世界一周!で漏らしてみるでタグ「ベオグラード」が付けられているもの

ベオグラード 1 / Beograd 1

ベオグラード 2 / Beograd 2

 

 

No.1

世界一周・ベオグラード旅行_1.JPG
■皮でつくった靴のおみやげが多かったです。スリッパ暖かそう。

 

No.2

世界一周・ベオグラード旅行_2.JPG
■買っちゃいたくなるわ、と心の中に住んでいる婦人が騒いでいました。かわいいね。

 

No.3

世界一周・ベオグラード旅行_3.JPG
■そうそう、こういう靴が多かった!これはどでかいお飾り用。

 

No.4

世界一周・ベオグラード旅行_4.JPG
■あぁーあ・・・・

 

No.5

世界一周・ベオグラード旅行_5.JPG
■公園からの帰り道

 

No.6

世界一周・ベオグラード旅行_6.JPG
■この辺の歩行者用道路にもおみやげ物屋が並んでいました。

 

No.7

世界一周・ベオグラード旅行_7.JPG
■本屋

 

No.8

世界一周・ベオグラード旅行_8.JPG
■ちょっと道に迷ってきました。けど地図は見ません。面倒だから。

 

No.9

世界一周・ベオグラード旅行_9.JPG
■建物が古いね。日本は木造で頻繁に建て替えるからお金がかかって大変だよなぁ。

 

No.10

世界一周・ベオグラード旅行_10.JPG
■ぽつんと建っていた建物。壁にあるのはスプレーアートかな。

 

No.11

世界一周・ベオグラード旅行_11.JPG
■これもぽつんと建っていた大きい建物。なんか虫みたいだ。

 

No.12

世界一周・ベオグラード旅行_12.JPG
■100円くらいで1リットルボトルが買えます!ヨーロッパでは毎晩ビール飲んでいたから日記の更新が遅れたんだな、きっと。頭回らなくなるからねぇ。

 

No.13

世界一周・ベオグラード旅行_13.JPG
■クネズ・ミロシュに残るNATOの爆撃で破壊されたビル。

 

No.14

世界一周・ベオグラード旅行_14.JPG

■破壊されたままの状態で残っているのは2棟のみ。

 

No.15

世界一周・ベオグラード旅行_15.JPG
■空爆があったのは1999年

 

No.16

世界一周・ベオグラード旅行_16.JPG
■惨たらしいね。

 

No.17

世界一周・ベオグラード旅行_17.JPG
■この横にあるビルは再建中でした。

 

No.18

世界一周・ベオグラード旅行_18.JPG
■空爆を受けた当時はどれだけのビルがこんな状態になっていたんだろう。

 

No.19

世界一周・ベオグラード旅行_19.JPG
■対面は無事だったのでしょうか。この通りの先には国会議事堂があります。

 

No.20

世界一周・ベオグラード旅行_20.JPG
■うっすらと浮かび上がってきた巨大な教会。

 

No.21

世界一周・ベオグラード旅行_21.JPG
■東方正教系では最大の教会らしいです。 ようこそ聖サヴァ教会へ!

 

No.22

世界一周・ベオグラード旅行_22
■大きくなさそうな形だけどこれが大きいんだ。人があんなんですからね。

 

No.23

世界一周・ベオグラード旅行_23.JPG
■離れて見てもこの大きさ。中はがらんとした空洞になっていました。工事中だったからこれから装飾をしていくのかな。うちっ放しのコンクリートだったけど、あのままでもきれいな気がするな。ベオグラードにきたらぜひこの教会の中まで見てみてください。

 

No.24

世界一周・ベオグラード旅行_24.JPG
■英語表記もあるから助かります。

 

No.25

世界一周・ベオグラード旅行_25.JPG
■ポストにポスター貼っちゃまずいだろうよ。

 

No.26

世界一周・ベオグラード旅行_26.JPG
■剣道!

 

No.27

世界一周・ベオグラード旅行_27.JPG
■ハローのフォントはもっと爽やかなのにしようよ。なんかイガイガしてるよ。

 

No.28

世界一周・ベオグラード旅行_28.JPG
■うっわー、左のハンバーガーまずそう。というかグロくさえ見えるよ。蓮の種みたい。

 

No.29

世界一周・ベオグラード旅行_29.JPG
■なぜかこうして靴紐を売っているお店が多かったです。

 

No.30

世界一周・ベオグラード旅行_30.JPG
■ん?どこから車がきてんの?と思ったらビルの下にトンネルが!

