世界一周!で漏らしてみるでタグ「リスボン」が付けられているもの

ポルトガルの写真130枚をアップしました。


◆ポルトガルのブログ記事       ◆ポルトガルの旅の費用

 

 

リスボン 1 / Lisbon 1
(写真50枚)

リスボン 2 / Lisbon 2
(写真40枚)

シントラ,ロカ岬 / Sintra, Cabo da Roca
(写真40枚)

 

 

ポルトガルでの一番の思い出は初めて利用したCouch Surfingでの出会い。
Couch Surfingというのは前にブログで書いたのですが、端的に言うと旅行者を泊めてあげたり(無償)お茶をしたりする、そうしたコミュニケーションの場を提供するSNSの一種。日本では部屋の狭さや考え方の違いもあり普及していませんが、海外の海外好き、旅行好きの間では結構有名なサイトです。
プレッシャーを感じてかなり緊張しながらの利用でしたが、ホストのサラとリカルドがたまらない好人物(親切で知的であたたかくて)であったこともあり、すぐに打ち解け貴重な時間を過ごすことができました。

日本に帰ったら今度はホストとして利用したいとずっと思っていたのですが(今もです)、1Kだとちょっと迷ってしまいます。うーむ。カウチを提供できなくても(泊めてあげられなくても)、食事やコミュニケーションのみでも利用できるので、興味のある方は登録してみてください。

ちなみにこのサイト、全くの他人に泊めてくれというオファーをするわけですから、ホストになるにせよサーファーになるにせよ、自分の素性は明かさずに・・という使い方を考えている人には向きません。というよりも、連絡がこないし受け入れてくれる人もいないと思われます。自分がオファーする側に立てば、ハンドルネームで顔写真も載っていない人にはコンタクトをとる気になれないことは自明ですから。もちろんトラブルが全くないわけではないので注意は必要ですが、それだからこそ、ミスマッチを減らすためにもプロフィールページの充実が欠かせないわけです。

島国日本で海外と触れられる貴重な機会が得られます。語学や文化の学習にももってこいです。自宅の部屋に余裕があり、かつ海外の旅行者に興味のある方にはとても有益な機会を提供してくれるサイトになるのではないかと思います。興味がありましたらぜひ。

※有名観光地のない地方だとあまりオファーはきません。

Couch Surfing(カウチサーフィン)とは<前>@リスボン(ポルトガル)
Couch Surfing(カウチサーフィン)とは<後>@リスボン(ポルトガル)

 

ランキングに参加中!
ブログを・・ブログを書かないと・・・・・。
← クリックは
1日1回 ま でしかカウントされないよ!!(;´Д`) ハァハァ
にほんブログ村
            旅行ブログ 世界一周へ 

 ---------------------------------------------------------------------------------------

・意見、感想などのメールはこちらからお願いします!

----------------------------------------------------------------------------------------

 

 

リスボン 1 / Lisbon 1 リスボン 2 / Lisbon 2 シントラ,ロカ岬 / Sintra, Cabo da Roca

 

No.1 

世界一周・ロカ岬・観光_1.jpg
■まずは鉄道でシントラまで移動。今日は晴れて良かった!

 

No.2 

世界一周・ロカ岬・観光_2.jpg
■駅からは市バス。

 

No.3 

世界一周・ロカ岬・観光_3.jpg
■特等席!

 

No.4 

世界一周・ロカ岬・観光_4.jpg
■いいねえ。

 

No.5 

世界一周・ロカ岬・観光_5.jpg
■ああ、楽しい。

 

No.6 

世界一周・ロカ岬・観光_6.jpg
■景色がかわっていく。

 

No.7 

世界一周・ロカ岬・観光_7.jpg
■海だ!

 

No.8 

世界一周・ロカ岬・観光_8.jpg
■そろそろかな。

 

No.9 

世界一周・ロカ岬・観光_9.jpg
■ロカ岬に到着!

 

No.10 

世界一周・ロカ岬・観光_10.jpg
■変わった植物だね。

 

No.11 

世界一周・ロカ岬・観光_11.jpg
■たんぽぽのようなネギのような。

 

No.12 

世界一周・ロカ岬・観光_12.jpg
■水平線がカーブして見える。

 

No.13 

世界一周・ロカ岬・観光_13.jpg

■灯台

 

No.14 

世界一周・ロカ岬・観光_14.jpg

■波の音を聞いていると落ち着くな。

 

No.15 

世界一周・ロカ岬・観光_15.jpg
■海の向こうはアメリカ大陸かぁ。

 

No.16 

世界一周・ロカ岬・観光_16.jpg
■あと少しでユーラシア大陸ともお別れだ。

 

No.17 

世界一周・ロカ岬・観光_17.jpg
■景色も雰囲気も最高だった。

 

No.18 

世界一周・ロカ岬・観光_18.jpg
■ロカ岬はユーラシア大陸の最西端に位置する。

 

No.19 

世界一周・ロカ岬・観光_19.jpg
■ちなみにヨーロッパ最西端はサグレス岬だそう。ヨーロッパの端とユーラシアの端は違うみたい。

 

No.20 

世界一周・ロカ岬・観光_20.jpg
■後ろにはこんな景色がひろがっている。

 

No.21 

世界一周・ロカ岬・観光_21.jpg
■深夜特急で沢木耕太郎さんが訪れたのはロカ岬ではなくてサグレス岬。

 

No.22 

世界一周・ロカ岬・観光_22
■お土産。シントラではこんな様なタイルが有名。

 

No.23 

世界一周・ロカ岬・観光_23.jpg
■帰りのバスを待つ。なかなか来なかったけどのんびりと待つ。

 

No.24 

世界一周・ロカ岬・観光_24.jpg
■シントラに戻ってきた。まだ明るいからちょっと歩いてみようかな。

 

No.25 

世界一周・ロカ岬・観光_25.jpg
■おお、タイルタイル!

