世界一周!で漏らしてみるでタグ「北アフリカ」が付けられているもの

265日目
     
宿泊地 : HOTEL BAB SAHARA①(ワルザザード/モロッコ)
移動 : なし
 

 

 

ワルザザードからカサブランカを経由し、地中海沿いの町タンジェにやってきた。タンジェからスペインのアルヘシラスまではフェリーとバスでたったの1時間半。もうすぐヨーロッパだ。

 

 

世界一周モロッコ旅行24
【港町タンジェ】



タンジェに着いてすぐこの街が気に入った。地中海沿いのこの町の気候は穏やかで過ごしやすい。そうした暖かさが人々の心にも影響を与えるのか、人も陽気で余裕があるように感じられる。女性は他の地方で見られるのと同じ様に頭からスカーフと布をかぶったスタイルの服装をしているものの、その布のデザインがかなり派手なのには驚かされる。花柄やヒョウ柄の布を全身にまとっているのだから、普通の洋服と比べても断然派手で目立つ。ヨーロッパとの架け橋にあたるという立地が、女性のこうした華やかさに関係しているのかもしれない。ここでは文化の流れを肌で感じることができる。

 

 

世界一周モロッコ旅行25
【派手すぎじゃない?】



メディナでもメインの通りから外れれば観光客はほとんど見かけず、ここで暮らす人々にまぎれてその生活の中を歩くことができる。また露店や食堂の多くも現地の人向けのため、物価も安く、彼らに近い視線で物事を見て考えることができる気がする。



モロッコに入ってから昨日までずっと、旅の感覚が戻らなくて苦労していたけれど、その日々が嘘のように今日は刺激と喜びを大いに感じることができている。きっとそれは、ここに流れがあったからだと思う。ツーリスティックな作り物は決して持つことのできない深みのある流れ。地理的な要因が生む、人と文化の流れ。人々の生活に見える、生や熱の流れ。見て楽しい、感じて楽しい、考えて楽しい、そういう自然な体温のある流れ。


ヨーロッパに再上陸する前に、旅の喜びをまた一つ認識できてよかった。感受性をまだ持ちえている自分を確認できてよかった。

 

 

世界一周モロッコ旅行26
【タンジェのメディナには要塞も】

 

 

ランキングに参加中!
なになに?タイトルが恥ずかしくてこのサイトをブックマークにいれたくないと!それは大変だ!知名度をあげ市民権を得ねば!ということでクリックをお願いします!!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モロッコ編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

263日目
     
宿泊地 : HOTEL BAB SAHARA②(ワルザザード/モロッコ)
移動 : ワルザザード
 
    ⇔  バス片道(0.5h)  
  アインドベンハッドゥ  

 

 

オアシスっていいね。一面砂漠の中に、ぽつんとある緑。ただの木、ただの草、ただの水がなんとも尊く感じられる。希少なものはやはり高価値になる。そのわかりやすさがいい。

人間だってそうでしょう。人に迷惑をかけない限りではあるけれど、珍しい存在であることは貴重であることとイコールじゃないかな。もっと変わった人をいっぱい見たい。そんな人と話をしてみたい。そして自分もそうでありたい。


世界一周モロッコ旅行20
【アイト・ベン・ハッドゥ】


世界一周モロッコ旅行21
【川をわたっていく】


世界一周モロッコ旅行22
【この一帯の外は砂ばかり】



我が道を行ってるね、と言われることがよくあるけど、どんな道を選んでいるにしろ誰しもが我が道を行っているわけだよね。それを自覚しないといけない。自分で決めればもちろんのこと、他人に流されて進んでいったとしても、それは我が道を行っているということになるはずでしょう。我が道はそれでいいのかな?人に与えられたものだと、周りに強制されたものだと、気付いたら迷い込んでいたものだと、そう自覚した上でもその道を歩けるかな?似た人、似た生き方、似た苦悩が溢れている日本を見ていると、道の良し悪し以前にその自覚が足りていないような気がしてくる。