 

No.31

世界一周・ベオグラード旅行_31.JPG
■玉ねぎ型の屋根ってロシアっぽいよね。

 

No.32

世界一周・ベオグラード旅行_32.JPG
■古いビルと新しいビル どんどん建て替えられていくのかな。

 

No.33

世界一周・ベオグラード旅行_33.JPG
■夜行列車でブルガリアの首都ソフィアへ!!この列車、暖房がつかずに寒かったです。朝方には風も吹き込んできてたまらない寒さになった・・・と思って窓見てみたら開いていました。同室のセルビア人が開けたみたい。夜のうちに気づいていれば・・。

 

ベオグラード 1 / Beograd 1

ベオグラード 2 / Beograd 2

 

 

No.1

世界一周・セルビア旅行_1.JPG
■列車の窓から また寒そうだなぁ

 

No.2

世界一周・セルビア旅行_2.JPG
■いやー、寒そうだ。

 

No.3

世界一周・セルビア旅行_3.JPG
■列車は空いていて快適でした。コンパートメントに一人だけ。6人分のスペースを使えました。

 

No.4

世界一周・セルビア旅行_4.JPG
■ベオグラード駅に到着!

 

No.5

世界一周・セルビア旅行_5.JPG
■車輸送用かな?

 

No.6

世界一周・セルビア旅行_6.JPG
■セルビアの首都ベオグラードのベオグラード駅。 小ぢんまりしています。

 

No.7

世界一周・セルビア旅行_7.JPG
■ここのユースホステルは最高でした!きれいだし温かいし安いし、宿泊客が自分いなかったし。でも経営は大丈夫なのかな・・?

 

No.8

世界一周・セルビア旅行_8.JPG
■ユニセフのお店でアルバイトをしているセルビア人の双子の兄弟。似てないね。

 

No.9

世界一周・セルビア旅行_9.JPG
■クリスマス前ということもあって、カードがたくさん売られていました。

 

No.10

世界一周・セルビア旅行_10.JPG
■くま公

 

No.11

世界一周・セルビア旅行_11.JPG
■ユニセフ・ランドローバー

 

No.12

世界一周・セルビア旅行_12.JPG
■セルビアの歴史について熱く語ってくれたのは左の弟。勉強になりました!

 

No.13

世界一周・セルビア旅行_13.JPG
■ポスター セルビア国内では活動が盛んなのでしょうか。

 

No.14

世界一周・セルビア旅行_14.JPG

■こんな車も見かけました。

 

No.15

世界一周・セルビア旅行_15.JPG
■国立博物館

 

No.16

世界一周・セルビア旅行_16.JPG
■古い車が多いです。

 

No.17

世界一周・セルビア旅行_17.JPG
■日本の援助で提供されたという市バス。 ボスニアでも走っていましたが、そっちではこの部分が消されていました。

 

No.18

世界一周・セルビア旅行_18.JPG
■はははは、待て待てー。いやよ、つかまってたまるもんですか。という微笑ましい標識。

 

No.19

世界一周・セルビア旅行_19.JPG
■3連打で40ポイント!! の標識。

 

No.20

世界一周・セルビア旅行_20.JPG
■セルビアの人はとても親切。おじいさんに道を尋ねたら、方向が一緒だからと一緒に歩いていってくれました。

 

No.21

世界一周・セルビア旅行_21.JPG
■動物園の壁。

 

No.22

世界一周・セルビア旅行_22
■クジャクたち そんな高いとこ登れるなら金網越えて外に出れそうだけど。

 

No.23

世界一周・セルビア旅行_23.JPG
■わーお!クジャクのアルビノ!!見事だね。

 

No.24

世界一周・セルビア旅行_24.JPG
■鳩も白い!白い鳩もアルビノ?それともそういう種類なの?

 

No.25

世界一周・セルビア旅行_25.JPG
■要塞の門 ここを通ってカレメグダン公園へ。

 

No.26

世界一周・セルビア旅行_26.JPG
■きれいでした。4世紀からここにあるそうです。残っている建造物のほとんどは18世紀に造られたものだそうです。

 

No.27

世界一周・セルビア旅行_27.JPG
■教会も併設されています。

 

No.28

世界一周・セルビア旅行_28.JPG
■聖ペトカ教会

 

No.29

世界一周・セルビア旅行_29.JPG
■天気の良い日でした。

 

No.30

世界一周・セルビア旅行_30.JPG
■昔は堀になっていたんでしょうかね。

 

No.31

世界一周・セルビア旅行_31.JPG
■カレメグダン公園

 

No.32

世界一周・セルビア旅行_32.JPG
■現地の人も散歩にきていました。

 

No.33

世界一周・セルビア旅行_33.JPG
■見晴らしも最高!