 

No.26 

世界一周・ロカ岬・観光_26.jpg
■小さいけどゆったりとした良い雰囲気の町だった。

 

No.27 

世界一周・ロカ岬・観光_27.jpg
■なにやらシントラは世界遺産に登録されているらしいね。後で知ったよ。

 

No.28 

世界一周・ロカ岬・観光_28.jpg
■ちらほらと立派な建物が見える。

 

No.29 

世界一周・ロカ岬・観光_29.jpg
■宮殿の近くに行くのはちょっと難しいかな。

 

No.30 

世界一周・ロカ岬・観光_30.jpg
■高貴なお方の別荘地って感じだね。

 

No.31 

世界一周・ロカ岬・観光_31.jpg
■ほほう、植物もなかなか高貴じゃないの。

 

No.32 

世界一周・ロカ岬・観光_32.jpg
■いた!高貴なお方!!

 

No.33 

世界一周・ロカ岬・観光_33.jpg
■さて、ぐるりとまわったことだしそろそろリスボンに帰るかな。

 

No.34 

世界一周・ロカ岬・観光_34.jpg

■駅から歩いていける距離にあると助かるね。

 

No.35 

世界一周・ロカ岬・観光_35.jpg
■タイル装飾。普通の民家みたいな建物になかなか立派なものが張り付いている。

 

No.36 

世界一周・ロカ岬・観光_36.jpg
■通りの名前かな。これもタイル。

 

No.37 

世界一周・ロカ岬・観光_37.jpg
■世界遺産の町で観光客も多そうだけど、けっこう寂れた雰囲気だった。

 

No.38 

世界一周・ロカ岬・観光_38.jpg
■人が住んでいないのかな。

 

No.39 

世界一周・ロカ岬・観光_39.jpg
■商店街も静か。

 

No.40 

世界一周・ロカ岬・観光_40.jpg
■そう言えば・・・ここでお腹を壊して必死にトイレを探している日本人観光客に会ったな。写真を見ていたら突然思い出したよ。彼は無事にトイレに辿りつけたのかな。

 

リスボン 1 / Lisbon 1 リスボン 2 / Lisbon 2 シントラ,ロカ岬 / Sintra, Cabo da Roca

 

No.1 

世界一周・ポルトガル観光_1.jpg
■おおお!今日は素晴らしく良い天気だ!

 

No.2 

世界一周・ポルトガル観光_2.jpg
■黒いマネキン。アフリカからの移民も多いのかもしれないね。

 

No.3 

世界一周・ポルトガル観光_3.jpg
■今日は海を見に行こう!メトロで移動。

 

No.4 

世界一周・ポルトガル観光_4.jpg
■構内はきれいだった。

 

No.5 

世界一周・ポルトガル観光_5.jpg
■バスにしようかトラムにしようか。

 

No.6 

世界一周・ポルトガル観光_6.jpg
■ああ、楽しい。ああ、幸せ。

 

No.7 

世界一周・ポルトガル観光_7.jpg
■天気が良いだけで幸せに感じるよ。気持ち良い。

 

No.8 

世界一周・ポルトガル観光_8.jpg
■写真だとわからないけど、この絵はものすごく大きかった。イラストが細かいから見ていておもしろい。

 

No.9 

世界一周・ポルトガル観光_9.jpg
■さて、このあたりから歩くかな。

 

No.10 

世界一周・ポルトガル観光_10.jpg
■ネオゴシック建築っていうのかな。このとんがり具合いがたまらないよね。

 

No.11 

世界一周・ポルトガル観光_11.jpg
■いやー、これは立派だ。

 

No.12 

世界一周・ポルトガル観光_12.jpg
■美しい。

 

No.13 

世界一周・ポルトガル観光_13.jpg
■彫刻もすばらしい。

 

No.14 

世界一周・ポルトガル観光_14.jpg

■空のおかげかな、白が映えてものすごくきれいに見えた。

 

No.15 

世界一周・ポルトガル観光_15.jpg
■向かいには公園がある。

 

No.16 

世界一周・ポルトガル観光_16.jpg
■うむ!

 

No.17 

世界一周・ポルトガル観光_17.jpg
■むう!!

 

No.18 

世界一周・ポルトガル観光_18.jpg
■たまらん!!

 

No.19 

世界一周・ポルトガル観光_19.jpg
■この場所は好きだったなぁ。

 

No.20 

世界一周・ポルトガル観光_20.jpg
■海のほうに向かってみる。

 

No.21 

世界一周・ポルトガル観光_21.jpg
■ヨット。雲が低いところにかたまっているね。

 

No.22 

世界一周・ポルトガル観光_22
■これは!見たことがあるぞ!