我が道を行っていないと、堂々と口にするのはひどく無責任であるとさえ思う。



 

 

ランキングに参加中!
アマゾンでしこたま蚊に刺されてきました。これがなかなか痒みがひかずに不快だわ。ちょっと掻いてあげようかしらと思った人!左のボタンクリックして気持ちを見せてちょうだい!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モロッコ編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

262日目
     
宿泊地 : HOTEL BAB SAHARA①(ワルザザード/モロッコ)
移動 : 7:30 マラケシュ  
      ↓  バス(4.5h)  
  12:00 ワルザザード  

 

 

少し違った文化圏へ行ってみようと思い、マラケシュの次は砂漠の街ワルザザードへ向かうことにした。

 

世界一周モロッコ旅行18
【アトラス山脈を越えワルザザードへ】

 

世界一周モロッコ旅行19
【サボテンが積んであった】




少しずつよくなっているような気もするけど、まだ今ひとつ調子が出ない。アフリカの旅を終えてからずっとこんな調子。以前は新しい街に来るたびに刺激がいっぱいで楽しくて仕方がなかったのだけど、今は無意識でそこまで楽しむことができない。


街なかを歩いていても、人も景色を全てが自分を素通りしていくように感じる。何もひっかかってこない。素通りしているのは間違いなく自分なのだけど、どうしたらいいものか分からない。意識の持ちようで、人はどこにいて何をしたって楽しめる、なんてことはないことがよくわかる。




思うに、きっと今は自分の形が曖昧になっているのだと思う。旅の目的や喜びだったり、自分の趣味や嗜好、そういうものが漠然としてきてしまっているのかもしれない。場所によっては治安も悪く、移動も過酷、また情報も少ない、アフリカは常に集中して旅をしなければならなかった。だからちょっとしたことでもすぐに自分のセンサーにひっかかってきた(もちろん未知の大陸であったことも大きいけれど)。


モロッコは平和で旅行もしやすく、別に何も考えずなんとなく行動していても簡単に旅ができてしまう。旅や物事の受容が効率的に上手にできるようになっているわけで、何も得ていないわけではないとは思う。けれど、それでも物足りなさや時間や機会を無駄にしているのではないかという妙な罪悪感が消えない。




旅に限った話ではなく、こうしたマンネリを打開していく方法を身につけることは重要かもしれないな。そういえば、以前読んだビジネス書にこんなことが書いてあった。


状況を変えるには、次の3つのことをかえるしかない。

・付き合う人間をかえる
・時間の使い方をかえる
・住む場所をかえる



とりあえず今できるのは場所をかえることだけかな。ちょっと急いで移動して、いろんなところへ行ってみようか。モロッコにいるうちになんとか立て直さないと。

 

 

ランキングに参加中!
アマゾンでしこたま蚊に刺されてきました。これがなかなか痒みがひかずに不快だわ。ちょっと掻いてあげようかしらと思った人!左のボタンクリックして気持ちを見せてちょうだい!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モロッコ編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

261日目
     
宿泊地 : Hotel Sindi Sud②(マラケシュ/モロッコ)
移動 :  なし
 

 

マラケシュ、きれいで独特の雰囲気のあるおもしろい街なのかもしれないけど、今の気分では楽しめる気がしない。とりあえず予定を繰り上げて2泊で移動することにしたものの、昨日人ごみの中をじゅうぶんに歩いたためにもうすでに食傷気味。さて今日はどうしましょう。



ガイドブック(モロッコは楽しみにしていた国だったので出発時からずっとガイドブックを持ち歩いていた)の地図を見ていると、メディナの北のほうにはお店やホテルなどがなさそうだということがわかった。しかし建物はある。ということはこれらの建物は民家かな?そこまでいったらもう少し生のモロッコらしい雰囲気を感じられるかもしれないなと思い、とりあえず中心を外れて歩いていくことにした。

 

