世界一周!で漏らしてみるでタグ「マンジニ」が付けられているもの

253日目
     
宿泊地 : Eastgate Backpackers (ヨハネスブルグ / 南アフリカ)
移動 : 午前 マンジニ  
      ↓    ミニバス(20min)  
  13:30 ムババネ  
      ↓    ミニバス(4h15min)  
  17:45 ヨハネスブルグ  

 

一昨日から二晩、マンジニの教会に泊まった。この教会は部屋代が安かったのも良かったのだけれど、もう一つとても得した気分にしてくれたことがある。それはスワジランドの小学校の授業風景をのぞけたこと。


朝、子供たちの歌声で目が覚めた。東アフリカでよく耳にした、すべて女の子の声に聞こえるような透き通った歌声の合唱だった。寝ていた部屋のベランダからその様子を眺めていた。

世界一周スワジランド旅行14

【上から覗き見】

 

世界一周スワジランド旅行15

【おそらく音楽の授業だったのだと思う】




歌い終わったらまたすぐ次の歌。歌によって振り付けもあったのだけど、それがまたかわいい。みんな生き生きと、すごく楽しみながら歌っているのがよくわかった。中にはノリノリになってしまい、自ら前に出て踊りだす生徒もいた。それを見てまた盛り上がる。自分を全力で表現していて、見ているこっちも気分が晴れ晴れとしてくる。



大学卒業が近づいたあたりから、美術館や劇団の演劇、ミュージカルを楽しんで観れるようになった。難しいことはよくわからないながらも、自分なりに解釈しては勝手に楽しんでいる。最初のうちは見るもの全てが新鮮で、何かしら感性にひっかかるものがあったが、だんだんと自分の嗜好が確立されてくるにつれ、おもしろいものとおもしろくないものに分かれてくる。つまらなかった、とそれ一言で終わる場合もある。しかし、どんなものを観ても、観賞後に必ず感じることがある。毎回同じことを思う。


表現力のある人って羨ましいな

必ずこう思う。



いま自分の持っている表現はなんだろう。自信を持って言えるのは言葉、つまりは喋りと文章くらいだと思う。少ない。芸術にしても、スポーツなど体を使って見せることにしても、または何かクリエイティブな分野にしても、自分の世界観や思想を、自分を介して独自の形で表現できることはさぞ気持ちの良いことだろうと思う。自分を外へ開放する出口がたくさんあるわけである。気持ち良くないはずがない。自分が世界の一部にいることが実感でき、そこから世界の広がりを感じれるようになるような気がする。もちろんそれに触れる他者にも何らかの影響を与えられる可能性がある。表現力のある人っていいなぁと、つくづく思う。



まあそんなことを思うわけだけれど、この小学校の授業を見ていて、ふと日本の教育(文化かもしれない)について考えさせられた。同じような年代の子供たちが、こんな生き生きと自分を表現することを推奨する場があるだろうか。自分の過去を振り返る限りでは思い当たらない。先生など上の立場の人間からストップをかけられるか、または周囲から嘲られるなどして縮こまる、そして特有の集団意識を学んでいく。そこを突き破れるのは、才能か性格など何かが付きぬけてしまっている人間に限られる。なんだかもったいない気がしてならない。



最初はただ楽しくて見ていたこの光景も、途中から少し寂しい気持ちとともに見るようになってしまった。人生は自己表現の最たるものだろうと思うが、それを自分らしく表現する能力の基礎が築かれるのは、小学校の低学年、遅くとも高学年、そのあたりまでであるように感じてしまった。



悲観的に見すぎかな。だと良いのだけど。


 

ランキングに参加中!