 

No.23 

世界一周・ポルトガル観光_23.jpg
■発見のモニュメントってやつだ。大航海時代は世界最強の国だったんだよなあ。今では国民はだらだらしてしまってその面影もないって話しているポルトガル人がいた。たしかにのんびりした人が多い印象だったな。

 

No.24 

世界一周・ポルトガル観光_24.jpg
■ケーナ!ペルー!南米もだいぶ近づいてきたな。

 

No.25 

世界一周・ポルトガル観光_25.jpg
■海の中へとのびていくパイプ。

 

No.26 

世界一周・ポルトガル観光_26.jpg
■知恵の輪

 

No.27 

世界一周・ポルトガル観光_27.jpg
■なんだろうな。この小屋が好きだった。

 

No.28 

世界一周・ポルトガル観光_28.jpg
■なかなか大きな橋だ。

 

No.29 

世界一周・ポルトガル観光_29.jpg
■上れるのかな?

 

No.30 

世界一周・ポルトガル観光_30.jpg
■上れた。きれい整備されているねぇ。

 

No.31 

世界一周・ポルトガル観光_31.jpg
■中心街に戻ってきた。また空が暗くなってきちゃったな。

 

No.32 

世界一周・ポルトガル観光_32.jpg
■トラムってエコでかわいいけど、空がこんな風に蜘蛛の巣みたいになってしまうのは残念だね。

 

No.33 

世界一周・ポルトガル観光_33.jpg
■こんな街の真ん中にに公衆トイレ(有料)。入りづらいわ。

 

No.34 

世界一周・ポルトガル観光_34.jpg

■明日の早朝にロンドンへ出発だ。空港行きの市バスを確認しておこう。

 

No.35 

世界一周・ポルトガル観光_35.jpg
■なんだこれは?

 

No.36 

世界一周・ポルトガル観光_36.jpg
■ポスト兼切手販売機だった。ちょっと大きすぎる気もするけどかっこいいから良いか。しかしこれには腹がたったね。コイン入れたのに反応がないんだもん。痛かったなあ。切なかったなあ。

 

No.37 

世界一周・ポルトガル観光_37.jpg
■リスボンでお世話になったサラ&リカルドの家。

 

No.38 

世界一周・ポルトガル観光_38.jpg
■この部屋に泊めてもらった。サラは短期間だけど千葉大で学んだことがあるらしい。まさかこんなところで同じ大学の出身者に会うとはね。おもしろいなぁ。

 

No.39 

世界一周・ポルトガル観光_39.jpg
■夜は飲みながら談笑。落ち着いていて知識が豊富で、とてもあたたかいカップルだった。Couch Surfingを利用するのは初めてで緊張したけど、ものすごく良い体験になって使ってみて良かったと思えた。普通に旅行するだけでは聞けないような話をたくさん聞かせてもらえたと思う。良いな!Couchsurfing! 日本の芸術に興味があるということだったので持っていた三島由紀夫の金閣寺(英訳版)をプレゼントしたらお返しに本をくれた。本の交換って好きだな。その本を読むと相手のことが少し分かる気がするから。

 

No.40 

世界一周・ポルトガル観光_40.jpg
■次は英国!ロンドン!南米行きまで時間がないから飛ばしていこう!!

 

277日目
     
宿泊地 : 友人宅① (ロンドン / イギリス)
移動 : 7:45 リスボン  
      ↓  飛行機(2h50min)  
  10:35 ロンドン

 

 

初のCouch Surfing。受け入れを了承してくれたのはリスボン在住のカップル、リカルドとサラ。リカルドは編集者でサラは建築家。オファーのメールを送る前に確認はしているが、2人とも英語はネイティブ並に話せる(Couch SurfingはSNS形式をとっていて、日本のmixiのように登録者全員が自分のプロフィールページ(英語記入)を持っている。)ために、ポルトガル語を全く知らないことを気にする必要もない。



さて、ガチガチに緊張してやってきた彼らの家だったが、心配していてことは危惧に終わった。2人とも陽気というわけではないけど明るく温かく、話をしていてとても心地が良い。頭も良く目の付け所もいろいろとユニークでおもしろかったため、ただの話をしているだけで楽しかった。日本にも強い興味をもってくれていて、こちらの話を真剣に聞いてくれたし、逆にこっちの質問にも丁寧に答えてくれた。



「実は自分にCouch Sufingを資格があるかかなり悩んでいた。」


ということを話したとき、サラがこう言ってくれた。

「あなたにとっては小さなことでも、私たちにとってはとても新鮮で大きなことよ。」



なるほどなと思った。客観性が欠けていた。自分がなぜこのサイトを利用しようと考えたのか思い出してみた。それは【短期間の滞在であっても現地のことをより深く知りたい】と思ったからだった。なぜ短期間でもより深く知ることができるのか、それはその人たちと過ごす時間が自分にとってものすごく新鮮で、大きなことだからではないか、全く同じではないか。

かたく難しく考えすぎていたけれど、この言葉を聞いて心が軽くなった。それと同時に、小さなことであっても、自分が知っていること、自分が考えたことをしっかり伝えないとなと思った。




実際ホームステイをさせてもらっている間はまじめで堅苦しい話ばかりをしているわけでなく、むしろ大軽い談笑が多かったりするのだけど、それも含めて全てが喜びと刺激に満ちた貴重な時間のように感じられた。相手が誰であってもこのように感じられたわけではなく、相性の良さがあったからこそだとも思うけれど、とにかく素晴らしい時間を過ごすことができた。



言葉も文化も違うから、普段日本人と接するとき以上に頭と感性を働かされた。実際けっこう疲れるけれど、こうして真剣に相手と触れ合うことで、尊敬の気持ちをもって人と接することの大切さと、それによって得られる互いの利について身を持って学ぶことができたのは、望外の収穫だった。



ただの情報、ただの知識だけでなく、Couch Surfingはそれ以上のものを得る機会を与えてくれる。使ってみてよかった、出会えてよかった。

世界一周ポルトガル旅行14
【寝泊りさせてもらった部屋。最後はお互いの本を交換してお別れしました】

 

世界一周ポルトガル旅行22
【飛行機でロンドンへ】

 

 

 

ランキングに参加中!
なになに?タイトルが恥ずかしくてこのサイトをブックマークにいれたくないと!それは大変だ!知名度をあげ市民権を得ねば!ということでクリックをお願いします!!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

・世界一周の費用はこちら!(ポルトガル編)
・世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)
・メールはこちらからお願いします!