世界一周モロッコ旅行8
【民家が並んで立つ】


世界一周モロッコ旅行9
【入口ちっちゃいね】


世界一周モロッコ旅行10
【遊ぶ子供たち】


世界一周モロッコ旅行11
【選挙のポスターを貼る壁】



アフリカではこういう気ままな散歩ができなかったため、なんだかとても懐かしい感じがする。まだアフリカ縦断中に維持していた警戒心の強さが残っていて、人や街との距離を少し遠めにとってしまっていたけど、今日ゆっくりと歩いてそこに住む人たちの温かさに触れられたことで、その距離感を少し修正できたような気がした。ちょっとずつリハビリしていこう。



そうそう、帰りに歩いていると妙な臭いがしてきた。ツーンとけっこうな刺激がある。もしやこれが噂の皮なめし場か!臭いの元をたどり、塀で囲まれたその強烈な臭いを入口からのぞいてみる。

 

世界一周モロッコ旅行12
【くっさー】



あまりの臭いに顔をゆがむ。皮ってこうして加工されていくんだね、すごいなーと感激しながら見ていると、後ろからやってきた男に声をかけられた。ガイドどうだい?ということだった。もちろん有料だったけれど、この臭いが一体何なのか、どのようにして皮が処理されていくのか興味があったために頼むことにした。



男は言った。写真もOKだ、さあ、こっちに来い。


ほほう、あんたジャパニーズのことをよくわかっているじゃないの。ではお望み通り写真を撮りまくってやろう!!


続けて男は言った。まずここに立つんだ。そして向こうを見てみろ。そうだ、いいぞ。よし、そしたら次は手をかしてみろ。そうそう、こうやって握った手を上にあげて・・・


世界一周モロッコ旅行13
【って、あなたと記念撮影ですか!もういいから早く中を案内してくれ!】



けっこうガイドは適当だったけど、なんとなく皮なめしについて知ることができてよかった。臭い元は、皮を柔らかくするために使っているハトの糞だった。それを溶かした水に皮を浸して製品にできるくらい柔らかくなるまでその作業を繰り返していくみたい。残念ながらここの皮なめし場ではほとんど見ることができなかったけど、この水槽では染める作業も行われるため、カラフルな水槽が並ぶ光景を見れる場所もあるらしい。

 

世界一周モロッコ旅行14
【皮なめし 水槽が並ぶ】


世界一周モロッコ旅行15
【ものすごく過酷な労働だと思う。】


世界一周モロッコ旅行16
【普通に息できないくらい臭う。感謝して革製品を使わねばと思った。】


世界一周モロッコ旅行17
【お土産物屋で売られている皮のスリッパ。本当にご苦労様です。】

 

 

ランキングに参加中!
アマゾンでしこたま蚊に刺されてきました。これがなかなか痒みがひかずに不快だわ。ちょっと掻いてあげようかしらと思った人!左のボタンクリックして気持ちを見せてちょうだい!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モロッコ編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

260日目
     
宿泊地 : Hotel Sindi Sud①(マラケシュ/モロッコ)
移動 :  8:30 カサブランカ  
      ↓  バス(3.5h)  
  12:00 マラケシュ  

 


モロッコに来る前から、旅先で会った人たちから「マラケシュのメディナはたまらなく楽しいよ。」と聞かされていた。アフリカ縦断を終えモロッコに来たものの一向に気分がのってこないことに危機感を持った俺は、救いを求めるようにマラケシュへと向かった。



年中お祭り騒ぎが行われているというフナ広場、暗くなり始める頃には、この広大な敷地に溢れんばかりの屋台と人が現れる。少し離れてみていると、食べ物の屋台からあがる湯気や煙が、まるで人々の熱気のように見えてくる。それが光と入り混じり、広場が何か幻想的なオーラで包まれているようにのように思えてくる。ぼんやりとその中に映る人々は、観光客であっても現実のものとは思えない。淡い光の中に映る映像は、遠い時代の遠い出来事にように思えてくる。


