへ到着!

世界一周スロバキア旅行
【ロマの男の子】

世界一周スロバキア旅行
【スロヴァキアの列車】

 

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(ハンガリー編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)


ランキングに参加中!
一日ワンクリックで救えるホームページ(こいつ)があります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析