バナー
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

バナー(大)↓

 

 

 

 

 

 

 

バナー(小)↓

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

276日目
     
宿泊地 : Couch Surfing② (リスボン / ポルトガル)
移動 : リスボン  
    ↓  列車往復(片道40min)
  シントラ
    ↓  バス往復(片道40min)
  ロカ岬

 

 

今日はリスボンからユーラシア大陸の最西端、ロカ岬まで足を延ばしてみました。

 

世界一周ポルトガル旅行21
【シントラ。シントラの駅からバスでロカ岬へ】



 

世界一周ポルトガル旅行15
【丘の上には教会がたつ】

 


 

世界一周ポルトガル旅行17
【風が気持ち良い。ここで日本の友達への手紙を書きました】



 

世界一周ポルトガル旅行16
【海と空の青も素晴らしかったけど、植物の緑と黄色もきれいだった】





旅、ヨーロッパ最西端、と聞くと、沢木耕太郎さんの深夜特急を思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。バックパッカーのバイブルとも言われるのこの小説の中で、東南アジアから旅を始めた沢木さんはこちらもユーラシア大陸の端として有名なサグレス岬(同じくポルトガル)の風景を見て、旅を終えてもいいと感じたそうです。少し場所は違うけれどここの景色も素晴らしく、ユーラシア大陸の東端から旅をしてきた人なら、きっと感慨深い気分を味わえるような気がします。静寂の中に、波が崖にぶつかる音だけが静かに聴こえるその感じがなんとも心地よく、ボーっと水平線を眺めていると何か心が洗われ、その脱力感からか一種の充足感のようなものが胸を満たします。



その深夜特急に影響を受け、海外に出たバックパッカーも多いのではないかと思います。いまだに根強い人気をもつその本を思うと、あれっと、少し不思議に思うことがあります。




今はインターネットが世界中で普及しているために、世界のどこにいてもネットを通じて自分の近況を海外から日本に発進することができます。実際、多くの旅人が自分のブログやホームページを設置し、随時更新をしながら旅をしていますが、そのブログについて、少し気になることがありました。


あくまで私独自の感性、独自の思考による私見ですので、共感できなかったり不快に感じることがある場合には、ただ流し読むか、もしくはこのブログ自体を見ないなどの処置を各自とっていただけたらと思います。





同じように海外をまわっている人たちは、どこで何を見て何を感じて何を考えるのだろうと気になり、海外旅行関連のブログをチェックすることが多かったのですが、それで一つ感じたことがあります。自分を棚に上げていると思わずに、ぜひ客観的な視点からの観察を試みようとした結果の一意見として捉えていただきたいのですが、どの旅ブログも、非常に似通っている印象を受けました。



多くの旅行者はガイドブックに載っている場所に行くのだから、まずそのブログ記事の舞台が同じようになってくることは当然のことかと思います。しかし、その場所に行った個人は違うにも関わらず、記される感想や情報までもがとても似ていることが妙にひっかかりました。違う人が違うときに、それぞれ違う目的と違う感性を持ってそこを訪ねているはずなのに、どの記事がどのブログのものなのか区別できないくらい、受ける印象が似ているのです。もし気になった方は、観光地などのキーワードで、いくつか旅行ブログを検索し読んでみてもらえれば言わんとすることが少し分かってもらえるかもしれません。




なぜ多くの人が深夜特急に憧れたのか、なぜ興味を惹かれて次々と読み進めていけたのか、それはその本(旅)が著者の独自の視点と感性から記されているからではないでしょうか。もし日本人の平均的な視点と感性をもって書かれた旅行記があったとしたら、さぞつまらないものだろうと思います。そこにはささやかな共感はあるものの、驚きも感動も、賛同の感情も否定の感情もおきません。それを人が読みたがるような気はしません。



しかしそのようなものは本来存在しません。なぜなら人はみな小さくとも違いを持っており、全く同じ人というのは存在しないからです。


そうしたその人の趣味、知識、個性、哲学、人間性、そうしたものを強調して各所にちりばめたようなものが読みたい。同じ場所を同じように訪れた記事であっても、違う人間が読めばそこに新たなものを発見できるような気がするのです。たとえ小さな差異であっても、そうした言葉や感想は足もとにある石ころのように、素通りしようとする足にぶつかってきます。



もちろんわざわざ無理して自分の個性を出そうとする必要はありません。しかし今の時代、特にインターネット上には情報が溢れているために、違いの認識されない情報は埋もれ、表に出てくることがなくなってしまいます。なぜ情報を発信しようと思ったのか、理由はいろいろあると思いますが、その中には間違いなく知らない誰かにも読んでもらいたい、というものがあると思います。もしないのであれば、公開を制限する方法はありますし、そもそもブログなどの形態をとる必要がありません。