キーワード「世界一周 ブログ」の検索結果(Yahoo!)が14位に上がりました。ブログ村がそれより低いのはいかん!ということでクリックをお願いします!
←←← (;´Д`)ハァハァ するくらい激しくクリックしてみてちょーだいな!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(スワジランド編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

252日目
     
宿泊地 : Swaziland Catholic Centre② (マンジニ / スワジランド)
移動 : なし
 

 

モザンビーク入りするときから一緒に行動していたJさん。スワジランドへの帰りも一緒だった。スワジランドのマンジニ行きのミニバスに乗り込むとき、バスの近くにいた一人の男が声をかけてきた。


「I know you!(お前のこと知ってるよ!)」



はいはい、それでまたブルースリーとかジャッキーチェンとか言うんでしょう。人種の違う人からしたら日本人どころかアジア人は皆同じ顔に見えるだろうしね。わかったわかった、と内心ちょっと面倒くさく思いながら「本当?」などと適当に対応していると、なおもしつこく「本当だ!新聞で見た!」と言ってくる。「ああ、そうなの?そしたらその新聞見せてくれよ」と言うと、本当に新聞を取りに行ったのか、その男は足早にその場を去っていった。全く期待もせずに、一体どんなそっくりさんが出てくるのか楽しみだね、なんてことを二人で話しているところに男は帰ってきた。


新聞は「Swaziland Times」、スワジランドではどこでも見かける地元の有力紙だ。「ほら、これだ!」と興奮気味に新聞を突き出す男。はいはい、そんじゃ見てみましょうか。「オオー、ホントウニ、ボクラノソックリサンネ!」とか、もうどうやってリアクションとるか考えながら表紙をめくるとなんとそこに・・・




世界一周スワジランド旅行8

【Jさんの写真が!】


世界一周スワジランド旅行9

【まさかの展開に驚きながら新聞を見つめるJさん】




写真には記事はなく、ちょっとしたコメントが添えられているだけだった。こんなようなことが書いてある。



「積載量オーバー!2つのバッグを背負って歩くアジア人!!」




って、なぜこれが新聞に大きく載っちゃうの!笑 どれだけ平和なんだ、スワジランドは。







さて、今日泊まったのはマンジニにあるSwaziland Catholic Centreという教会。スワジランドの物価は南アと大差なく、旅行者用の安ホテルは屋内(テント泊なら500円程度のものもあり)であれば最安でも1,000円近くしてしまう。がしかしこの教会はすごい。なんとドミトリーが25ランド、300円しない。この料金なら部屋を確認するまでもない、決定だ!と、お金を払い部屋に向かった。



入ってみた。




世界一周スワジランド旅行10

【まるで死体安置所のようなドミトリールーム】

世界一周スワジランド旅行11

【わけがわからないほどたくさんある洗面台】





なんだここは!と思ったのも一瞬。宿泊客は僕ら以外に誰もいなかったため、この広々空間を二人で贅沢に使わせてもらった。



夜はベランダで晩酌。旅のこと、お互いのこと、日本のこと、その他いろいろなこと、この世界一周が始まってから飲んだお酒の中で、この日のものがだんとつで一番おいしかった。今後もこのときの心地よさとおいしさを越えるお酒はないだろうと思う。真剣に話した。なのにと言うかだからと言うか気持ちがよくなり、体も心もフワフワと軽くなる。さすが死体安置所だな、昇天するほどの気持ち良さを味わせてもらった。

 

世界一周スワジランド旅行12

【南アのビールそれ自体もおいしかった。】



世界一周スワジランド旅行13

【CastleのMilk stout。まだ旅は終わっていないけど、世界一周ナンバーワンビールに認定!!】
 

 


 

ランキングに参加中!