 

No.34

世界一周・セルビア旅行_34.JPG

■川はサヴァ川

 

No.35

世界一周・セルビア旅行_35.JPG
■死んでるの?? と思ったけど寝ているだけでした。良い天気だったからね。

 

No.36

世界一周・セルビア旅行_36.JPG
■何かのモニュメントらしき物体。 右の女の子たちがかっこいい!

 

No.37

世界一周・セルビア旅行_37.JPG
■時計台

 

No.38

世界一周・セルビア旅行_38.JPG
■武器や戦車が展示されていました。

 

No.39

世界一周・セルビア旅行_39.JPG
■ごっついなぁ。

 

No.40

世界一周・セルビア旅行_40.JPG
■戦車も意外と小さいものがあるんですね。中が窮屈そう。

 

112日目
宿泊地 :
列車内(セルビア・ブルガリア)
移動 : ベオグラード → ソフィア(9h)
【21:30~翌日7:30(列車)※時差+1】

 

ベオグラードの国会議事堂近くには、コソヴォの自治権をめぐる紛争の際に、NATO(北大西洋条約機構)により空爆された建物が今でも市内に残っています。

 

世界一周セルビア旅行

【破壊されたビル】



今日は列車の発車時刻までかなり時間があったので、一通り街も見てまわってしまったし、それ以上のことを聞きたいなと思い、再びユニセフのお店へ行ってきました。ユーゴスラビアの歴史について気になっていることをいくつか質問してみたのですが、おそらく一般的であろうと思われるセルビア人の感情と歴史認識を含んだ説明をしてくれたためとても良い勉強になりました。コソヴォの独立問題など常に新たな問題を抱え続けるこの国ですが、そういったアイデンティティーを揺るがす出来事が常に身近にある環境で過ごす彼らからは、自国・自民族に対する誇りと、知識と論理に裏づけされた歴史観を感じることができます。地理・人種・宗教と、抱える問題は解決不能とさえ思われる要因から生じていますが、だからこそ、力でも解決しないことがわかっているからこそ、対立国(地域)同士、または他国による武力行使を行うことなく妥協点を見出す交渉をすすめてくれたらと思います。


ちなみに彼はこんなことを言っていました。
世代が変わる度に戦争が起きている。コソヴォの問題がいったん落ち着き感情が静まったとしても、また次の世代ではここから同様の争いが起こるだろうしバルカンのこの地域には平和はこないように感じている。それに例えバルカン半島内で事が落ち着いたとしても、ヨーロッパと中東をむすぶ交差点となっているこのエリアの持つ地理的価値は高く、他の地域の他の国からも不条理な問題を突きつけらることは避けられない。だから平和をイメージするのは難しい。当然、それを願ってはいるんだけどね。


-------------------
日本は世界でも特異な単民族から成る島国なのでこうした問題に対しては、概して鈍感であるように思います。それは極めて異例で恵まれた環境にいるからなのですが、各分野でグローバル化が進む今、その無感覚さで世界に臨むのはあまりに無謀だと思います。そうした面での感覚を養うためにも、国外にアンテナを張り、そして自分を表現のできる力を磨いていく必要があるような気がします。ひとまずは英語とITですかね。しっかり勉強しておきたいものです。

 

世界一周セルビア旅行

【ユニセフのお店で出会ったセルビア人の双子の兄弟】
 

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(セルビア編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
おかげさまで「海外一人旅」では最近1位か2位をキープ! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

111日目
宿泊地 :
ベオグラード / セルビア
移動 : なし

 

旧ユーゴスラビアの国々は、スラヴ系の民族から成っていところが多いです。スラヴ系の顔はロシア人の顔をイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。ロシア側を東スラヴとするとこのあたりは南スラヴと呼ばれるらしいのですが、ロシア人よりも顔のパーツがはっきりしていて、少しラテンの特徴が入っているように見えます。ストイコビッチを女の人にした感じかな。目や鼻が大きく、きれいでありながらかわいげもある顔です。ベオグラードで話をしたセルビア人もセルビア人女性はきれいだと褒めちぎっていましたが、実際にここの女性はとてもきれいです。

男の人は陽気でのりが良く、イタリア人のようでした。なかなか明るくなれない情勢の最中にいる彼らですが、そういった性格も手伝ってか街の雰囲気は明るく見えます。ちなみにこれまで旅した国の中で、人の親切さはセルビアが一番です。二番はフィンランドかな。

町でも立ち止まっていると声をかけてくれたりするんですよね。良い町です。そんなセルビアで会った人の中で、一番仲良くなったのは博物館近くの通りでユニセフのお店の番をしていた双子の兄弟。ユニセフはこんなものも作って売っているんですね。彼らは私よりも年上ですが今も学生で、アルバイトでお店の販売員をしているそうです。弟のほうがとても陽気でお店やお客さんをそっちのけにしてセルビアの歴史について語ってくれました。明日もいるそうなのでまた会いに行ってみよっと。