今はそうした前提に基づいて話しているのですが、そうなのであれば、ぜひ自分らしさをもっと見せてもらいたいなと思うわけです。


皆が皆同じだとは全く思っていません。例えそう見えたとしても、それでもそうは思いません。そうした違った何かを発信して、世の中の誰かに影響を与えてくれたら良いのになと思うのです。自分自身も、そうしたところから新たな視点、新たな思考法、あらたな感覚を学びたいと考えています。


海外の長期旅行自体が珍しくなくなってしまった今、そうした個性のあるブログがもっと増えてくれることを願っています。




繰り返しになりますが、例え異論があったとしても、あくまで私見の一つして、それなりの処置をとっていただけたら幸いです。




ちなみに私がどうしても気になってチェックしてしまう旅ブログがいくつかあります。ここではタイプの違うものを4つ紹介したいと思います。


旅行かばんに愛をつめて。
http://ryokoukaban08.blog75.fc2.com/


自由が旅する世界
http://thefreedomworld.blog21.fc2.com/


旅が仕事 世界一周 BLOG
http://www.worldwidehunters.com/


ゴルコ31
http://www.geocities.jp/duketojo/




先入観ができてしまうため、あえて紹介文は書かずにいたいと思います。気になったら目を通してみて、何かを感じるか試してもらえたらと思います。


 

世界一周ポルトガル旅行18
【向こうにアメリカ大陸があるんですね】
 

 

 

 

ランキングに参加中!
なになに?タイトルが恥ずかしくてこのサイトをブックマークにいれたくないと!それは大変だ!知名度をあげ市民権を得ねば!ということでクリックをお願いします!!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

・世界一周の費用はこちら!(ポルトガル編)
・世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)
・メールはこちらからお願いします!

バナー
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

バナー(大)↓

バナー(小)↓

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

275日目
     
宿泊地 : Couch Surfing① (リスボン / ポルトガル)
移動 : リスボン市内  

 

世界一周ポルトガル旅行9
【今日は天気が良かった】



Couch Surfing(カウチサーフィン)、その存在を知ったのはラオスだった。ルアンパバーン行きのスローボートで、一緒だったドイツ人に世界一周をしているという話をしたとき薦められたのがこのサイトだった。あまり興味を示さなかったこともあり、このときは詳しい説明も受けず、ただ「ホームステイのホストを見つけられるサイト」という認識を持つのみで終わった。後ほど検索してサイトを開いてみたものの、ホームステイは嫌いだし、気ままな旅に約束事は増やしたくないという気持ちも強く、面倒くさそうだから使わないなと思いそのままページを閉じた。



次にその名前を聞いたのはアフリカにいたときだった。Couch Surfingの経験者2人に出会った。一人はこれを利用し一度も宿に泊まらずヨーロッパを旅することができたとそれだけを自慢していた。無料。まだこのサイトの理念も何も知らなかったこのときには、正直なところこの言葉にかなり興味を惹かれた。

もう一人の旅行者はその金銭的メリットに触れつつも、このサイトが与えてくれた貴重な出会いについて熱く語ってくれた。現地の人間の温かさに触れられたこと、旅行者がなかなか知ることのできないような現地の事情についての生の声を聞けたこと、またはお互いの国の価値観をもっておこなった意見交換や議論の有益さなど、特に過ごした時間の貴重さ強く訴えてくれた。



この2人の話を続けて聞いて、これがどんなものなのかということがだいたい理解でした。しかし一人目の話を聞いて抱いたこれを利用してみようという意欲は、二人目の話を聞いて若干しぼんでしまった。というのも、「自分がどれだけ日本のことを知っているのか」自信が持てなかったから。個人としての単位だと気にならないが、日本人の自分というように少し枠を大きくした場合、相手を満足させられるほどの思想や情報を見せる自信がなかった。



Couch Surfingで旅行者を受け入れているホストの求めているものは、大きく二つに分かれると思う。一つはワイワイはしゃいで楽しみたい人たち、もう一つはお互いの持っている何か(情報、価値観、語学力など)を共有、交換したいと考えている人たち。自分は間違いなく前者には向かないし、興味があるのも後者なので、こちらのみで考えなければいけない。だから逃げ場はない。何も提供できなければタダで泊まりに来たということになってしまう。それはCouch Surfingの理念に反するものだと思うし、居心地も最高に悪い。


興味はあるのだけど・・・。すぐにはCouch Surfingの利用を決心できなかった。


世界一周ポルトガル旅行7
【カテドラル】


世界一周ポルトガル旅行8
【彫刻が細かい】



気が変わったのはアフリカの旅の終盤。再びヨーロッパに向かうことを決めたときだった。旅も長くなり、短期の旅行者が現地に入り込むのがどれだけ難しいかわかってきた。しかも次は西ヨーロッパ。概して先進国の人間は忙しく、そして冷たい。しかしせっかくその地を訪れるのであれば、少しでも深く踏み入ってみたい。相変わらず自信は持てないけど、真剣に聞いて真剣に考えて、真剣に話をするぞ、という覚悟は持てた。




そして今日から3日間、Couch Surfingで受け入れをOKしてくれたポルトガル人カップルのところで生活させてもらう。




ああ、緊張する・・・。

世界一周ポルトガル旅行13
【なかなかインターホンが押せない・・。考えすぎ?】
 

 

 

ランキングに参加中!
なになに?タイトルが恥ずかしくてこのサイトをブックマークにいれたくないと!それは大変だ!知名度をあげ市民権を得ねば!ということでクリックをお願いします!!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

・世界一周の費用はこちら!(ポルトガル編)
・世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)
・メールはこちらからお願いします!