キーワード「世界一周 ブログ」の検索結果(Yahoo!)が14位に上がりました。ブログ村がそれより低いのはいかん!ということでクリックをお願いします!
←←← (;´Д`)ハァハァ するくらい激しくクリックしてみてちょーだいな!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(スワジランド編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

251日目
     
宿泊地 : Swaziland Catholic Centre① (マンジニ / スワジランド)
移動 : 10:30  マプト  
      ↓    ミニバス(3.5h)  
  14:00  マンジニ  

 

バッグから出てきた自分の持ち物と、その横でなおもしらを切り続ける間抜けな南ア人を見て怒りが頂点に達してしまい、気づくとこの男にとび蹴りをいれていた。宿の従業員もいたためにそれだけで終わりにして、警察への連絡をどうするのかということを話そうとしたとき、今度はJさんがその南ア人に殴りかかった。れれまで悪びれるそぶりを全く見せなかったこの男は、ここでも堂々と殴り返してきた。それがJさんの鼻に当たってしまい、血が流れた。体格の良い黒人の従業員が割って入りとりあえず争いは収拾した。


世界一周モザンビーク旅行4

【テントの中からも荷物が出てきた。血はなかなか止まらなかった。】



あとで聞いたところによると、蹴りを入れた後、その男が僕向かって殴りかかるそぶりを見せていたらしい。それを横で見てまずいと思ったJさんが、とめるために殴りかかってくれたそうだった。平常心を失ってしまった自分の代わりに殴られてしまったJさんの腫れた顔を見るたびに、申し訳なさと自分の愚かさを悔いる気持ちで胸がいっぱいになった。





本来ならこのあとは警察に任せ一件落着というところなのだが、モザンビークではそうはいかなかった。旅行者の間ではモザンビークの警察は腐っているということで有名だが(旅行者を見つけては何かしら難癖をつけて賄賂を要求する)、それは地元の人にとっても同じようだった。宿のオーナーはあからさまではなかったものの警察を関わることを拒絶し、その場でことを収めようと必死だった。盗られたものはなかったこと(あとでカッパなどが無くなっていることが発覚。お守りなども隣の家の敷地から出てきたものがあったので、おそらく価値がないと思ったものは外に投げ捨ててしまっていたのだと思う)や、Jさんの治療費を宿が出してくれること、そして僕らも面倒な警察と関わることにメリットを感じなかったこともあったために、それで終わりにすることにした。



ビザの発給拒否に盗難事件だけでなく、街なかで警官にからまれたり、スワジランド行きのバスではお金のトラブルがあり警察に連行されかかる(被害者のはずなのだけど・・)など、トラブル続きのモザンビークだった。本当はトーフビーチまで行きジンベイザメが見れるというダイビングもしたかったのだけど、予算の関係で今回は断念した。またいつか、ものすっごい気変わりがあって気の向くことがあったら行ってみたいものだけど・・・、ないかな。モザンビークの海の写真はFUTOME氏に見せてもらいます!


世界一周モザンビーク旅行5

【帰りのミニバスで、アフリカ大陸のパスポートカバーを買った。つくりが甘いのかもうすでにボロボロ。】


 

ランキングに参加中!
選挙が近づいていますな。大切な一票を東なんたら知事に入れるくらいなら、わたくしめに一票(クリック)をお願いします!
←←← (;´Д`)ハァハァ するくらい激しくクリックしてみてちょーだいな!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モザンビーク編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

249日目
     
宿泊地 : FATIMA'S PLACE①(マプト / モザンビーク)
移動 :
 エズルウィニ  
      ↓    ミニバス(20min)  
  12:00発  ムババネ  
      ↓    ミニバス(30min)  
  12:30着,13:30発  マンジニ  
      ↓    ミニバス(5h)  
  18:30着  マプト  

 

スワジランドの首都ムババネにはモザンビークハイコミッションなる機関があり、そこでは国境でとるよりも安くモザンビークビザがとれるということだったので、マプト行きのバスに乗る前に、まずはここを訪ねることにした。


ちなみにビザ代はそれぞれ以下の通り(2009年4月14日現在)

@国境(スワジランド・モザンビーク間) 173ランド
@モザンビークハイコミッション 75ランド(即日)




パスポート、証明写真、お金、それと必要事項を記入した申請用紙を窓口の職員に提出する。そのおばちゃんは慣れた手つきでそれらを受領してくれた。意外と簡単だった。よし、受け取り次第つぎはモザンビークだ、と思った矢先、なぜか受領されたはずの書類が返された。なぜ?