誘われるように、その中へ入っていた。

世界一周モロッコ旅行5
【フナ広場に並ぶ屋台】


世界一周モロッコ旅行6
【羊の脳みそやエスカルゴ料理の屋台も】




が、なんかうんざりしてしまった。
なんなんだろう。ものすごく疲れるんだけど。だめだ、これ。逃れるように足早にその熱気から退散した。



昼間からうすうす感じていたことではあるのだけど、ここの広場周辺の雰囲気はツーリスティックすぎる。遠くで見ている分にはなんとなく雰囲気を楽しめるものの、実際に観察できる距離まで近づいてみるとまるで楽しめなくなる。高度に観光化されたそれらの人や屋台は、一見、異国情緒たっぷりで旅の気分を盛り上げてくれるもののように思える。しかしこの完成度があまりにも高すぎる。生活文化の具現としてではなく、観光業としての完成度が高すぎる。スタイルはなるほどモロッコらしい。しかしこの目的が生活ではなく観光にあるのがあまりにも明白で、そのスタイルと目的の間にある隙間に、一種のいやらしさを感じてしまう。


ここには外国人だけでなく客としての現地人も多くいる。今はこれこそが生活なのだと、素直にそう捉えるべきなのかもしれない。けれども、どうしてもこの胡散臭さや贋物臭さが引っかかってしまう。中国の麗江で受けた印象ととても近い。



あるスタイルを真似て表面を綺麗につくろい、そのスタイルが本来持つべきはずの能力、アイデンティティーをごまかしているものを見ていると、なんだか滑稽で切ない気分になってこないだろうか。



留学先で座学を軽んじ、得意気にスラングばかりを使う学生がそうである。
歌を歌ったりドラマに出たりするアイドルなんかがそうである。
勢いと勘違いで政治家になってしまう有名人がそうである。
中国のメーカーがそうである。
欧米人のボランティアがそうである。
日本の国際貢献がそうである。

そして多くの人のなんとなくの人生がそうである。


中身のないものは、または表面と中身の本質に統一性のないものは、どんなに見た目が美しくとも味わいがない。


世界一周モロッコ旅行7
【スーク】 

 

 

ランキングに参加中!
アマゾンでしこたま蚊に刺されてきました。これがなかなか痒みがひかずに不快だわ。ちょっと掻いてあげようかしらと思った人!左のボタンクリックして気持ちを見せてちょうだい!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モロッコ編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

259日目
     
宿泊地 : Hotel Mon Reve②(カサブランカ / モロッコ)
移動 : なし
 

 

 

マラリアの症状か治療薬の副作用かわからないが、すこぶる体調が悪い。相変わらず気分ものらない。旅行中にも関わらず、外を歩くのが面倒くさいと思ってしまった。このだるさや具合の悪さが今後も続かなければいいのだけど。


一日休んでいようかとも考えたが、昼前から予定通りカサブランカ市内をまわることにした。元気ややる気がでてきたのではなく、理由はその逆。停滞するとそこから動けなくなってしまいそうなほどだるく感じたから。こうして一歩前に出てしまえば、自然と次の一歩が出てくるようになるような気がした。世界一周はまだ終わりではない。目的がある以上、まだ止まってしまうわけにはいかない。休憩という名目で立ち止まるのにも気が引けた。一時的にしろ時間を浪費してしまうのは、今はよくともこの旅の後に大きな反省と後悔を生んでしまう気がする。とりあえず足を前にださねばと思った。


 

世界一周モロッコ旅行3
【カサブランカのメディナ】



大学時代から、調子の波が落ちたときには必ず自分に言い聞かせる言葉がある。
それは、

「動きたくないほど動け!」

というもの。


停滞は、良くて現状維持、通常は下降、逓減を意味するものだと思っている。調子の波は誰にでもあるものだが、何も意識しない場合、トータルでは間違いなくマイナスに落ち込むものだと考えている。調子に変化を与えるのは行動なのにも関わらず、通常ひとは調子を落としたときほど動きたがらない。そうするとその状態が続いてしまう。良いときは誰に何を言われようが勝手に動くもので、たいていは次の壁にぶつかるまで進み続ける。そうすれば調子は自然と変わっていく。