バナー
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

バナー(大)↓

バナー(小)↓

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

274日目
     
宿泊地 : Lisbon Amazing Hostel② (リスボン / ポルトガル)
移動 : リスボン市内  

 
 

世界一周ポルトガル旅行2
【リスボン】



世界一周ポルトガル旅行5
【レトロな路面電車】



今リスボンで泊まっているホステルの従業員はポルトガル人ではない。2人いる女性の従業員はブラジル人とアンゴラ人。どちらもかつてポルトガルの植民地だった国だから、二人とも普通にポルトガル語が話せる。一人は祖国ではなくここに移住しようと考えていて、もう一人はここで働いて大学で学びなおすための資金を貯めたいと話していた。二人とも若くて陽気で、話していてとても楽しい。


昼間にも関わらず、一緒にワインを飲もうよとさそってくる。まだ仕事中じゃんと言うと、ちゃんと働けばいいんでしょ、だから問題ないよ、と答える。



一緒にワインを飲みながら、隣にいる二人の顔を眺めてこれまでに旅してきたアフリカのことやこれから向かう南米、そして今いるヨーロッパの関係について考えていた。そこにいるときはその場にあるものを見るので精一杯になってしまうことが多いけれど、後々、何でもどこかでつながっていくものなんだなと思った。もちろん、そのためには考えを深めることと知識を広めることは欠かせないのだけど。


世界一周ポルトガル旅行3
【散歩が楽しい街だった】



この世界一周の旅はかなりハイスピードで進んでいてじっくりスタイルの人に比べると見れるものも触れられるものも少なくなってしまうかもしれない。しかし、短期間で一気に見てまわるメリットもある。


それは比べ易いことと、つなげて考え易いこと。


一つ一つ深めていって、底に近い部分でつなげていくのもいいし、まずは一気に詰め込んで、それをごちゃまぜにして総合して考えるのもいいと思う。とにかくそうすることで持っているものの価値が大きくなってくる。せっかくいろいろなものを持っているのなら、この作業を怠るのはもったいない。


だんだんと、ここまでの旅で得てきたものが繋がってきているんじゃないかな、と思えた一日でした。

世界一周ポルトガル旅行6
【これもリスボン】

 

 

ランキングに参加中!
なになに?タイトルが恥ずかしくてこのサイトをブックマークにいれたくないと!それは大変だ!知名度をあげ市民権を得ねば!ということでクリックをお願いします!!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

・世界一周の費用はこちら!(ポルトガル編)
・世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)
・メールはこちらからお願いします!

バナー
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

バナー(大)↓

バナー(小)↓

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

273日目
     
宿泊地 : Lisbon Amazing Hostel① (リスボン / ポルトガル)
移動 : リスボン市内  

 

昨夜、スペインのバルセロナからポルトガルの首都リスボンに到着した。入国手続きを済ませた今の時刻は21時、今日はもう寝るだけでお終いだろう。



お終いか、そうか、お終いなのか・・・。



とりあえず、いま市内で最も安いと思われるホステルの場所は控えてある。これから空港を出てそこを目指せば、おそらく22時にはたどりつくことができるだろう。でもそれからどうする?着いたらもう寝るくらいしかすることがない。この宿のドミトリーは一泊12ユーロ。チェックイン・チェックアウトともに11時とされている。もしチェックインからチェックアウトまでフルで宿を利用した場合、1時間あたりの宿代は0.5ユーロ。なかなか粋な料金設定じゃないか。西ヨーロッパにしてこれはありがたい。しかも早朝に到着し、うまいことそのまま部屋に通してもらえれば数時間のおまけがついてくれるぞ!

しかしだ、もし今行ってしまったらどうなるんだ。チェックアウトに時間まで残り13時間、時間当たりの宿代はおよそ0.9ユーロまで上がってしまうではないか!許されん!断じて許されん!



例のごとく持ち歩いているサンドウィッチを2等分すれば、今夜の夕飯と明日の朝食は十分まかなえる。サンドウィッチは1枚あたり30円程度におさえているからとても経済的だ。これ以上ほかの食べ物を食べようのないこの環境で一晩過ごせば、宿代だけでなく食費までういてしまう可能性がある!




ははーん、これが一挙両得というやつか。なるほど、それではその四字熟語を体現してやろう。



ほどほどに人目がつき、なおかつ外気があまり入ってこない場所にあるベンチを探さねば。よし、ここでいいだろう。置き引き狙いと思しき荷物を持たない黒人が、入口を出たり入ったりしている。要注意だ。大きなバックパックをキーチェーンでベルトと結び、サブバッグは背負ったまま上にずらし枕にしよう。いいぞ、なかなかの寝床だ。完璧だ。これであとは朝を待つのみ。おやすみだ、皆の衆!