 

世界一周セルビア旅行

【ユニセフのお店 おもちゃやカードなどが売られていました】


 

世界一周セルビア旅行

【ゴルニー・グラード カレメグダン公園から眺める景色は最高】


 

世界一周セルビア旅行

【東方正教教会では最大の規模を誇るサヴァ教会】

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(セルビア編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
おかげさまで「海外一人旅」では最近1位か2位をキープ! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
----------------------------------------------------------------------------

110日目
宿泊地 :
ベオグラード / セルビア
移動 : ブカレスト → ベオグラード(11h)
【前日21:45~9:00(列車)】

 

一週間で4回、この4日間に限っては3回の夜行移動を繰り返してきました。長時間移動するときには、時間とお金を節約するためにできる限り夜行バスもしくは列車を利用するようにしているのですが、寝れるとは言ってもこれがなかなか体に堪えます。


まずバスですが、これは席が狭くてつらいです。隣に人がいないという運の良いときもありますが、大抵は隣に誰かいるので、貴重品の入った手荷物(PC等が入っているので7kgくらいあって結構つらいです)をひざの上に置き、窮屈な状態で夜を過ごすことになるます。座席は多少後ろに倒せると言っても、快眠できる環境をつくれるわけではないので翌朝は大概ダルダルです。
こんなバスですが、私は夜行移動で料金に大差がない場合には、列車でなくバスを選ぶようにしています。大きな荷物はバスの下の荷物入れに置いておけるため、手荷物さえ気をつけておけばいいのでこれは本当に助かります(預けた荷物も盗難に遭うという話は聞くので、こっちには貴重品を入れずに、もちろんチャックには鍵を取り付けます)。持ち込む手荷物にも鍵をかけ、荷物自体もチェーンでどこか一箇所とめておき、あとはあまり荷物のことを気にせず寝ちゃいます。起こされたときには目的地ってな感じでいけるので楽なんですよね。


次に列車ですが、バスよりもスペースが広いので座り心地・寝心地は良いのですが、こちらでは大きなほうの荷物にも気を配らなければならないのでまずそこが面倒です。それに加えバスよりも人が多く、頻繁に途中停車を繰り返すことも少なくないのでいろんな人が紛れ込んできます。移動中に盗難にあったという話はけっこう聞きますが、そのほとんどが列車です。コンパートメントに睡眠ガスを注入するような悪質なケースもあるとか。宿で会った旅行者は、幸い荷物は無事だったもののズボンのポケットスパッとを刃物で切られていました。寝ていたら気づかないものですね・・。とりあえずできる限りのことはしておこうということで、夜行列車での移動時には、私は以下の対策を講じています。


1.防風用のパンツをズボンの上にはく。

これでポケットは見えないし、財布やカメラもそれについているチェーンを切る以前に、まず探し出すのが面倒になって諦めるはず!しかし暑い地方では蒸れるので不可!

2.かけれるとこには鍵をかける。

これは上でも述した通り、荷物の口に鍵をかけ、荷物自体を乗り物の柱などにワイヤーキーで括り付けます。

3.コンパートメントだったらドアをロックしてしまう。
ロックがついていなくともドアがある場合には、ストールでドアを閉めてしまいます。と言ってもちょっとガタっとなるだけで簡単に開ける程度ですが、その物音で起きることがいいなということで一応やっています。チケットのチェックや出入国審査の際、もし開かなかったしても、隙間から呼んで起こしてくれますしね。ただこれは列車がガラ空きでいくつも空いているコンパートメントがあるときではないとやらないです。そして車掌さんにも許可をとってます。空いていれば大概OKです。

4.音楽を聴いたまま寝ない。
物音には敏感でなくちゃいけないからね!


こんな感じで注意しています。私はもとから警戒心の強いほうの人間なので、あまり深い眠りにつけず翌朝元気いっぱいってことはほとんどないのですが、それでも時間は有効につかえるので夜行移動はできる限りうまく利用するようにしています。あえて距離のある移動を選んでルートを組んだりとか。料金によっては宿代が浮く分で逆に割安になることもありますし、なにより朝つけば新しい町で丸一日過ごせるのが良いです。距離的には効率の悪いルートを組んだほうがきれいに旅程が組めたりするので、好きではないけど夜行移動をできるだけ選ぶようにしています。

世界一周セルビア旅行

【ついに役立ったストール!】

 

----------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(セルビア編)
世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)

ランキングに参加中!
おかげさまで「海外一人旅」では最近1位か2位をキープ! ↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ  にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   ブログランキング・にほんブログ村へ

一日にどれか一つをクリックしてもらえると助かっちゃいます!
--------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析