良い状態を長く保つことができれば、そのときの意欲と推進力によって人はより大きく成長できると思う。可能性が広がると思う。ではどうしたらいいのか考えたのだが、きっと良いときに何かをするのではなく、悪いときにそれをどれだけ短く抑えられるかが肝なのだろうという結論に至った。

簡単に言えば、「嫌なことは早く片付けろ」とか、「愚痴ってばかりいる暇があるなら何かしてみろ」ってこと。それが自然にできていたのであればこんなこと考えもしなかっただろうが、自分はこれがうまくできていない人間だということに気がついた。だからこそ考えて、行動することを強く意識するようになった。




ということで、意を決して外に出たわけだった。



新市街のビル群を見て歩いた。歴史と生活観を醸し出すメディナを練り歩いた。港町の雰囲気を感じに海岸にも足をのばした。イスラムの精神に触れようと、ハッサンⅡ世モスクを訪ねた。精密で美しい幾何学模様のような装飾に目を奪われながら、巨大建築物の中を歩いた。そこで現地の女子学生に声をかけられた。みんなきれいだった。座り込んだ。話し込んだ。写真を撮った。いやーやっぱきれいだわと感心した。また座り込んだ。そして話した。スペイン語じゃなくてフランス語やろうかなぁと思った。都会の子はどこの国でも化粧をしっかりしてるもんだなと思った。若い子はやっぱり肌がきれいだね、張りが違うね、張りが、と思った。なんかもう楽しくてどうでもよくなってきた。それにしてもきれいだわとなんかそんなことばかり考えるようになった。ご機嫌で宿に帰った。


撮った写真を見てみたら、絵に描いたように鼻の下が伸びていた。



世界一周モロッコ旅行
【問題の鼻の下。マラリアの具合の悪さはいずこへ。】




とまあ、調子のよくないときでも動いていると何か起きるし、気分も変わってくるもんだねというお話。

 

世界一周モロッコ旅行4
【ハッサンⅡ世モスク ものすごく大きいのがわかります?】

 

 

ランキングに参加中!
アマゾンでしこたま蚊に刺されてきました。これがなかなか痒みがひかずに不快だわ。ちょっと掻いてあげようかしらと思った人!左のボタンクリックして気持ちを見せてちょうだい!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モロッコ編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

258日目
     
宿泊地 : Hotel Mon Reve①(カサブランカ / モロッコ)
移動 : 10:25 ヨハネスブルグ  
      ↓    飛行機  
  19:50着,翌日1:45発 ドーハ  
   ※時差+1   ↓    飛行機  
  6:15着,7:15発 トリポリ  
  ※時差-1   ↓    飛行機(計17.2h)  
  8:30着 カサブランカ  
  ※時差-2   ⇔    列車(往復2h)  
    ラバト  

 

モロッコはアフリカ大陸の北端、スペインのすぐ南に位置するアラブの国。地域のカテゴリーはアフリカ。そう、これまでと同じアフリカなのだけど、自分の中でのアフリカの旅は昨日で完全に終わってしまっている。


新たな生活圏を見に行こうじゃないか!と無理に興味をかき立てようとするのものの、アラブは中東で十分に味わってきてしまったし、北アフリカの国もチュニジア、エジプトに続いての3カ国目になってしまうためにどうも新鮮さを感じることができない。連続して訪れることができれば、それらの小さな差をその国のアイデンティティーのように捉えながら旅することもできるし、逆にもっと時間をおけば、薄れてしまった記憶と感覚のおかげで何も考えずともそこでの時間を楽しめるような気がする。