 

世界一周ポルトガル旅行1
【リスボンの空港。格安のClickairのフライトでしたが、バルセロナ・リスボンともにメインの空港だったので市街への移動も楽でした。】



と寝ようとしたのですが、寒くてほとんど眠れず、翌日は宿で夕方近くまで寝てしまいました。節約しようとしたのに、結果的に損をしてしまった気が・・・。食費を抑えすぎて体を壊すのと同じようなもんですね。いかんいかん。以後、気をつけよう。

 

 

ランキングに参加中!
なになに?タイトルが恥ずかしくてこのサイトをブックマークにいれたくないと!それは大変だ!知名度をあげ市民権を得ねば!ということでクリックをお願いします!!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

・世界一周の費用はこちら!(ポルトガル編)
・世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)
・メールはこちらからお願いします!

バナー
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

バナー(大)↓

バナー(小)↓

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

272日目
     
宿泊地 : ポルテラ空港 (リスボン / スペイン)
移動 : 19:45 バルセロナ  
      ↓  飛行機(50min)  
  20:35 リスボン

 

 

世界一周スペイン旅行3
【歩いていたら偶然見つけたダリの美術館】

 

 

世界一周スペイン旅行4
【数年前に上野で開かれた特別展は混みすぎていて入るのを断念したけど、ここはガラガラでした。】

 

 

世界一周スペイン旅行5
【中は写真もOK。この時計はよく出てくるね。】




昨日の夜、ホテルの外が妙にうるさかった。ひっきりなしに爆竹の音やおっさんの野太い歌声がする。なんだろうと思い外に出てみるとすぐにわかった。目に入ったのはバルセロナのユニホーム。そういえばこの日はチャンピオンズリーグの準決勝だった。どうやらバルセロナが終了間際のゴールで同点に追いつき、決勝進出を決めたらしい。それで興奮して、サポーターたちが大騒ぎしながら通りを歩いているのだということだった。


スポーツっていいよなぁ。自分でプレーするのも楽しいけど、見るのもおもしろい。昔は興味のあるものしか見る気になれなかったけど、最近はルールも知らないスポーツを見ていても楽しく感じる。なんでだろうなと思い少し考えてみた。人それぞれ楽しみ方は違うけれど、自分の場合は、全力を尽くしている姿と、爆発しそうなほど昂ぶった感情を見れるところ、この二つかなと思った。


どちらも刺激に溢れているし、爽快感がある。普段の生活の中ではそんな場面になかなか出会えないし、社会の中で生きていく以上、自分の欲求や感情は抑えなくてはいけないことも多い。誰もが鬱屈した思いを抱えながら日々の生活を送っているのだと思うけれど、そうした思いを一方的にスポーツ選手に託し感情移入することで、ストレスを発散できるような気がする。その姿は格好よくて、とても羨ましく感じる。

でもスポーツも芸術もそうだけど、羨ましいのはその人たちの能力じゃなくて、そうやって自分の持つ力を思いっきり出してしかもそれが評価されるという境遇、環境なんだろうなと思う。


いいなあと見てばかりではなくて、自分もこうして全力を尽くせる場所を、小さくてもいいから、少しでも多く持てるようになりたいなと思う。

 

 

世界一周スペイン旅行6
【バルセロナと言ったらサグラダファミリア!】

 

 

世界一周スペイン旅行7
【裏から】

 

 

世界一周スペイン旅行8
【初めて横から見たけど、こっちもすごい。】

 

 

世界一周スペイン旅行9
【まだ建設中】

 

 

世界一周スペイン旅行10
【というか完成させる気なくない?】

 

 

世界一周スペイン旅行11
【ラスボスの城みたい】

 

 

世界一周スペイン旅行12
【近くで見つけたラスボス】

 

 

 

ランキングに参加中!
なになに?タイトルが恥ずかしくてこのサイトをブックマークにいれたくないと!それは大変だ!知名度をあげ市民権を得ねば!ということでクリックをお願いします!!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

・世界一周の費用はこちら!(スペイン編)
・世界一周の写真はこちら!(ヨーロッパ編)
・メールはこちらからお願いします!

バナー
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

バナー(大)↓

バナー(小)↓

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

リスボン 1 / Lisbon 1 リスボン 2 / Lisbon 2 シントラ,ロカ岬 / Sintra, Cabo da Roca

 

No.1 

世界一周・リスボン観光_1.jpg
■バルセロナからリスボンにやってきた。時間が遅いので今夜は空港泊。けっこう寒かった。

 

No.2 

世界一周・リスボン観光_2.jpg
■早朝に予約していたホステルへ移動。チェックインさせてくれるといいけど。

 

No.3 

世界一周・リスボン観光_3.jpg
■場所がわかりづらくなかなか見つけられなかったなぁ。

 

No.4 

世界一周・リスボン観光_4.jpg
■スーパーで買い物。さすがフィーゴ。今でもスターなのかな。

 

No.5 

世界一周・リスボン観光_5.jpg
■ホテルの従業員の女の子はブラジル人とアンゴラ人だった。どちらもポルトガルの旧植民地。

 

No.6 

世界一周・リスボン観光_6.jpg
■チェックイン時間前だったけど部屋に通してくれた!空港ではろくに寝れなかったから一眠り。さて、外を歩いて来るかな。ちょっと天気が心配な空模様。

 

No.7 

世界一周・リスボン観光_7.jpg
■道路も建物もなかなかきれいだ。

 

No.8 

世界一周・リスボン観光_8.jpg
■いいねえ、こういう坂道。

 

No.9 

世界一周・リスボン観光_9.jpg
■石畳の敷かれた街に住んでみたい。

 

No.10 

世界一周・リスボン観光_10.jpg
■トラムの路線かな。歩くと大変だ。

 

No.11 

世界一周・リスボン観光_11.jpg
■こんな道だと車は路駐するしかないよな・・。

 

No.12 

世界一周・リスボン観光_12.jpg
■バーかな?