その人のよさそうなおばちゃんは具体的な理由も説明せず、黙々と申請用紙から証明写真をはがしている。何やってんのよ。見るとそのおばちゃんの後ろに、鬼のような顔をした体格の良い(というか太っている)おばちゃんが立っていた。喋らないでも分かる。こういう表情をした人間が口に出す言葉は激しく、そして刺々しい。案の定、その通りだった。

「国境でとれ!お前らは国境でビザとれるからそこでとれ!!」


なぜ始めからケンカ腰なのよ。いくら説明を求めてもそれしか言わない。手数料が違うし、それにここはビザ発給も行っているオフィスでしょう、それがあなたの仕事なのだだからやってもらわないと困りますよ。まあ何言っても聞かない。人の良さそうなおばちゃんはこの人に逆らえないようで、若干気まずそうな顔をしつつもこっちに書類を付き返してくる。



ダメだわ、ここじゃ埒があかん。もっと上の人に話をしよう。そう思い、同じ建物内にあるもう少し偉そうな他の事務職員のいる部屋へと向かった。ドアは閉められていたものの窓があったため、そこから同じことを尋ねてみた。とそこに、鬼のおばちゃんが帰ってきた。ものすごい顔してる。「国境でとれって言ってんだろうが!」そんな感じでわめき散らしている。だからそれはおかしいでしょうが、そう言いかけたとき、バンッと乱暴に窓は閉めれてしまった。なんて無責任で自己中な。


おそらくイースターの連休明けで仕事がたまっていたのだろうと思う。忙しいのはわかるけど、お金をもらっているのだから、義務は果たさなきゃいけないでしょう。モザンビークに入る前から、モザンビークのイメージがかなり悪くなってしまった。ちなみにこのあと3つほどいや~なトラブルが起きてしまうのだけど・・・。

 

 

世界一周モザンビーク旅行1

【マプト行きのミニバスはマンジニから出ている みんな髪がおしゃれ】



このおばちゃんに限らず、これくらいの年になってくると周りの人間を見ていても思うのだけど、人の生き方は顔に出るね。あまり強い先入観を持つのはよくないけど、かなりの確率で顔から推測した性格がその人の性格にあてはまる気がする。同じ顔をしていたらそれが固定されてしまってもおかしくないと思う。感情を表す表情は、ある程度普遍的なものだと思うしね。


こうやって顔に出るのは結果。じゃあその原因は何なんだろうと考えてみた。
たぶんそれは姿勢の表れなのだと思う。何か起こったとき、それをこう受け止めてこう乗り越えていこうという決意を持った姿勢の表れ。経験は関係ないと思った。同じようなつらいことをたくさん経験してきた人が何人かいたとする。



一人はそれから目をそらさず真剣に立ち向かい、それらを乗り越えていった。
一人はそれを受け入れ、それでも明るく前を見て歩いてきた。
一人はそれを直視することができず、ふわふわと漂いながら逃れるように流れてきた。
一人はそれを自分だけに起きた不幸と思い周りを呪い、全てを卑屈な目で眺めながらやってきた。


なんか、顔が想像できる気がしない?




結局、何が起ころうと自分次第なのだと思う。環境は関係ない。どう捉えたところで、起きてしまったことから逃れることはできない。だったら前向きに捉えようじゃないの。ちゃんと意識して自分の行きたい方向へ進もうじゃないの。

鬼のようなおばちゃんの顔を見て、人生の歩み方について考えさせられた。どこに向かうにしても、歩く道が歩き方より重要になることはないと思った。



 

ランキングに参加中!
選挙が近づいていますな。大切な一票を東なんたら知事に入れるくらいなら、わたくしめに一票(クリック)をお願いします!
←←← (;´Д`)ハァハァ するくらい激しくクリックしてみてちょーだいな!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モザンビーク編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析