ヨハネスブルグからどこへ飛ぼうかと考えていたとき、モロッコには寄らず西ヨーロッパに飛び、そのまま南米へとわたってしまおうと考えていたのはこのことを危惧していたからだった。その嫌な予想が見事に当たってしまったのを、初日にして感じてしまった。

 

 

世界一周モロッコ旅行1
【きれいな列車に乗ってカサブランカからラバトへ】



この世界一周の旅で、これまでに訪れた国数は53ヵ国。その中で単純に楽しかった国というものでランキングを作ると、1位から3位までをチュニジア、イエメン、シリアと、アラブの国が独占する。それほどアラブが好きなのにも関わらず、それにも関わらずモロッコを楽しめる気がしない。それは決してそれはモロッコ自体に原因があるわけではない。ただモロッコがそこにあったことが問題だった。満身創痍でアフリカを抜けてきた後ということも大きいと思う。



アフリカ17ヵ国目にして最後の国であるモロッコの旅、これはなかなか難しくなりそうだ。暖かな気候と温かなアラブ人に囲まれ、車窓の外を眺めながらゆったりと列車に乗っている。この気持ちの余裕が旅の障害になりそうな、なんとも嫌な予感がする。

 

 

世界一周モロッコ旅行2
【ラバトで見つけた空手少女】

 

 

世界一周モロッコ旅行
【約2ヶ月ぶりに手にしたラップトップ!隣のホテルから無線LANを拾える安宿で、夜な夜な各種設定に精を出しました】

 

 

ランキングに参加中!
アマゾンでしこたま蚊に刺されてきました。これがなかなか痒みがひかずに不快だわ。ちょっと掻いてあげようかしらと思った人!左のボタンクリックして気持ちを見せてちょうだい!!
← クリックは
一日一回が限界だよ!! (;´Д`)ハァハァ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

-------------------------------------------------------------------------------------

世界一周の費用はこちら!(モロッコ編)
世界一周の写真はこちら!(アフリカ編)

バナー
 
リンクフリーですので、下からコピーしてブログやHPにぺたっとやっちゃってください。

-----------------------------------------------------------------------------------

What's New

 10/13  - 【写真】ベルギー編ルーヴェン45枚を追加!
 10/13  - 【写真】スウェーデン編マルメ60枚を追加!
 02/22  - 【写真】アイスランド編 550枚を公開!
 01/19  - 【写真】デンマーク編 110枚を公開!
 11/16  - 【写真】ノルウェー編 90枚を公開!
 11/10  - 【写真】アイルランド編 100枚を公開!
 09/01  - 【写真】北アイルランド編 145枚を公開!
 08/18  - 【写真】スウェーデン編 120枚を公開!
 01/14  - 【写真】リヒテンシュタイン編 60枚を公開!
 01/14  - 【写真】スイス編 695枚を公開!
 12/02  - 【写真ページ】北中米編が完成!
 06/03  - 【写真】キューバ編 435枚を公開!
 03/03  - 【写真ページ】南米編が完成!
02.gif 過去の更新情報一覧
   

アクセスカウンター(PV)

 

Social Network

    このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

最近のブログ記事

【世界一周後の写真】スウェーデン編 マルメ 60枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】ベルギー編 ルーヴェン 45枚の写真を追加しました!
【世界一周後の写真】アイスランド編 550枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】デンマーク編 110枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】ノルウェー編 90枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】アイルランド編 100枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】北アイルランド編 145枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スウェーデン編 120枚の写真を公開しました!
治安の悪い街で気を抜くとこうなる!事件発生の前日!@ナイロビ(ケニア)
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その2「モデルルート」 -
忙しい社会人のためのアイスランド旅行(8日間) - その1「基本情報」 -
世界一周中に買い集めたポストカード
サファリ3日目!インパラのハーレムを見た!@ナイロビ(ケニア)
【世界一周後の旅行の写真】ヨーロッパ リヒテンシュタイン編 60枚の写真を公開しました!
【世界一周後の旅行の写真】スイス編 695枚の写真を公開しました!
   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 無料アクセス解析