 

No.13 

世界一周・リスボン観光_13.jpg
■繁華街へ。この辺りはレストランが多かった。

 

No.14 

世界一周・リスボン観光_14.jpg

■中心の広場

 

No.15 

世界一周・リスボン観光_15.jpg
■もう少し天気がよければ良かったのに。

 

No.16 

世界一周・リスボン観光_16.jpg
■街中にあるこういう広場って好きだな。クラクフの広場も好きだった。

 

No.17 

世界一周・リスボン観光_17.jpg
■いいねえ。鳩さえいなければもっと良いのだけど。

 

No.18 

世界一周・リスボン観光_18.jpg
■ヨーロッパの国々をまわっていると、東アジア、東南アジアは個性のある国が多いことに気付かされる。

 

No.19 

世界一周・リスボン観光_19.jpg
■大きい

 

No.20 

世界一周・リスボン観光_20.jpg
■空が暗いから水が冷たく見えてしまう。寒くなってきた!

 

No.21 

世界一周・リスボン観光_21.jpg
■そうそう、そうやって追い払ってちょうだい。鳩きらいなの。

 

No.22 

世界一周・リスボン観光_22
■この藤色の花をつけた木は街中でよく目にした。

 

No.23 

世界一周・リスボン観光_23.jpg
■こういう小路を見ると奥まで入っていきたくなるよね。

 

No.24 

世界一周・リスボン観光_24.jpg
■いつも思うけど、こういう花屋の花は誰がどんな目的で買っていくんだろう。友人宅へ向かっている途中、ちょっとしたプレゼントにって感じだったら良いな。

 

No.25 

世界一周・リスボン観光_25.jpg
■真っ直ぐ。壮観だ。

 

No.26 

世界一周・リスボン観光_26.jpg
■こういうのも悪くない。

 

No.27 

世界一周・リスボン観光_27.jpg
■こういうの使っているところを見てみたいんだよねぇ。

 

No.28 

世界一周・リスボン観光_28.jpg
■さっきの木。CouchSurfingのホストに聞いたところによると、ポルトガルは大航海時代に世界中の植物を持ち帰ってきたから、様々な木や花を見ることができるらしい。これもその頃に持ち込んだ植物だとのこと。ふーん。

 

No.29 

世界一周・リスボン観光_29.jpg
■公園で犬に水を飲ませる人がいるよね。水出してぺろぺろと。あれは逮捕でいいと思ってる。

 

No.30 

世界一周・リスボン観光_30.jpg
■なにやら大きな建物が。

 

No.31 

世界一周・リスボン観光_31.jpg
■観光客は多かったけど、あまり興味は惹かれなかった。

 

No.32 

世界一周・リスボン観光_32.jpg
■雲行きがあやしい・・。

 

No.33 

世界一周・リスボン観光_33.jpg
■そう言えばあまり土を見ないな。日本は街路樹が多いのかな。

 

No.34 

世界一周・リスボン観光_34.jpg

■この景色は良いな。

 

No.35 

世界一周・リスボン観光_35.jpg
■趣があって良いよね。

 

No.36 

世界一周・リスボン観光_36.jpg
■信号

 

No.37 

世界一周・リスボン観光_37.jpg
■ポルトガル語はどうか知らないけど、スペイン語だとJorgeはホルヘと読む。英語圏のジョージとスペイン語圏のホルヘは同じ名前みたいよ。あとはセルジオとセルヒオとか、エンジェルとアンヘルとか。

 

No.38 

世界一周・リスボン観光_38.jpg
■冷たいよ・・寒いよ・・・サンダルがつるつるしてすぐに脱げてしまう。よりによって街の端まできたときに降りだしてしまうとは。しばし雨宿り。

 

No.39 

世界一周・リスボン観光_39.jpg
■かっこいい。

 

No.40 

世界一周・リスボン観光_40.jpg
■ポスト好きにはたまらないポストを発見!なぜ2色??

 

No.41 

世界一周・リスボン観光_41.jpg
■これは海外?

 

No.42 

世界一周・リスボン観光_42.jpg
■こっちは国内か。日本みたいな島国だと海外は遠いものに感じるからこういうのは新鮮に映るね。

 

No.43 

世界一周・リスボン観光_43.jpg
■もう待ちきれん!歩いてしまえ。

 

No.44 

世界一周・リスボン観光_44.jpg

■冷たかったなあ。サンダルが何度脱げたことか・・・。

 

No.45 

世界一周・リスボン観光_45.jpg
■海外の果物屋は妙にカラフルに見える。置いてあるものはそんなに変わらないと思うのだけど。

 

No46 

世界一周・リスボン観光_46.jpg
■いいな、こういう陸橋。

 

No.47 

世界一周・リスボン観光_47.jpg
■なんかヒンヤリしていそうな部屋だな・・。

 

No.48 

世界一周・リスボン観光_48.jpg
■頑張ってホテルまで帰るんだ!

 

No.49 

世界一周・リスボン観光_49.jpg
■方向音痴って本当に大変。その分いろんな場所を楽しめたけど疲れたよ。

 

No.50 

世界一周・リスボン観光_50.jpg
■帰る頃には晴れてきた。明日は明るいリスボンが見たい!

 

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析